2010年10月 一覧

死後も稼ぐ有名人、1位はマイケル・ジャクソン

Michael Jackson is No.1 Dead Celebrity Earner

Michael Jackson came out on top in the annual Forbes magazine list of top-earning dead celebrities with $275 million in the past year, the amount more than the combined earnings of the next 12 dead.

■チェック!

・dead celebrity  故有名人、故人セレブ
・come out on top  首位に立つ
・top-earning  最高額を稼ぐ

■対訳

「死後も稼ぐ有名人、1位はマイケル・ジャクソン」

フォーブス誌毎年恒例の故人セレブ長者番付で、マイケル・ジャクソンが首位となった。
ジャクソンは過去1年間に2億7500万ドル(約224億円)稼いでおり、これは2位以下の故人12人の収入合計を上回る額だという。

■訳出のポイント

earn は 「~を得る」 「稼ぐ」 という動詞です。

そこで、タイトルの earner は 「稼ぐ人」 「稼ぎ手」 の意味になります。

したがって、No.1 dead celebrity earner は 「1位の故人セレブ稼ぎ手」 →「故人セレブの中で最も収入が多い人」 ということです。

同様に本文中の top-earning dead celebrities も「最高額を稼ぐ故人セレブたち」。

list of top-earning dead celebrities は毎年フォーブス誌が発表している「故人セレブ長者番付」。

日本語の ”長者番付” など 「番付」 にあたる英語は list になることを確認しておきましょう。

past は 「過去」 という名詞としてよく知られていますが、ここでは「過去の」 「過ぎ去った(ばかりの)」 という意味の形容詞として登場しています。

the past year で 「過ぎ去った(1)年」 → 「過去1年」 ということです。

the last year 「昨年」との違いは、こちらは1月から12月までを1年とした場合の前年ですが、the past year となるとその時点からみる過去1年を指します。

つまり、ここでの with $275 million in the past year は、昨年1年間(2009年)の収入ではなく、今の時点から考えた過去1年間(この場合は昨年10月からの1年)の収入が2億7500万ドルだと言っているのです。

文末の the next 12 dead は dead の後ろに celebrities が省略されていると考えましょう。

おなじみの形容詞 next は「次の」。

そこで直訳すると 「次の12人の故人(セレブ)」 です。

1位の次ということは、すなわち2位以下を意味するので、「2位以下の故人(12人)」 となります。

これら2位以下の顔ぶれを少し紹介すると、2位はエルビス・プレスリーの6000万ドル(約48億円) で、3位は映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの5000万ドル (約40億円)でした。

そして、その他には元ビートルズのジョン・レノンが5位、物理学者のアインシュタインが8位、米ロックギタリストのジミ・ヘンドリックスが11位に入っています。
■編集後記

それにしても円高が進んでくると、訳すときの換算も以前より難しくなります。
以前は1ドル100円を基本線にしてその都度円高だったら割安に、円安だったら割高にドル円換算を訳すことができましたが、さすがに1ドル80円あるいは70円台に入ってくると、適当に訳すわけにはいかなくなりますね。。

台風が明日にも本土上陸だそうです。
昨日は雨と気温低下の中、千葉でゴルフコンペでした。
ドライバーがほとんど右に曲がってましたが、45、42の87で準優勝!!
でも帰り道の湾岸線が浦安から先大渋滞で帰りはいつもより30分余計にかかりました。。

(裏)週末は台風本土直撃らしいので自宅で映画鑑賞です。。


インドネシア、津波で死者100人以上

Indonesia Tsunami Kills Over 100

A tsunami triggered by a 7.7 magnitude earthquake off the coast of Sumatra, Indonesia, hit the islands of Mentawai on Monday, killing more than 100 people.

■チェック!

・trigger  引き起こす
・off the coast of ~沖で

■対訳

「インドネシア、津波で死者100人以上」

月曜日、スマトラ島沖で発生したマグニュチュード7.7の地震による津波が、ムンタワイ諸島を襲い、100人以上が死亡した。

■訳出のポイント

「津波」 は、主に海域での地震によって引き起こされる、高波のこと。

日本語を語源とする英語 tsunami が登場する最初の文献は、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンの著作(1897年)とされています。

英語圏では、もともと tidal wave という言葉が使われていましたが、tidal は本来 tide 「潮汐」 の意なので、地震による波を表すのにはふさわしくないということで、その後地震学の学術用語として tsunami が使われるようになったようです。

米国では、1946年のアリューシャン地震によるハワイの津波大被害を受けて、設置された 「太平洋津波警報センター」 の正式名称が Pacific Tsunami warning Center とされたことから、tsunami という語が広く用いられるようになりました。

現在では、tsunami は完全に国際語化しています。

trigger はもともと銃などの 「引き金」 を意味する名詞。

ここから、「引き金を引く」 という意味の動詞にもなり、さらに、事件・出来事・反応などの 「引き金となる」 「きっかけとなる」 →「誘発する」 「引き起こす」 といった意味でよく使われる単語となっています。

そこで、文頭の A tsunami triggered by a 7.7 magnitude earthquake は「マグニチュード7.7の地震によって引き起こされた津波」 →「マグニチュード7.7の地震による津波」 ということです。

現在報告されている被害状況では、死者が100名以上、行方不明者が500人以上。

今後その数はまだまだ増えると予想されています。

■編集後記

インドネシアの津波の被害は深刻です。
これから年末で忙しくなるときだけに一日も早い復旧をお祈りします。また命を落とされた方のご冥福をお祈りします。
みなさん、海外の災害支援募金が各所で始まってますのでぜひ募金してくださいね。
日本円は非常に高いのであなたの100円にすごく価値があります。

(裏)今日関東地方は真冬並みの寒さだそうです。
夏が暑かっただけに冬も寒い!


5000万年前の琥珀、新種の宝庫

50-million-year-old amber, a Trove of New Species

More than 700 ancient insects, including at least 100 new species, were found in 50-million-year-old amber excavated from western India, an international team of researchers has reported.

■チェック!

・amber  琥珀
・trove of new species  新種の宝庫
・ancient insect  古代昆虫
・excavate  発掘する

■対訳

「5000万年前の琥珀、新種の宝庫」

インド西部から発掘された5000万年前の琥珀の中で、少なくとも新種100種を含む、700種以上の古代昆虫が発見された。
国際研究者チームが報告した。

■訳出のポイント

trove は 「発見物」 「収集品」 という意味の名詞。

元来は treasure trove ( treasure-trove とも表す)で、法律的に所有者が不明の 「埋蔵物」 を表す表現です。

ここから、「貴重な発見(物)」 → 「宝の山」 「宝庫」 という意味で使われるようになりました。

(treasure ) trove of ~ で 「~の宝庫」 という表現になります。

今日のタイトルでは a trove of new species なので 「新種の宝庫」ということです。

excavate は地面・土などを 「掘る」 という動詞。

考古学など学術・研究目的で 「発掘する」 という意味でもよく使われる単語です。

そこで、(amber) excavated from western India で「インド西部から発掘された(琥珀)」 になります。

amber 「琥珀」 は、木の樹脂が地中に埋没し長い歳月をかけて固化・化石化したもので、内部に昆虫や植物の葉などが混入していることも珍しくありません。

今回は、インド西部で発掘された総重量150キロ余の5000万年前の琥珀の中から、700種を超える古代昆虫が発見されたというニュースです。

■編集後記

琥珀を使ったネックレスやペンダントはすごく素敵ですね。
それにしても5000万年前とはすごいです。

ところでまたインドネシアのスマトラ島沖で25日地震がありました。
現時点で死者数は112人、500人以上が行方不明です。
2004年の地震と同じ活断層のようです。
また26日にはジャワ島中部で火山噴火があり、24名が死亡しています。
この地震と噴火は直接関係はない、とされています。
(裏)明日は弊社主催のコンペ。
寒いけどがんばるぞー!


ハイチ、コレラの死亡者250人超える

Haiti Cholera Death Roll Tops 250

More than 250 people have been killed and over 3,000 are infected in a cholera epidemic in Haiti, health officials confirmed on Sunday.

■チェック!

・death roll  死亡者数
・be infected   感染する
・cholera epidemic  コレラ流行

■対訳

「ハイチ、コレラの死亡者250人超える」

ハイチのコレラ流行で、250人以上が死亡し、感染者は3000人を上回っている、と保健当局が日曜日に発表した。

■訳出のポイント

「死亡者数」 という意味では death toll という言い方がよく使われますが、今日は death roll という表現が登場しています。

roll はもともとは 「転がる」 「巻く」 などの動詞。

ここから、名詞で 「巻いたもの」 を表すようにもなり、昔は巻物状だった「名簿」 「目録」 といった意味に使われます。

そこで death roll は 「死亡者名簿」 → 「死亡者数」 ということです。

前置詞 over は様々な意味で使われますが、今日の場合は 「~を超えて」「~を上回って」 です。

つまり、over 3,000 で 「3000(人)を超える」 ということです。
epidemic は病気の 「流行」 「まん延」 という名詞。

「流行」 は 「流行」 でも、服や生活様式などの 「流行」 という意味では使えないので注意しましょう。

こちらの意味では、fashion や trend といった単語が用いられます。

officials も英字新聞頻出の重要単語のひとつです。

単数形の official が 「公務員」 「役員」 → 「当局者」 という意味で、その複数形の officials は日本語の 「当局」 にあたる言葉になります。

そこで、health officials は 「保健当局」 ということです。

カリブ海の国ハイチ・・・首都ポルトープランスでは今年1月の大地震で家を失った多くの被災者らがいまだ劣悪な衛生環境で暮らしています。

これまでコレラの流行は北部や中部中心でしたが、ポルトープランスでも5人の感染者が確認され、流行拡大が懸念されます。

■編集後記

2010年1月のハイチ大地震では、wikipediaによれば「死者22万2570人、負傷者31万928人、行方不明者869人、被害総額は77億5000万ドル余り」だとされています。
ポルトープランスの4分の3が再建されなくてはならないそうです。
そこへきて、コレラの感染の拡大。
まだ130万人が仮設テントの劣悪な環境で生活していると伝えられています。
(裏)ドル円は昨夜NYで80円割れできず。
しかし大半のアナリストは80円割れを予測。


世界初、宇宙旅行基地の滑走路を公開

Runway at World’s First Spaceport Opens

Commercial space travel has moved a step closer to realization when the runway at the world’s first spaceport was unveiled in the southern New Mexico desert in the U.S. on Friday.

■チェック!

・runway  滑走路
・spaceport  宇宙旅行基地
・commercial space travel  民間宇宙旅行
・move a step close to realization of 実現にもう一歩近づく

■対訳

「世界初、宇宙旅行基地の滑走路を公開」

金曜日、米国ニューメキシコ州南部の砂漠にある世界初の宇宙旅行基地で滑走路が公開され、民間宇宙旅行の実現がまた一歩近づいた。

■訳出のポイント

spaceport は文字通り 「宇宙港」 で、もともとは 「宇宙船基地」「宇宙基地」 の意味で使われています。

今日の記事の the world’s first spaceport は米ニューメキシコ州で建設が進められているSpaceport America 「スペースポート・アメリカ」のことで、Virgin Galactic による民間宇宙旅行の基地となりものです。

こういった経緯から、spaceport もここでは 「宇宙旅行基地」としています。

move a step close ~ で 「~にもう一歩近づく」「~に向けてまた一方前進する」 という言い方です。

ここでは、realization 「実現」 を用いて、move a step closer to realization で 「実現にもう一歩近づく」 という言い方になっています。

英字新聞超頻出の重要動詞 unveil が今日も登場しています。

un- 「はずす」 + veil 「覆い」 「ベール」 という成り立ちで、「ベールをはずす」 → 「明らかにする」 「公表(公開)する」 という意味。

しっかりと再確認しておきましょう。

ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船 「スペースシップツー」 が人間を乗せての単独飛行実験に成功したのが、つい10日前のことでした。

今回は世界初の民間宇宙旅行基地 Spaceport America で滑走路が完成し、初公開された、というニュースです。

ヴァージン・ギャラクティック社によると、あと18ヶ月でcommercial spaceship 「商用宇宙船」 による宇宙飛行サービスが開始されるとのこと。

いよいよ宇宙旅行時代の到来となるのでしょうか?

同社の有人宇宙船 「スペースシップツー」 の搭乗チケットの販売価格は20万ドル(約1600万円)とかなり高額ですが、宇宙旅行の第一弾には、すでに約360人が搭乗予約をしているそうです。

日本人としては、元ライブドア社長の平松庚三さん、IT企業勤務の稲波紀明さんが、ヴァージン・アトランティック社による最初の宇宙旅行者としてその日を待っています。
■編集後記

宇宙旅行をするといえば20億円くらいかかるので、20万ドルといえばその100分の1です。
ヴァージンアトランティック社は航空会社です。
創業者であるリチャードブロンソンは20歳でヴァージンレコード、34歳でヴァージンアトランティック社を立ち上げてます。
2004年、54歳のときヴァージンギャラクティックを立ち上げ、宇宙産業に乗り出しています。
1991年、熱気球で太平洋横断をしています。
(裏)池田2連覇おめでとう。
これで日本男子ツアーますます面白くなってきました!


アップル、超薄型ノートPCを発売

Apple Launches Super-thin Laptop

Apple launched on Wednesday its latest, thinnest, and lightest MacBook Air laptop models, incorporating technologies of iPhone and iPad into its traditional line of personal computers.

■ チェック!

・ launch  発売する
・ super-thin laptop  超薄型ノートパソコン
・ incorporate ~ into ・・・  ~を・・・に取り入れる

■ 対訳

「アップル、超薄型ノートPCを発売」

アップルは水曜日、最薄型・最軽量のノートパソコン『マックブックエア』の新製品を発売した。同社従来のパソコン・シリーズにiPhone や iPad の技術を取り入れた形だ。

■ 訳出のポイント

launch は英字新聞ではかなり登場する頻出動詞。

色々な意味で使われるので、その都度再確認しておきましょう。

今日の場合は、新製品などを 「発売する」 です。

super はもともとは 「素晴らしい」 「一流の」 といった意味の形容詞ですが、形容詞・名詞・動詞の前につけて超過・過度・上位・超越などの意味を表す接頭辞としてもよく使われます。

そこで、super-thin で 「超薄型の」 ということです。

incorporate は 「~を組み込む」 「~を合体する」 という意味の動詞。

そこで incorporate ~ into ・・・ で 「~を・・・に組み込む」 →「~を・・・に取り入れる」 という言い方になります。

traditional というと、「伝統的な」 という訳語が浮かぶ人が多いかもしれませんが、どちらかというと日本語の 「従来の」 に当たるニュアンスで使われることも多い単語です。

今日の場合も、 its traditional line of personal computer は「その(=アップル社の)伝統的なパソコン・シリーズ」というよりは「従来のパソコン・シリーズ」とするのが適切でしょう。

アップルがMacBook Air の新製品を発売したニュースです。

シリーズでは2年9ヶ月ぶりの新製品で、携帯端末 iPad と同様の最新データ処理システムを搭載し、iPhone 4 のビデオ通話機能を取り入れたのが特徴だそうです。

11インチと13インチ画面の2タイプがあり、いずれも最も厚い部分でも1.7センチと超薄型。

重量も、11インチモデルではわずか1.06キロです。
■編集後記

時価総額で全米第1位の企業を目指し、快進撃を続けるアップルですがアップル全体ではiPhoneの売上が半数弱でそれにiPadを加えて6割程度を占めます。
日本においても、アップルのテレビCMを見ない日はないですね、とくに最近。
今後、パソコン部門でも売上を伸ばしてくるでしょう。
僕も自宅も会社もマックを使ってます。
しかし、まだパソコン全体の市場シェアは4%くらいだそうです。
1970年代に家庭で使えるパソコンを、ということでスティーブ・ジョブズが創業したアップル。iPhoneやiPadが爆発的に広がれば、パソコンの売上拡大を下支えするはずです。
頑張れマック!!

(裏)石川、初日出遅れ。。
今日の爆発に期待するが。。


楽天と百度、中国でネット・モールを開業

Rakuten and Baidu Open Online Mall in China

Japan’s biggest e-commerce company Rakuten, joined by Chinese search giant Baidu, opened online shopping mall in China on Tuesday, in an attempt to break into the communist country’s burgeoning Internet market.

■チェック!

・online mall インターネット・ショッピングモール
・e-commerce  ネット通信販売
・break into  ~に食い込もう
・burgeoning  急成長する

■対訳

「楽天と百度、中国でネット・モールを開業」

日本のネット通信販売最大手の楽天が火曜日、中国の検索大手 Baidu(百度)と合弁で、中国のインターネット・ショッピングモールを開業した。
急成長する共産国中国のネット市場に食い込もうという試みだ。

■訳出のポイント

join は 「加わる」 「参加する」 などの意味でよく知られる基本動詞。

そこで joined by ~ で 「~が加わって」 → 「~と協力して」 という言い方になります。

ここでは、「~と協力してネット・モールを開業する」 →「~の合弁でネット・モールを開業する」 ということです。

break into はもともとは泥棒などが 「~に押し入る」「~に(無理やり)侵入する」 という意味の句動詞です。

ここから、新しい分野などに 「参入する」 「食い込む」 といった意味にも使われる表現となっています。

burgeon の語源は 「芽」 という意味の古仏語 burjon 。

ここから 「新芽を出す」 「花が咲く」 という動詞となり、また、新芽のように 「急に伸びる」 「急成長(発展)する」 という意味でも使われます。

この burgeon の現在進行形が形容詞化した burgeoning は「急成長する」。

したがってbreak into the communist country’s burgeoning Internet marketの部分は 「急成長する共産国(=中国)のネット市場に食い込む」ということです。

今回中国で開業したインターネット・ショッピングモールの名前は「楽酷天(らくてん)」で、中国語では “happy cool day” という意味になるそうです。

日本の “楽天市場” 同様のB2B2C型のインターネット・ショッピングモールで、服飾やアクセサリー、家具、家電、デジタル機器、ベビー用品、化粧品などの商品を提供するとのこと。

ちなみに、B2B2Cは Business to Business to Consumer の略で、企業と企業との取引、企業と消費者との取引を結合させた形態の電子商取引(e-commerce) を指します。

■編集後記

今、中国に進出したいIT系企業がこの楽天の中国進出が成功するか失敗するかを固唾を飲んで見守っています。
もはや世界最大の消費国となりつつある中国。。
世界経済に最も影響力のある国です。

僕も楽天なしの生活は考えられません。
やはりその最大の魅力は品数の多さ。
先日は古代魚の餌用に生きたドジョウ500gを買いました。
なかなかこんなレアな商品、近くのスーパーには売ってません。
その前がBSケーブル。
これも電気屋さんが近くにないのでもう楽天しかないです。
お酒もいつも楽天。
ゴルフは楽天GORA。。
一度、楽天が生活の中に入り込むともうそこから抜け出すことはできません。
(裏)今日、関東地方雨か。。
ブリジストンオープン、石川がんばれ!


日本の景気は『足踏み状態』

Japanese Economy ‘at Standstill’

Japan’s government cut its view on the economy for the first time since February 2009 on Tuesday, judging that it was now at a standstill, as concerns about the strong yen and weakening exports continue to grow.

■チェック!

・at a standstill  足踏み状態で
・cut カットする→下方修正する
・view on the economy  経済見通し
・strong yen  円高
・weakening exports  輸出の弱含み

■対訳

「日本の景気は『足踏み状態』」

日本政府は火曜日、2009年2月以来初めて経済見通しを下方修正した。
円高と輸出の弱含みに対する懸念が膨らみ続ける中で、日本の景気はこのところ足踏み状態であると判断したもの。

■訳出のポイント

standstill は 「静止する」 「じっと立っている」 という句動詞 stand still が名詞化したものです。

つまり 「停止」 「休止」 の意味で、ここから「行き詰まり」 「立ち往生」「足踏み状態」 といったニュアンスで使われる単語となっています。

at a standstill で 「行き詰って」 「足踏み状態で」 という表現になります。
(タイトルでは冠詞 a が省略されています。)

view はもともとは 「眺め」 「風景」 という名詞。

ここから、「見ること」 「ものの見方」 「意見」 など、あるいは 「見通し」「見込み」 といった意味などでもよく使われます。

ここでは view on the economy で 「経済見通し」 になります。

したがって cut its view on the economy は直訳すると、「その(=日本の)経済見通しをカット(削減)する」 →「経済見通しを下方修正する」 ということです。

カンマの後の judging that it was now at a standstill の部分では、it は the economy 「(日本の)景気(経済)」 を指しています。

すると、「(日本政府は)景気が今(このところ)足踏み状態であると判断して」 となります。

concern は 「心配」 「不安」 「懸念」 という名詞。

concern(s) about ~ という形で 「~に対する懸念」 という言い方です。

grow は 「成長する」 「育つ」 という動詞としてよく知られていますが、「大きくなる」 「増える」 「増大する」 といったニュアンスで広義に使われる重要単語となっています。

とくに英字新聞では、今日の記事のように、心配・不安・懸念などが「大きくなる」 → 「高まる」 「ふくらむ」 といった文脈でもよく登場するので、注意しておきましょう。

■編集後記

この円高が止まらない限り、なかなか経済の上向き方向転換は難しいと思います。
なんとなくですが近所の飲食店に行っても、以前ほど混んでないような気がします。

ところで先週のゴルフは男子も女子も韓国人が勝ちました。
この円高の日本、渡航費用や滞在費用は以前に比較するまでもなく高くなっていますが賞金は日本円でもらえますので、自国に帰り換金すると、為替差益でかなりプラスになります。

例えば米国の選手が1ドル100円のときに日本に来てゴルフで優勝して3000万円を稼いだ。
これをドルに換金すると、30万ドルです。
しかし、仮に1ドル82円だとすると、約36万5000ドルです。
6万5000ドルも上乗せになります。
もし、巷でささやかれているように1ドル50円になったら、60万ドルです。

米国女子ゴルフツアーはただでさえ試合数が減っています。
さらにこの円高なので、多くのプレーヤーが日本に来てたたかうようになると思います。
とりわけその米国女子ツアーで活躍しているのが韓国人なので、彼らがいっきに日本に襲来したらそれこそ賞金ランキングが韓国勢で埋め尽くされるような日がくるかもしれません。
(裏)うーん、食欲の秋というが本当に最近よく食べるようになりました(汗)


オードリー・ヘプバーンの切手、43万ユーロで落札

Audrey Hepburn Stamps Sold for 430,000 Euros

A rare sheet of 10 stamps showing an image of the late actress Audrey Hepburn fetched 430,000 Euros at a charity auction in Berlin on Saturday, proving her magic is still very much alive.
■チェック!

・rare  珍しい
・fetch  ~で売れる
・prove  ~だと証明する
■対訳

「オードリー・ヘプバーンの切手、43万ユーロで落札」

女優の故オードリー・ヘプバーンのイメージを使ったレアな10枚つづりの切手シートが、土曜日にベルリンで慈善オークションにかけられ、43万ユーロ(約4850万円)で落札された。
ヘプバーンの魅力が現在も全く損なわれていない証である。
■訳出のポイント

rare は 「めったにない」 「珍しい」 「稀有な」 という形容詞。

最近では、コレクターのアイテムなので、非常に珍しいもののことを「レアもの」 などというようになっていますね。

そこで、今日の本文でも 「レアな切手」 としています。

fetch はオークション関連のニュースでしばしば登場する動詞で、後ろに値段を示す数字・単語を伴って、「~で売れる」 の意味です。

通常 fetch ~ at an auction という形で 「~で落札される」ということです。

late は 「遅い」 という形容詞としてよく知られていますが、今日のように名前の前につくと 「故~」 になるので、再確認しておきましょう。

alive は 「生きている」 という形容詞で、ここから 「生き生きしている」とか 「有効である」 などの意味にも使われます。

そこで、her magic is still very much alive は 「彼女の魅力は今もしっかり有効である」 → 「彼女の魅力は現在も全く損なわれていない」ということです。

今回競売にかけられた切手は、ドイツ郵政省が2001年に印刷したもの。

当時1400万枚刷られましたが、後にヘプバーンの息子が 「写真は修正されていて母のイメージを損ねるもの」 として写真使用許可を取り消し、切手の破棄を求めたそうです。

このとき破棄されずに残された切手シートは世界で3枚だけで、ドイツ財務省とドイツ郵便博物館が1枚ずつ保存しています。

そして、今回競売にかけられたのは、息子が写真使用許可申請のために受け取っていたという3枚目。

売上金は国連児童基金(UNICEF) とオードリー・ヘプバーン子ども基金に寄付されるということです。
■編集後記

切手コレクションの世界には全く無知です。
ところでかつて最高額で落札された切手を調べてみると、6億8000万円という数字を見つけました。

http://media.yucasee.jp/posts/index/3454

これが実際いくらで落札されたのかは開示されてません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Tre_Skilling_Yellow

なんともすごい世界があるものです。

上記URLに出てくる世界一の切手コレクター、フィリップ・フェラーリ氏についてはこちら。

http://en.wikipedia.org/wiki/Philipp_von_Ferrary

公爵の息子として生まれ、職業、stamp collector だそうです。

(裏)夜起きてリビングにいくと寒いです。
秋。
秋といえば温泉。温泉にいくか!


『ヤワラちゃん』が現役引退へ: 政治に専念

Yawara-chan to Retire from Judo for Politics

Japanese Judo superstar and a member of the Upper House, Ryoko Tani held a press conference on Saturday to officially announce her retirement from judo to pursue her political career.

■チェック!

・retire from    ~から引退する
・hold a press conference  記者会見を開く
・member of the Upper House  参院議員
・pursue one’s political career   政治活動を追及する

■対訳

「『ヤワラちゃん』が現役引退へ: 政治に専念」

日本柔道界のスーパースターで参院議員の谷亮子氏が土曜日に記者会見を開き、政治活動に専念するために柔道選手として現役から退くことを正式に発表した。

■訳出のポイント

retire は 「引退する」 「退職する」 という頻出重要動詞。

retire from ~ で 「~から引退する」 なので、retire from judo で「柔道から引退する」 → 「柔道選手として現役から退く」 となります。

また、タイトルの for politics は 「政治のために」 の意なので、Yawara-chan to Retire from Judo for Politics を直訳すると「ヤワラちゃん、政治のために柔道から引退へ」。

つまり、”ヤワラちゃんが、政治に専念するために現役引退へ”ということです。
また、本文では retire の名詞形 retirement が使われていますが、こちらの場合も retirement from ~ という形で 「~からの引退」「~から退くこと」 です。

そして announce one’s retirement は 「引退を発表する」 という言い方。

今日の場合は 「公式に」 「正式に」 という副詞 officially が加わっているので、「引退を正式に発表する」 となります。

pursue はもともと 「追う」 「追跡する」 という動詞。

また 「追い続ける」 → 「続行する」 という意味にもなります。

ここでは、pursue her political career で 「政治キャリアを追及する」。

したがって、 officially announce her retirement from judo to pursue her political career の部分は、「政治キャリアを追及するために柔道選手として現役を退くことを正式に発表する」 →「政治活動に専念するために柔道選手として現役引退を正式に発表する」ということです。

柔道女子48キロ級で2000年シドニー、2004年アテネ五輪と連続金メダルを獲得した “ヤワラちゃん” こと谷亮子選手が現役引退を発表したニュース。

今年7月に民主党員として参院議員に当選して以来、政治家としての活動と柔道との両立の難しさが、折に触れて取りだたされてきましたが、政界でスポーツの振興・環境づくりに尽力したい、ということで現役引退を決断したようです。
■編集後記

今はもはや死語かもしれませんが、「成田離婚」とは新婚さんカップルが海外に新婚旅行に行く直前に成田空港でやっぱり別れる、として離婚するものだとずっと思っていたのだが、実は、新婚旅行で海外に行った夫婦が旅行先でいろいろなトラブルがあって、もめて結局、帰国した成田で別れるケースのことを言うのだ、と知人から教えてもらって驚いた。

勘違いして意味を間違っていた日本語って意外にたくさんあります。
そんな例のひとつです。

さて成田離婚ですが、よくあるケースというのが旦那の語学力不足。

土産物屋で英語で言いくるめられて高い買い物をさせられたとか、レストランで食べたいものを注文できないとか。。

渡航先でのトラブルをスムーズに解決できない旦那の能力不足に、嫁が愛想を尽かすわけですね。

やはり最低限の英会話能力ってぜったい必須ですよ。。
そのためにもこの無料小冊子をおすすめします。

この無料冊子、ほしい人がたくさんいて、口コミで広がっています。
無料なので書店で購入することはできません。

TOEIC試験の一週間前にこの小冊子を読むだけで、本番ではすごい効果があった、という感謝メールをたくさんいただいています。

で、東京SIMさんに再入荷をお願いしました!早速金曜日に本メルマガ用に250冊確保完了!先着250名限定の無料小冊子なので、持ってない方はこの機会に必ず入手してください。

http://tokyo-sim.com/sb_eij/

(裏)米ゴルフでロコメディエイトが8年ぶりの優勝!
週末のゴルフは韓国が日本を制圧。


スポンサーリンク
1 2