アップル、iPhone X を発表

Apple Unveils iPhone X

Apple unveiled the ten-year-anniversary edition of its smartphone, alongside an iPhone 8 and 8 Plus. The iPhone X - referred to as “ten” - adopts a facial recognition system with an edge-to-edge display that has no home button.

■チェック

・unveil  ~を発表する
・alongside  ~並んで
・refer to ~ as …  ~ を…と呼ぶ
・adopt a facial recognition system
顔認証システムを採用する
・edge-to-edge display  全面ディスプレイ


■対訳

「アップル、iPhone X を発表」

アップルは火曜日、iPhone 8 および 8 Plus と並んで、同社スマートフォン発売10周年記念モデルの iPhone X を発表した。iPhone X ( “テン” と読む)は、ホームボタンがない全面ディスプレイで、顔認識システムが採用されている。

■訳出のポイント

unveil は、英字新聞では、

新製品などを 「公表する」 「発表する」

の意味で頻出の動詞。

しっかり再確認しておいてください。

anniversary は 「_周年(記念)」

の意味でよく知られる語ですね。

ten-year-anniversary edition で

「10周年記念版」 「10周年記念モデル」

ということです。

alongside は

「~と並んで」 「~と並行して」

という前置詞。

ここから、

「~と一緒に」 「~と同時に」

という意味合いでもしばしば使われる語となっています。

refer to ~ as … は

「~を…と言う」「~を…と呼ぶ」。

そこで、第2文の iPhone X の後に挿入されている

referred to as “ten”

の部分は

「”テン” と呼ばれる (X は)」→「(X は)”テン” と読む」

の意味になっています。

edge-to-edge は直訳すると 「端から端までの」。

つまり、「端から端まで全てが」 → 「全面の」 の意です。

an edge-to-edge display で

「全面ディスプレイ」

というわけです。

年に一度行われる米 Apple の秋の製品発表イベント。

今年は、予想通りの新しい iPhone 8 シリーズに加えて、iPhone X が10周年記念モデルとして登場しました。

iPhone X は、ステンレススチールのフレームに前面も背面もガラス製。

前面は全体が Super Retina OLED ディスプレイで、ホームボタンがなくなったことが大きな特徴となっています。

そして、ホームボタンとともに 指紋認証の Touch ID もなくなり、Face ID での顔認証になりました。

また、iPhone 8 シリーズ、X ともにワイヤレス充電をサポートしています。

iPhone X は日本では10月27日に予約開始、11月3日発売の予定。

64GB が 11万2800円、256GB が 12万9800円(ともに税抜)と、価格の方も超高スペックですね。


■編集後記

スティーブ・ジョブズが亡くなってからもiphoneは6、7、そしてXと新しいモデルを発表し続けていますが、もしジョブズが生きていたら、どんな形、機能になっているのだろうか?と時々考えることがあります。日本ではiPhoneのシェアが7割くらいだそうですが世界では逆転して2割くらいしかありません。7割がアンドロイドでその他が1割です。

(裏)台風が近づいています。3連休はどうなるのでしょうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク