2011年09月 一覧

スイス、全原発閉鎖へ

Switzerland to Shutter All Nuke Plants

The Swiss parliament’s upper chamber on Wednesday approved a plan to phase out nuclear energy, decommissioning all of its five nuclear power plants by 2034.

■チェック!

・shutter  閉鎖する
・parliament’s upper chamber  議会の上院
・approve  可決する
・phase out  段階的に減らす
・decommission  廃炉にする

■対訳

「スイス、全原発閉鎖へ」

スイス議会の上院は水曜日、原子力エネルギーを段階的に減らし、2034年までに原子力発電所5基すべてを廃炉にする方針を可決した。

■訳出のポイント

shutter はもともと「よろい戸」「雨戸」を意味する名詞。

ここから、商店や車庫などの開口部の覆いである「シャッター」、あるいはカメラの「シャッター」の意味にもなっています。

ただし、今日のタイトルは、名詞から転じて動詞となった shutter として登場。

「シャッターを閉める」の意から、店などがシャッターを下ろして「休業する」「閉鎖する」ということです。

nuke は nuclear の省略形なので、nuke plants = nuclear plants で「原子力発電所」。

そこで、shutter all nuke plants は「すべての原子力発電所を閉鎖する」ということです。

approve は「承認する」「認可する」の意でよく知られる動詞ですが、議会などが主語にきている場合は、日本語の「可決する」に当たる語となるので注意しましょう。

phase は「星の出現」や「月の位相」を意味するギリシア語 phasis が語源。

そこで、変化する物や状態の「ひとつの姿」、発達や変化の中の「段階」「時期」といった意味の名詞です。

そして、動詞としては「~を段階的に行う」の意味になります。

したがって句動詞 phase out は「段階的に遠ざける」→「段階的に停止(廃止・除去・削減)する」ということです。

よって phase out nuclear energy は「原子力エネルギーを段階的に減らしていく」。

日本語にもなっている「コミッション」の語源である commission は、「手数料」「歩合」といった意味で知られているかもしれません。

もともとは「委任」「委託」の意味で、ここから「権限(任務)を与える」などの意の動詞としても用いられ、新しい工場・設備などを「稼働させる」「機能させる」という意味にもなります。

decommission はこの動詞 commission の前に反対の意味を表す接頭辞 de- がついたもの。

主に原子炉などを「解体する」「閉鎖する」ときに用いる動詞となっています。

つまり、日本語の「廃炉にする」にあたる語です。

スイス政府は、3月の福島第1原発事故を受けて、すでに原発の新規建設計画を凍結しています。

そして、現在国内に5基ある原子力発電所を2034年までに段階的に廃炉にするという政府勧告案が、6月の下院に続いて今回は上院で可決されたというニュースです。

現在スイスの原子力エネルギーは全体の4割を占めており、脱原発による不足を補うため、政府は hydropower 「水力発電」と recyclable energy 「再生可能エネルギー」の開発を進める方針。

また、必要とあれば電力輸入、あるいは温室効果ガス削減目標に配慮しつつ化石燃料への回帰も検討するということです。

■編集後記

Shutter Island というマーティン・スコセッシ監督、ディカプリオ主演の映画があり、これは2010年のベスト5に個人的に入っているのですが、この shutter も閉鎖された という意味ですね。
閉鎖された島。すなわち精神病の患者を収容する監獄島なんですね。
ものすごい映画です。
ご覧になってない方はぜひ!
http://amzn.to/ro7Q8f
(裏)最高の季節ですね。
窓を開けて仕事ができるって最高です。


上海地下鉄で衝突事故、270人が負傷

Shanghai Subway Train Crash Injures 270

A Shanghai subway train has rear-ended the another train and injured more than 270 passengers, reawakening concerns about China’s hasty rail building plans only two months after a collision between two high-speed trains.

■チェック!

・crash ( = collision) 衝突(事故)
・rear-end ~に追突する
・reawaken 再燃させる
・hasty rail building plans 性急な鉄道計画

■対訳

「上海地下鉄で衝突事故、270人が負傷」

火曜日、上海の地下鉄列車が別の列車に追突し、乗客270人以上が負傷。
高速鉄道の衝突事故からわずか2ヶ月後のできごとに、中国の性急な鉄道計画に対する懸念が再燃している。

■訳出のポイント

rear は 「後方(の)」 で end が 「端」 「先端」 なので、rear end で「後部」 です。

通常、列車など車両の 「後部」 「後尾(部)」 を指します。

今日は、この rear end が動詞化したrear-end として登場。

意味は 「(車両の後部に)追突する」 です。

reawaken は 「目を覚まさせる」 「呼び起こす」 という動詞 awaken の前に「再び」の意の接頭辞 re- がついたもので、「再び呼び覚ます」「再び呼び起こす」 → 「再燃させる」 ということです。

hasty はもともと 「急いだ」 「迅速な」 という形容詞。

ここから、否定的なニュアンスが伴うような、「早まった」 「性急な」「せっかちな」 といった日本語に当たる語としても、しばしば使われます。

そこで、China’s hasty rail building plans 「中国の性急な鉄道計画」の部分の hasty にもこのようなニュアンスが含まれていることを読み取っておきましょう。

カンマ以下の文後半 reawakening concerns about China’s hasty rail building plans only two months after a collision between two high-speed trains の部分を直訳すると

「ふたつの高速鉄道列車2台の衝突事故のわずか2ヶ月後に、中国の性急な鉄道建設計画に対する懸念を再燃させる」となります。

対訳では、この部分を独立させて、

「高速鉄道の衝突事故からわずか2ヶ月後(のできごとに)、中国の性急な鉄道建設計画に対する懸念が再燃している。」

としているわけです。

2008年の北京五輪、2010年の上海万博という大イベントに合わせ、中国では国家の威信をかけて両都市の地下鉄整備を含む公共交通網整備が猛スピードで進められました。

そして起こったのが、我々の記憶にも新しい7月の高速鉄道衝突事故。

このときには、安全性よりも成長速度を優先する(と思われる)中国の鉄道政策に対して、内外の懸念・批判が沸騰しました。

その後中国政府は 「発展より安全」 のアピールに努めてきただけに、今回の地下鉄事故は大きな打撃となりそうです。

■編集後記

日本の鉄道事故は減ってはいますが、高度成長期などは特に多かった。
主なものに、
・桜木町事故(1960年) 東海道本線桜木町駅構内で、車両火災が発生、死者106人、負傷者92人。
・鶴見事故(1963年)東海道本線、鶴見駅~新子安間で脱線した貨物列車に電車衝突。死者161人、負傷者120人
最近では、
・地下鉄日比谷線脱線事故(2000年) 中目黒付近のカーブで脱線。死者5名、負傷者64名
記憶に生々しいのは
・福知山線脱線事故(2005年)塚口駅~尼崎駅間のカーブで超加速度運転が原因で脱線。死者106名、負傷者562名。

上記鉄道事故、いずれのケースも人災です。
中国は短期間で2つの事故が発生したが、決して他人ごとではありません。
(裏)なんか最高の天気です。
秋晴れ?今日から長袖出勤です。


サウジ、女性へ選挙権

Saudi Women Given Right to Vote

Saudi Arabia will allow women to vote and run as candidates in the next nationwide local elections for the first time, King Abdullah announced on Sunday.

■チェック!

・right to vote  投票権、選挙権
・allow 人 to V  人がVすることを許す、認める
・run as candidates  (選挙に)立候補する
・nationwide local elections  統一地方選挙

■対訳

「サウジ、女性へ選挙権」

サウジアラビアは、次回の統一地方選挙で初めて女性の投票および立候補を認める。
アブドラ国王が日曜日に発表した。

■訳出のポイント

right は 「正しい」 あるいは 「右の」 という形容詞として知られる語。

名詞としては、「正しいこと」 「正当」 「公正」 という意味にもなりますが、「権利」 の意味でも頻出なのでしっかり確認しておきましょう。

そこで、 right to vote は 「投票する権利」 → 「投票権」 「選挙権」ということです。

今日のタイトルは Saudi Women (Are) Given Right to Vote と be 動詞を補って考えてください。

つまり、「サウジの女性に選挙権が与えられる」 ということです。

candidate の語源は 「白衣を着た人」 という意味のラテン語 candidatus 。

ローマ時代に執政官選挙の候補者は白衣を着たことから、職や地位などに対する 「立候補者」 「推薦候補」 という意味に使われる語となっています。

また、「走る」 の意で最も知られる基本動詞の run ですが、主に米国では選挙などで 「立候補する」 「選挙に出る」 という意味でよく使われます。

したがって、 run as candidates は 「立候補者として出る」 「立候補する」ということです。

動詞 allow は 「許す」 「許可する」。

allow 人 to V という形で 「人にVすることを許す、認める」という言い方になります。

今日の場合は、人は women ですが、 V がふたつ並列している形になので要注意です。

すなわち vote と run as candidates の両方が V にあたるわけです。

そこで、allow women to vote and run as candidates は「女性が投票し立候補することを許す」 → 「女性の投票および立候補を認める」となります。

サウジアラビアは厳しい戒律を持つイスラム教ワッハーブ派の国。

イスラム法による統治を原則とするこの国では、成文憲法も国会もありません。

地方議会選挙は1963年に初めて実施されてから2005年まで全く行われませんでした。

2009年に予定されていた3回目の選挙は延期を繰り返し今月29日にようやく実施の見込み。

立候補・投票とも男性限定で、女性の参加が実現するのは2015年の4回目以降になるということです。

女性による自動車の運転は禁止、公共の場での親族以外の男女同席も禁止など、男性を中心とした保守的社会制度が敷かれるサウジアラビア。

周辺アラブ諸国で 「アラブの春」 と呼ばれる民主化運動が広がる中、さすがに super-conservative 「超保守的」イスラム国家のサウジも”改革” に踏み切った形でしょうか。

■編集後記

厳格なイスラム教徒の国、サウジアラビアでは女性が一人で外に出ることも車を運転することも、夫の許可なく銀行口座を開設することも禁じられているという。。
大学卒業後の女性の就職率は15%だという。。
そのような国が女性に参政権を認めたというのは歴史的な快挙ですね。。
ただ、本来、イスラムでは女性は守るもの、という文化があるので、これを性差別と観るのは西側の文化に住む僕らだからなのか??
(裏)10月に非常識な生活習慣について書いた本を出します


パナソニックオープン、平塚哲二が優勝

Tetsuji Hiratsuka Wins Panasonic Open

Japan’s Tetsuji Hiratsuka came from four shots behind to win the Asia-Pacific Panasonic Open on Sunday.

■チェック!

・come from behind to win 逆転優勝する

■対訳

「パナソニックオープン、平塚哲二が優勝」

日曜日、日本の平塚哲二が4打差から逆転して、アジアパシフィック・パナソニックオープンを制した。

■訳出のポイント

come from behind は直訳すると 「後ろからやってくる」。

ここから、競争やスポーツなどで 「追い上げる」 という意味でも使われる表現となっています。

そこで、 come from behind to win だと 「勝つために追い上げる」→ 「追い上げて勝利する」 → 「逆転勝利(優勝)する」 という言い方。

今日の本文では、さらに four shots 「4打(差)」という表現が加わっています。

つまり come from four shots behind to win で、「4打後ろからやってきて勝利する」 → 「4打差から逆転勝利する」ということです。

ゴルフ日本ツアー、アジアパシフィック・パナソニックオープン最終日、首位と4打差の6位から出たベテラン平塚哲二選手(39歳)が、見事逆転優勝を飾ったニュースです。

平塚選手、今回は2年ぶりのVで、ツアー通算6勝目となりました。
■編集後記

平塚哲二プロ、2年ぶりの優勝おめでとう!
彼は国内ばかりでなく、アジアツアーでアジア各国をまわりプレー、今季からは欧州ツアーにも参戦しています。
で彼のブログを見てみると、全然更新されてなかったですが、今年7月、フランスオープンの時のブログを観ると、「いろんな選手に話しかけられても…喋れません。アイム ソーリー!!」

やはりコミュニケーションの要である英語は苦手みたいです。

ま、青木功のように単語の羅列だけでも完全に米国文化に溶け込んでいる特異な人もいますが、最近、外国で活躍するプロスポーツ選手は、みな一生懸命英語を勉強しています。

本当に細かいトラブルでも意思表明をしっかりできないと、大きなストレスを抱えることもあるからですね。

僕は先週、グアムに滞在していました。
グアムは日本語通じるから全く英語を話せない観光客も多いです。
しかし、英語ができると抱えなくてもよいストレスを回避することができます。

実際にあった話ですが、ホテルのコインランドリーで洗濯をしようと思って、服と洗剤を投入して、クオーター(25セント)を6枚いれたが、動かない。。
壊れている。

僕は廊下を歩いていたスタッフを呼び止めて、事情を説明し、無事、リファンドを受けました。
こういう特殊な状況は一般的な旅行会話の日本語しか知らない現地スタッフは、もし日本語で説明されたらさぞ困ったことでしょう。

帰りの日、昨日ですが、空港のコンチネンタル航空のラウンジで、ここは、お酒をカウンターで店員に注文する方式なんですが、どこぞのおっさんが「ブラックラベル!ブラックラベル!」を要求していましたが、店員が「what?? what??」と困惑していたので、たまたま隣にいた僕が「ブラックレィボ」と言い直してあげました。
(ただし最後に小さくLの発音が入ります)。

label の発音は知らないと「ラベル」になっちゃいますね。

このコンチネンタル航空のラウンジは酒瓶が陳列されてないから指で指し示すこともできなかったわけです。

label の日本人発音「ラベル」これってネイティブが聞くと「ダベドゥ」なんですよ。

日本人の「La」の発音は da に近いのです。

このように外国の中で一番日本語が通じると思われるグアムにおいても日本人の発音のクセを知らない店員にあたるとかなり悲惨な目にあることが多いと思います。

となるとやはり英会話の基礎的なスキルは必ず身につけておきたいもの。できればTOEICで800点はクリアしておきたいです。
(裏)この一週間で日本は夏から秋に。
涼しくてビックリ


台風 『ロウキー』 が日本上陸、死者6人に

Typhoon Roke Lands in Japan, Kills 6

Powerful typhoon Roke has struck disaster-ravaged Japan, bringing heavy rains, strong winds, and floods that have killed six people so far.

■チェック!

・land  [動詞]上陸する
・disaster-ravaged  災害で破壊された
・flood  洪水
・so far  今までのところ

■対訳

「台風 『ロウキー』 が日本上陸、死者6人に」

強い台風 『ロウキー』 が災害で疲弊する日本を襲い、大雨、強風、洪水をもたらした。
これまでに6人が死亡している。

■訳出のポイント

台風のアジア名については、先日詳しい説明をしました。

今回日本を襲った台風15号のアジア名は Roke 「ロウキー」で、米国の男性名からつけられたものです。

land は 「陸地」 あるいは 「土地」 という名詞としてよく知られる語。

ただし、今日は動詞として登場しているので注意しましょう。

動詞 land は 「上陸する」 「着陸する」 などの意です。

そこで、タイトルの Typhoon Roke Lands in Japan は「台風 『ロウキー』 が日本に上陸する」 ということです。

ravage は 「~を破壊する」 「~を荒廃させる」 という動詞。

したがって、その過去分詞 ravaged を用いた連結語 disaster-ravaged は「災害で破壊された」 「災害によって荒廃(疲弊)した」という意味になります。

つまり、disaster-ravaged Japan は、3月の地震・津波で大きな被害を受け、未だ完全に復興していない日本のことを表現しているわけです。

heavy というと即 「重い」 という訳が浮かぶかもしれません。

しかし、おなじみの基本的な形容詞 heavy は、今日の heavy rain 「大雨」のように、「激しい」 「猛烈な」 というニュアンスでもしばしば使われます。

例えば、 heavy traffic 「激しい交通」 → 「交通混雑」 といった具合です。

今年は台風の当たり年でしょうか?

台風15号は中部地方に大雨・洪水・土砂崩れなどをもたらした後、関東・東北へと進路を取り本州縦断の気配・・・今後も被害が心配です。

■編集後記

台風でJRが止まって品川駅や渋谷駅では帰宅困難者が続出したと、ニュースで見ました。
交通網が遮断されると都市機能は完全に麻痺してしまいます。
自然の猛威の前には近代的なテクノロジーや社会システムは全くの無力であることを思い知らされます。
(裏)今日からパナソニック。
石川がんばれ!


日本最大の防衛契約企業、サイバー攻撃受ける

Japan’s Biggest Defense Contractor Hit by Cyber Attack

Japan’s biggest defense contractor, Mitsubishi Heavy Industries confirmed on Monday that dozens of its computers and servers had been infected with information stealing malware in a cyber attack.

■チェック!

・defense contractor  防衛請負企業、防衛契約企業
・infect  感染させる
・information stealing malware  情報を盗むマルウェア

■対訳

「日本最大の防衛契約企業、サイバー攻撃受ける」

防衛契約企業の日本最大手である三菱重工は月曜日、サイバー攻撃でコンピュータおよびサーバー数十台が情報を盗むためのマルウェアに感染したことを認めた。

■訳出のポイント

contractor は 「契約する」 「~(すること)を請け負う」 という動詞 contract に 「~する人」 という接尾辞 -or がついたもので、「契約者」 「請負人」。

ただし、個人のみでなく機関や企業のことも指すので、その場合は「請負業者」 「請負企業」 「契約企業」 といった意味になります。

今日の場合も、三菱重工という会社のことを指して Japan’s biggest defense contractor といっているので
「日本最大の防衛契約企業」 → 「日本の防衛契約企業最大手」ということです。

confirm は 「確かめる」 「確認する 」という意味でよく知られる動詞。

英字新聞では、すでにある程度知られていることを 「追認する」あるいは 「(認めて)正式に発表する」 というニュアンスでもしばしば登場します。

ここでもサイバー攻撃について当事者の三菱重工が「正式に認めて発表した」 という意味になっています。

dozens of ~ は直訳すると 「数ダースの~」。

ただし、日本語にはこういった表現でダースという単位を使う習慣はなく、1ダース=12なので、意味的には 「数十の~」 とほぼ変わらないことから、通常は 「数十の~」 「多数の~」 と訳されます。

malware は malicious software が省略された語です。

malicious 「悪意のある」 「意地の悪い」 という形容詞なので、malicious software は 「悪意なソフトウェア」 の意。

ウイルスやスパイウェアなど、コンピュータ、サーバー、あるいはコンピュータネットワークに被害を起こすよう設計されたソフトウェア全般を指して、一般的に使われる語となっています。

日本語では 「マルウェア」 あるいは 「悪意のあるソフトウェア」「破壊工作ソフトウェア」 ともいわれます。

そこで、information stealing malware で 「情報を盗むためのマルウェア」。

日本最大の防衛部門を抱える三菱重工業がサイバー攻撃を受けた事件で、警視庁はスパイ事件の可能性もあるとして捜査に乗り出すようです。
三菱重工によると、同社 「神戸造船所」 など計11カ所の拠点でサーバーおよびコンピュータ計83台でウイルス感染が確認されました。

感染は潜水艦・原子力発電所・ミサイルの製造拠点などに集中しているそうで、警視庁はスパイ事件の可能性もあるとして捜査に乗り出す構えです。

一方では、人事院などの政府系サイトも攻撃を受けて閲覧が一時困難となる事態も発生。

日本でもサイバー攻撃、サイバーテロに対する攻防の時代が幕を開けたのかもしれません。

■編集後記

台風15号、本日夜には時速60キロに加速して、東北地方に達するスピードで北上をするようです。
大雨、土砂崩れなどに十分警戒してください。
鉄道など止まる可能性がありますので夜には予定をいれないほうが懸命です。
(裏)いま、グアムに来ています。
シェラトン、ネットが速くてグッド。


ヒマラヤで地震、50人が死亡

Himalayas Quake Kills 50

At least 50 people were killed and more than 200 injured after a magnitude 6.9 earthquake shook north-eastern India, Nepal and Tibet on Sunday.

■チェック!

・quake (= earthquake)  地震
・Himalayas  ヒマラヤ(山脈)

■対訳

「ヒマラヤで地震、50人が死亡」

日曜日にインド北東部、ネパール、チベットをマグニチュード6.9の地震が襲い、これまでに少なくとも50人が死亡し、200人以上が負傷している。

■訳出のポイント

quake はもともと人が恐怖や寒さなどで 「震える」 「おののく」 「身震いする」という動詞で、文語では地面などが 「揺れる」 「振動する」という意味でも使われます。

ここから、earthquake 「地球が振動すること」 → 「地震」 という語が生まれました。

そして、現在では quake はこの earthquake の略語として、口語で「地震」 を意味する名詞にもなっています。

shake は 「振る」 「揺さぶる」 という意味で、転じてカクテルなどを「シェイクする」 という意味にもなっている動詞。

今日のように、地震がある地域を “揺さぶる” “震動させる” →「地震がある地域を襲う」 という文脈でもしばしば使われます。

そこで、今日の本文を直訳すると

「日曜日にインド北東部、ネパール、チベットをマグニチュード6.9の地震が襲った後、少なくとも50人が死亡し、200人以上が負傷している」。

対訳では、

「発生した後、少なくとも50人が死亡し・・・」 の部分を、

「発生し、これまでに少なくとも50人が死亡し・・・」

としています。

今回地震が発生したのは、ネパールの国境が近いインドの北東部の山岳地帯。

インドとネパールの広い範囲で揺れが観測され、倒壊した建物の下で押しつぶされるなど、両国にチベットを加えた死亡者数は50人を超え、負傷者も200人以上に上っているということです。

現地は陸の孤島ともいうべき険しい山岳地帯で情報収集が困難な上、土砂崩れ landslides で道路が寸断されている所もあり、救助・救援活動は難航・・・

犠牲者数はさらに増えることが懸念されています。

■編集後記

ヒマラヤ山中の地震、悪天候に加え通信手段が途絶えて救援部隊が入れないエリアが広範囲に広がっており救助が進まないようです。
死者の数はさらに増える可能性が高いとのこと。
日本では耐震、免震構造の建物が増えてますが、世界の他の地域では地震対策が遅れているところも多く、そういう地域が大きな地震に襲われると被害も大きくなります。
救助活動が進むことを!

(裏)米国女子ゴルフ16歳が5打差をつけて優勝。
すごい!


脱北者ら、韓国移送へ

North Korean Defectors to Be Sent to South

Nine North Korean refugees who were found on a small boat off the Noto Peninsula in the Japan Sea on Tuesday will be transferred to South Korea in line with their request, the Japanese government said.

■チェック!

・North Korean defector (refugee)  脱北者
・Noto Peninsula  能登半島
・transfer 移送する
・in line with  ~に沿って

■対訳

「脱北者ら、韓国移送へ」

火曜日に日本海の能登半島沖で、小型船に乗っているのを発見された脱北者9人は、当事者らの希望に沿う形で韓国へ移送される予定だと日本政府が伝えた。

■訳出のポイント

defector は、「離脱する」 「離反する」 「逃亡する」 という動詞 defect に「~する人」 という接尾辞 -or がついたもので 「離脱者」 「離反者」 「逃亡者」。

ここから、特定の国からの 「亡命者」 という意味でもよく使われる語です。

refugee の方はもともと戦争や災害などによる 「避難民」 「難民」 の意。

ここから、政治的・宗教的な理由による 「亡命者」 にも用いられます。

したがって、North Korean defector および North Korean refugee はどちらも 「北朝鮮(から)の亡命者」 ということです。

もちろん、defector (refugee) from North Korea といっても全く同じですが、新聞記事は一語でも少なくてすむ表現が好まれるので、North Korean defector (refugee) となっているわけです。

また、日本語では 「北朝鮮からの亡命者」 という場合、簡潔に 「脱北者」ということが慣習になっています。

今日の対訳でも 「脱北者」 としています。

タイトルについては North Korean defectors (are) to be sent to South (Korea)と ( )の部分を補って考えましょう。

be to V は 「Vするつもりである」 「Vすることになっている」 という表現。

したがって、「脱北者らは南朝鮮(=韓国)に送られることになっている」→ 「脱北者らは韓国へ移送されることになっている」。
in line with ~ は 「~と一致して」 「~と合致して」 という言い方。

そこで in line with one’s request で 「~の依頼(要求・希望)と合致して」→ 「~の希望に沿って」 ということです。

石川県・能登半島沖で保護された9人は、やはり脱北者だと確認されました。

9人は韓国への渡航を希望しており、日本政府は脱北の経緯などを把握したうえで韓国政府と正式に協議入りする方針。

韓国政府は受け入れに前向きな姿勢を見せていることから、9人は希望どおり韓国に移送されることになりそうです。
■編集後記

脱北者らが乗ってきたのは小型の木造船。
全長8メートル。この船で無事日本海を渡ってきたのは専門家らによれば幸運だったとのこと。
外洋の大きな波を受けると簡単に転覆するようなものらしいです。
男性3名、女性3名、さらに子供3名(男の子)、合計9名。
命がけで亡命してきているわけですね。韓国で彼らはどのように生きるのか興味があるところです。
脱北者のコミュニティのようなものがあるのでしょうか。。
(裏)残暑というよりも猛暑。
偏西風の北上が遅れているとのことです。


慢性疼痛の遺伝子を特定

Gene for Chronic Pain Identified

Researchers at the University of Cambridge have discovered a gene responsible for chronic pain, a finding that could open the door to better medications for long-lasting back pain, arthritis, and headaches.

■チェック!

・gene  遺伝子
・chronic pain  慢性痛、慢性疼痛
・(be) responsible for ~に関与する
・medication  薬物(治療)
・arthritis  関節炎

■対訳

「慢性疼痛の遺伝子を特定」

ケンブリッジ大学の研究者らが、慢性疼痛に関与する遺伝子を発見した。
この発見によって、長期に渡る腰痛、関節炎、頭痛などに対する、よりよい薬物治療への扉が開かれるかもしれない。

■訳出のポイント

chronic の語源は、「期間の」 「長期の」 というギリシア語 chronikos 。

ここから、とくに病気について 「長期の」 → 「慢性の」 という意味で使われる形容詞となっています。

responsible は response 「対応」 「返答」 という名詞の後ろに「~できる」 という接尾辞 -ible がついたもので、「(責任をもって)返答できる」 → 「責任がある」 という形容詞。

そして、「~に責任がある」 → 「~の原因である」 というニュアンスでも使われます。

(be) responsible for ~ で 「~に対して責任がある」 →「~の原因である」 「~に関与している」 という言い方になります。

したがって、 gene (which is) responsible for chronic pain で「慢性痛に関与している遺伝子」 です。

open the door は文字通り 「扉を開ける」 「ドアを開ける」。

ただし、日本語と同様、新しい可能性の “扉を開ける”、つまり「チャンスを与える」 (= open up the possibility) という意味でもしばしば使われる表現なので、その点も確認しておきましょう。

今回 「サイエンス」 誌に発表されたこの研究では、マウスの痛みを感じる神経から HCN2 と呼ばれる遺伝子を取り除いたところ、マウスは慢性痛を全く感じなくなったといいます。

ただし、acute pain 「急性の痛み」 「急性疼痛」 に影響はなかったそうです。

研究者らは、将来的にはこの HCN2 遺伝子が作り出すタンパク質をブロック(阻害)することで慢性疼痛を緩和する新薬を開発できる、と期待しています。

■編集後記

報道によれば日本のFacebookのアクティブユーザーが月間500万人を越えたとのこと。
Facebookは実名、顔出しが基本ですが、20代の人たちに実施したあるアンケートによれば88%が抵抗があるということです。
悪用されるのが怖いとのことです。もしFacebookがニックネームOKで顔を出さなくても良いとなるともっとユーザーは増えるでしょうが、Facebookの良さが失われることは間違いありませんね。。
(裏)なんか残暑というより猛暑ですよ。。
今日はゴルフコンペ!


仏核施設で爆発、1人死亡

Blast at France Nuclear Site Kills One

One person was killed and four injured in an explosion at the Centraco low-level radioactive waste treatment site in Marcoule, France on Monday. Officials said there was no risk of a radioactive leak after the accident.

■チェック!

・blast (= explosion)  爆発
・radioactive waste treatment site  核廃棄物処理施設
・radioactive leak  放射性物質の漏えい

■対訳

「仏核施設で爆発、1人死亡」

フランスのマルクールにあるセントラコ低レベル核廃棄物処理施設の爆発で、1人が死亡し、4人が負傷した。当局によると、事故後に放射性物質漏えいの危険性はないという。

■訳出のポイント

site は 「敷地」 「場所」 「用地」 という名詞。

広義で日本語の 「施設」 に近いニュアンスで使われる語でもあります。

そこで、今日のタイトルの nuclear site は 「核施設」。

また、本文の radioactive waste treatment site は 「核廃棄物処理施設」になります。

waste はもともと 「消耗する」 「浪費する」 「(むだに)使う」 という動詞で、ここから不要品として 「廃棄する」 「捨てる」 「処分する」 の意にもなります。

そして、同形の waste で名詞にもなるので、生産過程で生じる 「廃棄物」「くず」 「ごみ」 といった意味でもよく使われる語となっています。

industrial waste で 「産業廃棄物」、nuclear waste で 「核廃棄物」ということです。

radioactive は 「放射性の」 「放射能の」 という形容詞なので、radioactive waste だと 「放射性廃棄物」 すなわち 「核廃棄物」 と同意になります。

official 「公務員」 「役人」 を複数形 officials は、とちょうど日本語の 「当局」 に当たる語になります。

英字新聞頻出の重要表現のひとつなので、しっかり再確認しておきましょう。

今回の現場は、日本人観光客も多い観光地アビニョンから北へ20キロ足らず。

爆発は低レベルの金属製核廃棄物約4トン(約6万3000ベクレルに相当)を溶融炉で溶かす過程で発生したといいます。

溶融炉は建屋内にある遮へいされた空間に設置されており、爆発で遮へい壁が吹き飛んだものの、建屋自体に大きな損傷はなかったと報告されています。

ただ、死亡した1人の遺体は完全に炭化していたということから、爆発のすごさが想像されます。

爆発で起きた火災は、発生から約30分後には鎮圧され、仏原子力庁は、施設外への放射性物質の漏えいはないと発表しています。

■編集後記

福島原発の事故から半年で今度はフランスで事故。放射能漏洩はないといっても原発の安全性神話は完全に崩壊しています。
一方、みんなが節電に励めば、電力の消費量は抑えられることを証明したわけですから洋上風力発電などにどんどん切り替えていければ。。
政府の計画によれば2013年度から福島沖に洋上風力発電施設の建築に着手、2020年には海の上に巨大な風車が60~120基並び、約30万キロワットを発電するとのこと。。

http://tenbou.nies.go.jp/learning/note/theme3_3.html
スカンジナビアの洋上風力発電所の写真があります。

(裏)考えてみれば週末からシルバーウイークですね。。


スポンサーリンク
1 2