2009年11月 一覧

タイガー・ウッズが自動車事故で軽傷

Tiger Woods Gets Minor Injuries in Car Accident

World number one golfer Tiger Woods was released from hospital after receiving treatment following a car accident near his residence in Florida early Friday.

■チェック!

・minor car accident  軽い自動車事故
・(be) released from hospital  退院する
・treatment  治療
・residence  住居、家

■対訳

「タイガー・ウッズが自動車事故で軽傷」

世界ランキング1位のゴルフ選手タイガー・ウッズが金曜日未明にフロリダ州の自宅付近で自動車事故を起こし、病院で手当てを受けた後で退院した。

■訳出のポイント

minor は major と対になる単語で、「小さい」 「少ない」「大したことのない」 という意味の名詞です。

病気やけが、あるいは危険などの程度が 「大したことのない」 →「深刻でない」 「命にかかわらない」 という意味でもしばしば使われ、minor injury で 「小さなけが」 → 「軽傷」 ということです。

release は、先日も人質を 「解放する」 の意味で登場しましたが、「自由にする」 「解放する」 という動詞。

そこから be released from hospital は 「病院から解放される」 →「退院する」 という表現になります。

treatment は 「処理」 「扱い」 「処置」 「待遇」 といった意味の名詞。

medical treatment で 「医学的処置」 → 「治療」 「手当て」 の意味になり、単に treatment でも同じ意味で使われます。

したがって after receiving treatment は「治療(手当て)を受けた後で」 ということです。

residence は 「住宅」 「家」 という意味の名詞で、基本的には house や home と同じ意味で使われるのですが、より重々しく形式ばった語となっています。

場合によっては相手に対して敬語的に用いたり、「邸宅」 「屋敷」といった規模の大きい立派な家というニュアンスで使ったりすることもあります。

今日の記事の場合はタイガー・ウッズの mansion 「大邸宅」 を指していますから、後者の意味合いだと考えましょう。

ちなみに、日本語の 「マンション」 は和製英語で、英語で mansion というと、部屋が10も20もあるような 「大邸宅」 「豪邸」 を指します。

「マンション」 にあたる単語は、condominium か apartment なので注意しましょう。

タイガー・ウッズの自動車事故ニュースですが、一時は “重症か?”と伝えられ容体が心配されました。

その後、顔面、唇などを切っただけの軽傷だと判明してほっとしたファンも多いことでしょう。

ただ、午前2時25分という時間に、自宅前の消火栓 fire hydrant と隣家の木に衝突する自損事故を起こしたという状況から、夫婦ゲンカが原因ではないか、などの憶測も飛び交っています。

報道によると、事故直後ウッズは車内で意識を失っていたため、音を聞いて自宅から飛び出した夫人がゴルフクラブで後部の窓を叩き割って車外に救出したそうです。

■編集後記

今日で11月も終わり、かと思ったら急激に気温が下がり、冬らしくなってきましたね。。
冬のにおいがします。
タイガーウッズの自動車事故のニュースを自宅リビングで聞いたときは、一瞬ギクリとしました。
まあ、顔に傷を負った程度で病院から自宅へ戻っていると聞き、ほっとしましたが。。
キャディラックのSUVのフロント右側部分が大破した写真が公開されてます。。
その車は、昨年の全米プロでタイガーが駐車場にキャディのスティーヴと乗り付けたシーンがライブで放映され、めちゃくちゃカッコイイ!!と思い、そのときのテレビ解説の人も、「これは映画の1シーンのようですね」と言ってたんですが、まさにその車ですね!!

(裏)円高の流れは止まりませんね。。
政府が為替介入するのか?


ブラジルミント茶が鎮痛に効果的

Brazilian Mint Tea is Effective for Pain Relief

A cup of Brazilian mint tea relieves pain as effectively as commercially available analgesics, British researchers reported.

■チェック!

・effective  効果的な
・pain relief  鎮痛
・commercially available  市販の
・analgesic  鎮痛剤

■対訳

「ブラジルミント茶が鎮痛に効果的」

1杯のブラジルミント茶は、市販の鎮痛剤と同じくらい痛みを軽減する効果がある、と英国の研究者らが報告した。

■訳出のポイント

effective は effect 「効果」 という名詞の形容詞形で、「効果的な」「効果のある」。

effective for ~ で 「~に(対して)効果的な」 という言い方になります。

relieve は困難・苦痛・心配・不安などを 「取り除く」 「和らげる」「軽減する」 という意味の動詞です。

そこで、relieve pain で 「痛みを取り除く」 「痛みを軽減する」となります。

また、タイトル中の relief はこの動詞 relieve の名詞形で「除去」 「軽減」 といった意味です。

したがって pain relief で 「痛みの軽減」 「痛みの緩和」 → 「鎮痛」ということです。

commercially は 「商業的に」という副詞で、available は 「利用できる」「入手できる」 という形容詞。

ここから、 commercially available は 「商業的に入手可能な」 →「市販されている」 という言い方になります。

実は、 available だけでも 「入手できる」 → 「市販の」 という意味で使われることもあるので注意しておきましょう。

analgesic は医学の専門用語で 「鎮痛剤」。

一般的には、 pain reliever(痛みを軽減するもの)や painkiller(痛みを殺すもの)が 「鎮痛剤」 の意味で使われます。

本文の主要部である A cup of Brazilian mint tea relieves pain as effectively as commercially available analgesics は直訳すると「1杯のブラジルミント茶は市販の鎮痛剤と同じくらい効果的に痛みを軽減する」。

対訳では 「1杯のブラジルミント茶は、市販の鎮痛剤と同じくらい痛みを軽減する効果がある」 としています。

このブラジルミントというハーブ、名前にはミントとありますが、味はどちらかというとセージに近いそうです。

■編集後記

古来から伝わる民間療法、伝統的な療法で用いられる植物が、西洋医学から生まれた薬と同じような働きをするというのは、ある意味驚きです。
このブラジルミント茶もブラジルの伝統療法として1000年以上の歴史があるそうです。
人間の知恵というのは凄いものです。
漫画「サバイバル」で主人公のサトルは、文明が崩壊した世界で自然の中をさまよい、空腹の末、毒があるのかないのかわからないキノコを食べ食中毒になるが、その後、彼はどの植物が食用に適すのかを学んでいく。。
一度、伝統的に薬用になる植物を勉強してみるのも良いかもしれないです。

(裏)石川、3位タイ。
片山も調子が良い。
面白くなってきました!


宮里藍、LPGA賞金ランキング3位に

Ai Miyazato Ranks Third in LPGA Money Rankings

Ai Miyazato from Japan come in eighth place in the Tour Championship on Sunday, finishing third in the 2009 LPGA money standings.

■チェック!

・LPGA 全米女子プロゴルフ協会
・money rankings ( = money standings) 賞金ランキング
・come in _ th place _位に入る

■対訳

「宮里藍、LPGA賞金ランキング3位に」

日本の宮里藍が日曜日にツアー選手権で8位に入り、2009年度のLPGA ツアーを賞金ランキング3位で終了した。

■訳出のポイント

LPGA は Ladies Professional Golf Association の略でそのまま訳すと「女子プロゴルフ協会」。

1950年に設立された米国の女子プロゴルフ運営団体で、英語名称に”全米” を意味する言葉はないのですが、通常「全米女子プロゴルフ協会」とされることが多いです。

Tour Championship とは LPGA Tour Championship のことで、毎年11月に行われる LPGAツアーの最終戦です。

come in は(部屋などへ)「入る」 という意味でよく知られている句動詞。

今日の場合は、come in _ th place という形で登場しています。

_ thの部分に序数をいれると、競争・コンテストなどで 「_位に入る」「_位になる」 という言い方です。

finish third は文字通り 「3番目で終わる」 → 「3位で終わる」 という表現。

standing はおなじみの動詞 stand 「立つ」 の現在分詞からできた名詞で「立っていること」 の意味です。

ここから 「立っている位置」 「地位」 「身分」 といった意味にもなっています。

またスポーツでは、standings と複数形で、「順位」 「ランキング」の意味に使います。

つまり money standings はタイトル中の money rankings と同意で「賞金ランキング」 ということです。

よって、finishing third in the 2009 LPGA money standings の部分は、「2009年の LPGA 賞金ランニングで3位に終わる」 →「2009年度の LPGA ツアーを賞金ランランキング3位で終了する」の意味になります。

2006年から全米女子ツアーに参戦している宮里藍選手。

今年は22試合出場して予選落ちはゼロで、13試合でトップ10入り。

7月に初Vを挙げたエビアン・マスターズを含め、後半は毎試合のように優勝争いに絡んできました。

今年の活躍ぶりが、この賞金ランク3位という数字に如実に表れています。

■編集後記

宮里藍、今季は凄かったです。
なにが凄いかといえば、アプローチとパットかなという気がします。
パットの前に素振りをしない、という完全に自分の最初の直感だけを信じて、打つ。
なかなか真似できたものではないですね。。

またインタビューでもマインド面が鍛えられたようなことを言ってますが突然強くなる選手に共通して聞かれる言葉です。

ゴルフというのは体力、精神力のスポーツですね。

(裏)ドル全面安。
FOMCでドル安85円を目指す、という見解が示されたとか。


イエメンの日本人人質が解放

Japanese Hostage in Yemen Released

Takeo Mashimo, a Japanese engineer kidnapped by armed tribesmen near the Yemeni capital Sanaa was freed Monday evening after nine days in captivity.

■チェック!

・hostage  人質
・kidnap  誘拐する
・tribesman  部族民
・in captivity  監禁されて

■対訳

「イエメンの日本人人質が解放」

イエメンの首都サヌア付近で武装した部族民によって誘拐された日本人技師の真下武男さんが、9日間監禁された後月曜日の夜に解放された。

■訳出のポイント

タイトルの release、本文の free はともに 「自由にする」「解放する」 の意味で使われる動詞。

どちらも、今日のように人質の解放、あるいは囚人などの釈放のニュースでよく登場する単語です。

tribesman は tribe 「部族」 + man 「男」で、「部族の一員」「部族民」 ということ。

ここでは tribesmen と複数形で 「部族民たち」。

また armed は「武器を持った」「武装した」という形容詞です。

よって、armed tribesmen で「武装した部族民(たち)」。

captivity は 「捕獲する」 「捕える」 という動詞 capture の名詞形で「捕らわれること」 「監禁」 の意味。

in captivity で 「捕えられて」 「監禁されて」 「監禁状態で」という表現です。

そこで、after nine days in captivity は 「監禁状態での9日間の後で」→ 「9日間監禁された後で」 ということになります。

■編集後記

拉致された日本人、無事解放されて何よりです。
「9日間、風呂に入ってないので、シャワーを浴びたいです」と記者会見で語っていたのが印象的でした。
真下さんは東京のコンサルティング会社の社員でイエメンでは学校建設に携わっていたそうです。

英語ライティングの極意を学ぶセミナーをたった1000円で受けられます!
マーク・ピーターセン教授に学ぶ日本人のための英文エッセイ講座
   ↓↓
http://kokucheese.com/event/index/685/ 間もなく締め切り!!

(裏)名古屋から戻ってきました。
帰りの新幹線、爆睡。
スッキリ。。


マイケル・ジャクソンの手袋、35万ドルで落札

Michael Jackson’s Glove Sold for $350,000 at Auction

A white rhinestone-encrusted glove worn by the late Michael Jackson when he performed the famous Moonwalk for the first time in 1983 fetched $350,000 at an auction in New York on Saturday.

■チェック!

・rhinestone-encrusted  ラインストーンをちりばめた
・late  亡くなった、故~
・fetch  ~で売れる

■対訳

「マイケル・ジャクソンの手袋、35万ドルで落札」

故マイケル・ジャクソンさんが、1983年に初めて有名なムーンウォークを行った際に着用していた、ラインストーンをちりばめた白い手袋が、土曜日にニューヨークのオークションで35万ドル(約3100万円)で落札された。

■訳出のポイント

encrust の crust はもともと 「外皮」 「堅い表面」 を意味する名詞で、「パンの皮(耳)」 や 「パイの皮」 など、あるいは動物の 「甲殻」 の意味に使われます。

また、ここから 「表面」 「うわべ」 「装い」 といった意味にもなります。

この crust の前に 「~で覆う」 という動詞を作る接頭辞 en- のついたものが encrust で 「~で表面を覆う」 → 「~で表面を飾る」 という意味の動詞です。

宝石などで 「表面を飾りつける」 「ちりばめる」 場合に使われる単語です。

そこで、rhinestone-encrusted で 「ラインストーンをちりばめた」という言い方になります。

ちなみに diamond-encrusted 「ダイヤモンドをちりばめた」 もよく使われる言い方です。

今日の文の構造は、以下のように考えましょう。

A white rhinestone-encrusted glove (worn by the late Michael Jackson when he performed the famous Moonwalk for the first time in 1983) fetched $350,000 at an auction in New York on Saturday. すると、S(主語)が a white rhinestone-encrusted glove でV(動詞=述語)が fetched だということがわかりやすくなるはずです。

fetch は 「~を取ってくる」 「~を連れてくる」 という動詞で、~の部分に値段がくると 「~という値段を取ってくる」 → 「~(という値段)で売れる」という言い方です。

つまり、be sold for ~ と同じになります。

また、主語にあたる a white rhinestone-encrusted glove ですが、a (white rhinestone-encrusted) glove と単数形になっていることに注意しましょう。

通常 「手袋」 は2つで1組なので a pair of gloves 「1組の手袋」、あるいは  Put on your gloves. 「手袋をしなさい」 のように、複数形で用いられます。

つまり、今回35万ドルで落札された手袋は “手袋の片方”だということになります。

a pair of white rhinestone-encrusted gloves との違いを直接日本語訳に反映させる必要はありませんが、理解しておくことは大切です。

この手袋を落札したのは、香港のビジネスマンで、税金やオークションハウスへのコミッションを入れると総額42万ドルの支払いになるそうです。

これまで、オークション界では、遺品が最も高額で取引される有名人というと、エルビス・プレスリーとマリリン・モンローの2人でしたが、このところは MJ が2人を追いこしたといわれています。

■編集後記

映画「2012」を見てきました!
マグニチュード9とか10といったとんでもない地震が映画の中で起きますが、もう高層ビルは崩壊し、高さ1.5キロ!の津波が押し寄せて全てを飲み込むシーンは、凄いです。
想像を絶する映像です。
こんな地震がきたら、防災もへったくれもないです。。。
物語がイマイチとかそんな批判もありますが、僕は2時間30分、すごく楽しめました!

お待たせ!金曜日入荷、無料!限定250冊。
お早めに!

http://tokyo-sim.com/sb_eij/#form

(裏)今日、明日と名古屋。
風来坊の手羽先を食べにいってきます。


ジョニー・デップが2009年度の 『もっともセクシーな男性』

Johnny Depp Named Sexiest Man Alive 2009

Actor Johnny Depp was named the U.S. magazine People’s “sexiest man alive” for the second time on Wednesday. He is the third man to gain this honor twice, joining George Clooney and Brad Pitt.

■チェック!

・name   [動詞] 指名する→選ぶ
・gain   得る、獲得する
・honor   名誉、名声、栄誉

■対訳

「ジョニー・デップが2009年度の 『もっともセクシーな男性』」

俳優のジョニー・デップが水曜日に、2度目となる米雑誌ピープルの『もっともセクシーな男性』 に選ばれた。この名誉を2度獲得するのは、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットに続いて3人目である。

■訳出のポイント

alive は 「生きている」 「生存中の」 という形容詞。

そこで sexiest man alive は直訳すると「生存しているもっともセクシーな男性」 です。

つまり、 sexiest man in the world 「世界でもっともセクシーな男性」、あるいは sexiest man on the earth (globe, planet)「地球上でもっともセクシーな男性」 と同じ意味で使われています。

for the first time 「初めて」 という言い方はおなじみだと思いますが、これは初めてのときに限らず、first の部分にあらゆる序数を用いて応用することができます。

つまり for the _th time で 「~度目に」 「~度目で」 ということです。

今日の場合は for the second time で 「2度目に」 となっています。

honor は 「名誉」 「光栄」 という名詞ですが、最初の h は発音しないので注意してください。

また、英国では honour とスペルが異なることも確認しておきましょう。

ここでは、this honor 「この名誉」 は being named the U.S. magazine People’s “sexiest man alive”「米雑誌ピープルの 『もっともセクシーな男性』 に選ばれること」を意味し、to gain this honor twice 「この名誉を2回獲得する」=「『もっともセクシーな男性』に2度選ばれる」 ということです。

2003年に続いて2度目に 『もっともセクシーな男性』 の称号を得た46歳のジョニー・デップについて、ピープル誌編集長は次のように語っています。

“He was sexy ten years ago, he’ll be sexy ten years from now. He appeals to multiple generations of women …”「彼は10年前もセクシーだったし、10年後にもセクシーでしょう。彼はさまざまな世代の女性にとって魅力的な存在・・・」 ちなみに、昨年の「もっともセクシーな男性」は X-MEN のヒュー・ジャックマンでした。

■編集後記

ジョニー・デップはwikipediaによればアイルランド人、ドイツ人、チェロキー族インディアンの血を引くそうです。
確かにあの風貌はちょっと普通の白人?とは違い、エキゾチックな雰囲気をかもし出していますね。。

ところで、最近オフィスのBGMはitunesに入ってる「ラジオ」です。
ヒップホップチャンネルの「Chitown Record Bangers」というシカゴ発の番組をずっと流しています。
これはDJがターンテーブル数台を使ってずっとミックスしています。
スクラッチいれたり、MJを別のブレイクビートにかぶせたり。。
音質は悪いのですが、楽しいです。

(裏)明日、一泊二日で群馬の四万温泉へ。。
雪が降らないことを祈ります。


地球、6度気温上昇へ向かう

Earth on Course for 6C Warming

Average temperatures across the world are on a path to rise by a catastrophic 6 degrees C by the end of the century without taking urgent action to cut CO2 emissions, a major new study suggests.

■チェック!

・average temperature  平均気温
・catastrophic  壊滅的な、破局の
・C (= Celsius, centigrade)  摂氏
・urgent action  早急な対策
・CO2 emissions  二酸化炭素排出

■対訳

「地球、6度気温上昇へ向かう」

二酸化炭素排出を削減するために早急に対策を講じなければ、今世紀終りまでに世界中の平均気温は、摂氏6度上昇という壊滅的な道をたどる。
新たな大規模研究が示唆した。

■訳出のポイント

course は 「道」 「方向」 という意味の名詞。

on course for ~ で 「~への道にある」 「~の方向へ進んでいる」という言い方になります。

これは本文の on a path to ~ もほぼ同意で、「~する道にある」「~する方向へ進んでいる」 ということです。

タイトルの C は Celsius あるいは centigrade の略で、「摂氏」 です。

Celsius は摂氏温度計を発明した18世紀の スウェーデンの天文学者 Anders Celsius の苗字をとったもの。

centigrade は centi-(100) + grade(等級) という成り立ちの語で「百分度」 → 「摂氏度」 ということです。

そして、本文のように温度は正式には 6 degrees C と示されます。
(degree は「度」にあたる語です。)

ちなみに、温度表示のもうひとつの単位に 「華氏」 があり、こちらは Fahrenheit で 10 degrees F (= Fahrenheit) のように表します。

想像がつくと思いますが、Fahrenheit も華氏温度計を作ったドイツの物理学者の苗字です。

urgent action は直訳すると 「急を要する行動」 → 「緊急活動」「緊急対策」 「早急な対処」 ということ。

take action が 「行動を起こす」 「対策(対応)を取る」 という句動詞なので、これらが組み合わさった take urgent action は「緊急対策を取る」 となります。

without taking urgent action to ・・・ の部分は直訳すると「~するために早急に対策を講じることなしで」 →「~するために早急に対策を講じなければ」 ということです。

■編集後記

今週は3連休ですが、小中学校によってはインフルエンザの学級閉鎖の授業の遅れを取り戻すために土曜日授業というところが少なくないようです。
今日はめちゃくちゃ寒い。。
寒くなって空気が乾燥するとインフルエンザが活発に活動しますので、皆さん、ご注意を!
月曜日に映画「2012」観にいってきます。すでに席とりました!
ダンロップフェニックスやってます。
石川が昨年2位のリベンジなるか!

こちらもよろしくです!
マーク・ピーターセン教授に学ぶ日本人のための英文エッセイ講座
   ↓↓

http://kokucheese.com/event/index/685/

(裏)昨日のGはこの2、3年でワーストスコアでした。
シャンク地獄。。


プラスチックの化学物質で男児が女性化?

Plastic Chemicals May Feminize Boys

Prenatal exposure of chemicals commonly used to soften plastics – phthalates – could alter the brains of baby boys to “feminize” them, according to a new study by U.S. researchers.

■チェック!

・chemicals  化学物質
・feminize  女性化する
・prenatal exposure  出生前暴露→胎児の暴露
・phthalates  フタル酸塩類
・alter  変える

■対訳

「プラスチックの化学物質で男児が女性化?」

米国研究者らの新研究によると、プラスチックを軟化させるために一般的に使われている化学物質(フタル酸塩類)に胎児が暴露すると、男児の脳が変化し”女性化” する可能性があるという。

■訳出のポイント

日本語でも 「フェミニンな」 というように、 feminine は 「女性の」「女性らしい」 という形容詞。

feminize はこの形容詞の動詞形で、「女性化する」 「女性らしくする」の意味です。

prenatal は、「出生の」 「誕生の」 という形容詞 natal の前に、「~以前の」 という接頭辞 pre- がついたもので、「出生以前の」「出産前の」 という意味。

そこで prenatal exposure で 「出生前の暴露」 → 「胎児としての暴露」ということです。

commonly は 「一般的な」 「普通の」 という形容詞 common の副詞形で「普通に」 「一般的に」。

commonly used で 「一般的に使われる」 「よく使われる」 →「おなじみの」 「よくある」 という言い方です。

また、soften はおなじみの形容詞 soft の動詞形で 「やわらかくする」「軟化する」。

そこで、chemicals commonly used to soften plastics で「プラスチックをやわらくするために一般的に使われる化学物質」ということになります。

この化学物質 phthalates 「フタル酸塩類」 は、類似構造を持つ多数の化学物質群で、プラスチックに含有される形で私たちの身の回りに多く存在しています。

欧州では 「環境ホルモン」 environmental hormone だと認識され、とくに影響が現れやすい子どもに取り込まれることを防ぐため、おもちゃでの使用がすでに禁止されています。

また、このフタル酸塩類のうちのいくつかは女性ホルモンであるestrogen 「エストロゲン」に類似しており、男性の生殖機能に悪影響を与えることもわかっています。
今回の研究では、母親の子宮内での胎児期にフタル酸塩の高い濃度にさらされた男児では、生後の行動が “男の子らしくない” ことが指摘されました。

具体的にいうと、トラックやロボットのような男の子向けのおもちゃで遊んだり、戦闘ごっこなど通常男の子が好む遊びをしたがらない、ということです。

■編集後記

Feminized Boys。。。
プラスチックもそうですが、僕の知り合いで、缶ジュースのプルトップを非常に警戒している人がいます。
プルトップを引き上げた瞬間、缶の表面の金属の粒子が大量にその内側の液体表面に落ちるそうです。。
微量な金属の粒子として液体に混ざる。。
様々な側面で僕らの生活は快適になってますが、その一面で、人体は知られざる脅威に直面していたとしたら!

(裏)今頃、富津(ふっつ)でゴルフしてます。
心をこめてショットします(笑)


タイガー・ウッズ、オーストラリアン・マスターズ優勝

Tiger Woods Wins Aussie Masters Title

World top-ranked Tiger Woods rejoiced in his first visit Down Under in 11 years when he took the Australian Masters title in Melbourne on Sunday.

■チェック!

・Aussie (=Australian) オーストラリアの
・world top-ranked  世界ランキング1位の
・rejoice  喜ぶ
・Down Under  オーストラリア

■対訳

「タイガー・ウッズ、オーストラリアン・マスターズ優勝」

世界ランキング1位のタイガー・ウッズが日曜日に、メルボルンで行われたオーストラリアン・マスターズで優勝し、11年ぶりの豪州訪問を喜んだ。

■訳出のポイント

Aussie は Australia および Australian と同意で、名詞で 「オーストラリア」形容詞で 「オーストラリアの」 です。

略式で、会話などではオーストラリアやオーストラリア人を指してよく使われる語です。

そこで、タイトルの Aussie Masters は Australian Masters「オーストラリアン・マスターズ」 ということになります。

そして、Down Under も 「オーストラリア」 の俗称。

こちらは、もと君主国の英国から見て、南半球のオーストラリアが地図上で 「ずっと下のほうに」 down under 位置することから、オーストラリアを指す名詞になりました。

この場合は固有名詞なので、Down Under と大文字で記します。

また、Down Under には、同じ南半球のニュージランドも含められることもあるので注意しましょう。

top-ranked は 「首位にランクされた」 の意。

ここから、一般的に 「トップに位置づけられる」 「一流の」 といったニュアンスの形容詞としても使われます。

しかし、今日の場合は world top-ranked で、文字通り「世界トップにランクされた」 → 「世界ランキング1位の」 ということです。

rejoice は 「うれしく思う」 「喜ぶ」 という動詞。

rejoice in ~ で 「~を喜ぶ」 となります。

win the title と take the title はどちらも 「タイトルを獲得する」「優勝する」 という言い方。

the title の部分を the Masters title、 the World Cup title、the second consecutive title のように変化させることで、それぞれ 「マスターズで優勝する」 「ワールドカップで優勝する」「連続2度目の優勝をする」 などのように応用することができます。

今日の場合を見ると・・・

タイトルでは  wins (the) Aussie Masters title

本文では    took the Australian Masters title

どちらも「オーストラリアン・マスターズで優勝した」となります。

■編集後記

オーストラリアはグレッグノーマンを持ち出すまでもなく、ゴルフが盛んでどんどん若手が米国に乗り込み活躍しています。
ジェフ・オギルビー、アダムスコット、アーロン・バデリー、アップルビー。
ただ、今年はオギルビーが年初に勝ったもののその後、オージー勢、いまいちパッとしませんでした。
そんな中タイガーが米国から招待され、圧倒的な強さで彼ら地元勢を退け、2位に2打差の14アンダーで勝つというのはすごいです。
さあ、今週、国内男子はダンロップフェニックス!
遼、がんばれ!

(裏)昨夜、六本木で豚しゃぶ。
まじ肉食いすぎ。。
反省。。


オバマ米大統領が来日

Obama Visits Japan

U.S. President Barack Obama expressed his firm intention to establish closer ties with Asia while emphasizing the solid alliance with Japan during his visit to Tokyo.

■チェック!

・ firm intention  強い意向
・ establish closer ties  より緊密な関係を確立する
・ emphasize  強調する
・ solid alliance  揺るぎない同盟

■対訳

「オバマ米大統領が来日」

東京を訪問中のバラク・オバマ米大統領は、日本との揺るぎない同盟を強調する一方で、アジアとのより緊密な関係を確立しようという強い意向を表明した。

■訳出のポイント

intention は動詞 intend 「(~する)つもりである」 「~を意図する」の名詞形で、「意図」 「意志」 「意向」 の意。

firm intention で 「固い意志」 「強い意向」 ということです。

動詞 express は 「~を表現する」 「~を表明する」。

また、express one’s intention to ~ で 「~するという意志・意向を表明する」 という言い方です。

そこで、expressed his firm intention ~ で 「~するという強い意向を表明した」 ということです。

ties は 「つながり」 「関係」 「結合」 という名詞。

また、closer は 「近い」 「緊密な」 という形容詞 close の比較級で「より緊密な」。

そこで establish closer ties で 「より緊密な関係を確立する」という言い方になります。

solid はもともと 「固体」 「固形物」 という名詞で、「固体の」 「固形の」 という形容詞にもなっています。

また、「固体の」 → 「固い」 → 「確かな」 「揺るぎない」 といった意味合いでもよく使われる語となっています。

ということで、solid alliance は 「揺らぎない同盟」 となります。

■編集後記

オバマ大統領、アークヒルズのサントリーホールで講演をされたみたいです。
土曜日の朝、コンビニにいった帰り道、警察関係の方に「どこに行かれますか?」と質問されました(汗)
「え?そこ(目の前の建物を指さして)に住んでるんですが。」と返答。
オバマさんが日本を発った後、警察関係の車両が一斉にいなくなり、自宅、オフィス界隈は平常の状態に戻りました。

(裏)六本木ミッドタウンのスーパー、プレッセ。
高いけど、モノはいいですね!


スポンサーリンク
1 2