2017年05月 一覧

ノートPC の国際線機内持込を全面禁止か

US ‘Might’ Extend Cabin Laptop Ban to All International Flights

Banning laptops from cabin baggage on all international flights to and from the US could be part of a new security measure, Homeland Security Secretary John Kelly said.

■チェック

・extend  広げる、拡大する
・cabin laptop ban  ノートパソコンの客室(機内)持ち込み禁止
・cabin baggage  機内持ち込み荷物
・security measure  安全対策、セキュリティー対策 
・Homeland Security Secretary  【米国】国土安全保障長官

■対訳 

「米国、ノートPC の国際線機内持込を全面禁止か」

あらたな安全対策の一環として、米国を発着する国際線でノートパソコン類の機内持込が禁止される可能性があるという。ジョン・ケリー米国土安全保障長官が語った。

■訳出のポイント

extend は 「広げる」 「拡大する」 とういう動詞。

そこで、今日のタイトルは直訳すると

「米国がノートパソコンの機内持込をすべての国際線に拡大する “可能性がある”」

となります。

現在米国では、テロ対策として中東と北アフリカの一部空港からの便についてパソコンなどの持ち込みを禁止しています。

それを、国際線全てに対象を拡大する可能性があるということですね。

対訳では

「米国がノートPC の国際線機内持込を全面禁止する可能性がある」

「米国、ノートPC の国際線機内持込を全面禁止か」

と意訳しています。

タイトルでは ban は 「禁止」 という名詞ですが、「禁止する」 という動詞としても頻出なので注意してください。

今日の本文の頭の banning も、動詞 ban の動名詞ですね。

ban A from B の形で

「A を B から排除する」 「A を B において禁止する」

なので、

banning laptops from cabin baggage 

の部分は

「ノートパソコン(類)を機内(客室)から排除すること」 →

「ノートパソコン類の機内持込を禁止すること」

というわけです。

名詞 measure は英字新聞では 「手段」 「対策」 「処置」などの意で頻出の重要語。

ここでは security measure で 「安全対策」

「セキュリティー対策」 ということです。

つまり、part of a new security measure で

「あらたな安全対策の一環」

となっています。

ケリー米国土安全保障長官が28日、テロ対策強化のために米国を発着する全ての国際線でノート型パソコンなどの持ち込みを禁止する可能性があると述べました。

米政府は現在、中東と北アフリカのイスラム圏8か国の計10か所の空港から米国に向かう直行便を対象に、ノート型パソコンやタブレット端末など電子機器の機内持ち込みを禁止しています。

今後、この禁止措置が全ての国際線に拡大されれば、日本からの渡航者や航空会社も影響を受けることは必至ですね。

■編集後記

よく空港のラウンジにいくと、ノートパソコンを広げて仕事をしている人、SNSを更新している人、映画を見ている人など様々な人がいます。僕はタブレットで本を読みます。まあ、日本からの直行便にはこの持ち込み禁止措置は
ないのでしょうけど、今後テロが活発化したら全ての国際線、国内線で禁止ということもありうるかもしれませんね。

(裏)バタバタと一週間が過ぎていきます・・・


タイガー・ウッズ、飲酒あるいは薬物運転容疑で逮捕

Tiger Woods Arrested on Suspicion of DUI

Tiger Woods was arrested in Florida on suspicion of driving under the influence. The former world number one golfer said alcohol was not involved and he had “an unexpected reaction to prescribed medications.”

■チェック

・(be) arrested on suspicion of ~の疑いで逮捕される
・DUI (driving under the influence) 
                  飲酒あるいは薬物影響下の運転
・involved     関係している
・unexpected reaction to    予期せぬ反応
・prescribed medications    処方された薬

■対訳 

「タイガー・ウッズ、飲酒あるいは薬物運転容疑で逮捕」

ゴルフ元世界ランク1位のタイガー・ウッズが、飲酒あるいは薬物影響下で自動車を運転した疑いで、フロリダ州で逮捕された。ウッズはアルコールの関与を否定し、”処方された薬に対する予期せぬ反応” だったと言っている。

■訳出のポイント

DUI は米国では非常によく使われる表現なので、しっかり確認しておきましょう。

本文にあるように

driving under the influence

「影響下での運転」

の略です。

では、何の影響下かというと

driving under the influence of alcohol or drugs

「アルコールあるいは薬物の影響下での運転」

ですね。

つまり、日本でいう 「飲酒運転」 と 「薬物使用運転」 の両方を合わせた言い方になっているわけです。

suspicion は 「疑い」 「疑念」 「疑惑」。

be arrested on suspicion of ~ で

「~の疑いで逮捕される」 「~の容疑で逮捕される」

という言い方です。

involved は 「関係する」 「関わる」 という動詞 involve の過去分詞が形容詞化した語で

「関係している」 「関わりがある」 の意。

そこで、第2文の頭

The former world number one golfer said alcohol was not involved 

の部分は直訳すると

「ゴルフ元世界ランク1位(のタイガー・ウッズ)は、アルコールは関係していなかったと言った」。

つまり

「(ウッズは)アルコールの関与を否定した」

の意味になります。

prescribe はもともと 「指示する」 「命令する」 という動詞。

医学用語では、医者が患者あるいは病気に対して 「処方する」という意味で使われる単語です。

そこで、

prescribed medication だと

「処方された薬剤」 「処方箋薬」

になります。

今日の場合は

prescribed medications と複数形で使われているので、ウッズが複数の薬を処方されていたことがわかりますね。

そして

unexpected reaction to prescribed medications で

「処方された薬に対する予期せぬ反応」

というわけです。

アメリカのプロゴルファーで、元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ選手が、フロリダ州ジュピターで逮捕されました。

飲酒あるいは薬物を使用した状態で車を運転した疑いで、約3時間半拘束された後、釈放されたそうです。

ウッズは元世界ランキング1位で、メジャー通算14勝という素晴らしい成績をあげています。

しかし、その輝かしい活躍の一方で、スキャンダルでも大きな話題に。

2009年にはフロリダ州で起こした自動車事故をきっかけに、女性問題が次々と明るみに出て、一時期はプロゴルファーとしての活動自粛に至りました。

ここ数年はというと、腰などの痛みに悩まされ、先月も手術を受けたばかりでした。

今月24日には、自身のブログで手術の成功を報告すると同時に、復帰への意欲を綴っていました。

■編集後記

一部で警察で撮影されたと思われるタイガーの写真が流出していますが完全に目が泳いでいるというか、うつろというか・・・・はからずも、昨日は宮里藍の引退記事、今日はタイガーの逮捕記事とゴルフ界にとって大きな衝撃となる話題となりました。少し寂しい気もしますが。

(裏)良い天気が続いて朝気持ち良いです・・ワンコの散歩している時など・・


宮里藍、引退を発表

Ai Miyazato Announces Retirement

Ai Miyazato of Japan, former world number one and nine-time LPGA winner, has announced her retirement from the tour at the end of this season.

■チェック

・announce one’s retirement  引退を発表する
・former world number one  元世界ランキング1位
・LPGA (Ladies Professional Golf Association) 
                    (全米)女子プロゴルフ協会

■対訳 

「宮里藍、引退を発表」

元世界ランキング1位で全米女子ツアーで通算9勝をあげた日本の宮里藍選手が、今季限りで引退することを発表した。

■訳出のポイント

announce は 「発表する」 「公表する」 「知らせる」 という動詞。

そして、retirement は 「引退」 なので、

announce one’s retirement で

「引退を発表する」という言い方になります。

タイトルでは、one’s に当たる her が省かれていますが、

Ai Miyazato Announces (Her) Retirement で

「宮里藍が引退を発表する」

ということです。

また、retirement の後ろに from を伴い、

retirement from ~ 

という形だと

「~からの引退」 になります。

そこで、本文後半の

has announced her retirement from the tour at the end of this season

「今季の終わりにおけるツアーからの引退を発表した」 →

「今季限りで(ツアー)引退することを発表した」

というわけです。

world number one は world No. 1 とも記されますが、

「世界ナンバーワン」 → 「世界ランキング1位」」 の意。

former world number one で

「元世界ランキング1位」

ですね。

LPGA は Ladies Professional Golf Association の略。

「女子プロゴルフ協会」 ということですが、通例はアメリカの

「全米女子プロゴルフ協会」

のことを指します。

ただ、日本の 「日本プロゴルフ協会」 も LPGA と称されるので、文脈で判断することになります。

今日の場合は、長年全米女子ツアーで戦ってきた宮里藍選手の話題ですから、

nine-time LPGA winner で

「9回の全米女子プロゴルフ協会(主催ツアー)優勝者」 →

「全米女子ツアーで通算9勝をあげた選手」

ということです。

日本の女子ゴルフを牽引し、世界のトップ選手として長年活躍してきた宮里藍選手が、今シーズン限りで引退するというニュースです。

31歳の宮里藍選手。

高校3年生だった2003年に国内女子プロゴルフツアーで、当時の史上最年少の18歳で優勝して注目を集めました。

2006年から本格参戦したアメリカツアーでは、2009年にツアー初優勝を果たし、2010年には日本選手最多のシーズン5勝を達成し、世界ランキング1位に。

今シーズン限りで引退との発表に、驚きと惜しむ声、そして 「お疲れさま」 の声があがっています。

■編集後記

31歳という若さで現役引退というのは確かに衝撃的です。
まだまだ国内であれば勝てる技術は持ってるはずです。まあでも今年の1月くらいから周囲に話していたというので意思は固そうです。ちなみに同年代のゴルファーとして横峯さくらも31歳、先々週優勝した上田桃子は30歳です。昨日のリゾートトラストレディスでプレーオフで惜しくも優勝を逃した藤田さいきも31歳です。

(裏)小諸そばのテイクアウトで生卵禁止となりました。もうすぐ夏です!(笑)


俳優のロジャー・ムーア氏が死去

‘007’ Actor, Roger Moore, Dies at 89

Roger Moore, the English actor best known for playing James Bond in seven “007” films between 1973 and 1985, has died after a battle with cancer. He was 89.

■チェック

・die at _  _歳で死去する
・best known for  ~で最も知られている
・play  (~の役)を演じる
・battle with cancer  がんとの闘い、闘病

■対訳 

「『007』俳優のロジャー・ムーア氏が死去、89歳」

英国の俳優で、1973年から1985年の間に映画 『007』 シリーズの7作品でジェームズ・ボンド役を演じたことで最も知られるロジャー・ムーアさんが、がん闘病の末に亡くなった。89歳だった。

■訳出のポイント

die at _ は

「_歳で死去する」 「_歳で亡くなる」

という言い方。

die at the age of _ と言っても同じ意味ですが、こちらの方が簡潔なので、新聞記事などで好まれる表現となっています。

be (best ) known for ~ は

「~で最も知られる」「~で最も有名である」。

そして、play は 「演じる」 「(~の役)を演じる」 という動詞です。

そこで、

best known for playing James Bond in seven “007” films between 1973 and 1985 

の部分は

「1973年から1985年の間に映画『007』シリーズの7作品でジェームズ・ボンド役を演じたことで最も知られる」 

ということです。

名詞 battle は 「戦い」 「闘い」 「戦闘」。

battle with cancer だと

「がんとの闘い」 → 「がんとの闘病」

ですね。

ここでは

after a battle with cancer なので

「がん闘病の後で」 「がんとの闘病の末に」

というわけです。

英人気スパイ映画 「007」 シリーズで、主人公ジェームズ・ボンド役を演じた英俳優ロジャー・ムーアさんがスイス国内の自宅で死去しました。

享年89歳で、がんを患っていたということです。

ロンドン生まれのムーアさんは、1973年に公開された「007」 作品3代目ジェームズ・ボンド役に抜擢され、世界的人気俳優としての地位を確立。

その後1985年までに、歴代のボンド役俳優の中で最多となるシリーズ7作品に出演しました。

■編集後記

007といえばやはりロジャー・ムーア!という方も多いと思います。
やはりあの洗練された身のこなし、アクション、胸毛(笑)!
彼は何度か来日していてタモリの笑っていいとも!にも出演していたそうです。

(裏)明日からしばらく晴れる!明日はゴルフ!


米国で16歳男子死亡、短時間にカフェイン大量摂取で

16-year Boy Dies After Too Much Caffeine over Short Time in US

A healthy 16-year-old boy in the US state of South Carolina died from drinking too many highly-caffeinated drinks in a short space of time, a corner said.

■チェック

・caffeine  カフェイン
・over (a) short time (= in a short space of time) 
                         短時間に
・highly-caffeinated drink  カフェインを大量に含む飲料
・coroner  検視官

■対訳 

「米国で16歳男子死亡、短時間にカフェイン大量摂取で」

米サウスカロライナ州で、健康な16歳男子がカフェインを多く含む飲料を短時間で大量に飲んだことが原因で死亡したという。検視官が発表した。

■訳出のポイント

caffeine は 「カフェイン」。

そして、caffeinated は 「カフェイン入りの」 という形容詞です。

highly-caffeinated だと

「高度にカフェイン入りの」 → 「カフェインを大量に含む」

ということです。

つまり、highly-caffeinated drink で

「カフェインを大量に含む飲料」

になります。

今日のタイトル

16-year Boy Dies After Too Much Caffein over Short Time in US

直訳すると

「米国で、16歳男子が短期間での多すぎるカフェインの後で死亡する」。

つまり、

「米国で16歳男子が、短時間にカフェイン大量摂取のために死亡する」

ということです。

また、本文で登場している die from ~ は

「~で死亡する」 「~が原因で死亡する」

という言い方。

そこで

died from drinking too many highly-caffeinated drinks in a short space of time

の部分は

「短時間でカフェインを大量に含む飲料をあまりに多く飲んだことが原因で死亡した」 →

「カフェインを多く含む飲料を短時間で大量に飲んだことが原因で死亡した」

というわけです。

米南部サウスカロライナ州で健康な16歳男子が急死した事件で、同州検視官が、カフェインを大量に含む飲料を、短時間に一気に飲んだことが原因だったと発表しました。

4月に高校内で倒れて死亡した16歳のデイビス・アラン・クライプさんは、その直前の2時間の間にマクドナルドのラテとマウンテン・デューのラージサイズ、さらにエナジードリンクを立て続けに飲んでいたということです。

検視官は

「カフェインが原因で心臓が異変をきたし、不整脈を起こしたと思われる」

と発表しました。

クライプさんの死因は、カフェインの過剰摂取、つまり体内のカフェイン総量ではなく、短時間に立て続けに摂取したことが問題だったといいます。

特に、最後にカフェイン含有量が最も高いエナジードリンクを一気に飲み干したことが、不整脈を引き起こしたと思われます。

一般的に安全だと思われているカフェイン飲料。

日本のエナジードリンク、栄養ドリンクの中にも、大量に含まれているものがあるので、今後は少し注意を払った方がよいかもしれませんね。

ちなみに、1日の安全なカフェイン摂取量は、最大400ミリグラムとも言われています。

■編集後記

僕もコーヒーが好きで多いときは4杯くらい飲みますがドリップしたコーヒー一杯(150ml)のカフェイン含有量は135mlと意外に多いですね。
ちなみにコーラ(500ml)のカフェインは50mg。意外に少ないですね。
意外と多いのが玉露(150ml)で150mgです。コーヒーよりカフェインが多い・・

(裏)久々の雨で明日もぐずつき気味。週末は晴れるみたいです。


アリアナ・グランデさんのマンチェスター公演で爆発、22人死亡

Blast at Arina Grande Concert in Manchester Kills 22

At least 22 people were killed and 59 injured in an explosion right after a concert by US singer Ariana Grande at an indoor stadium in Manchester, England, on Monday. The attack was a suspected suicide bombing.

■チェック

・blast (=explosion)    爆発
・right after    ~の直後に
・indoor stadium    屋内競技場
・suspected    疑わしい
・suicide bombing    自爆テロ

■対訳 

「アリアナ・グランデさんのマンチェスター公演で爆発、22人死亡」

月曜日に英国マンチェスターの屋内競技場で、米歌手アリアナ・グランデさんのコンサートの直後に爆発があり、少なくとも22人が死亡し59人が負傷した。
自爆テロだとみられる。

■訳出のポイント

blast はもともとは 「突風」 を意味する名詞。

ここから、

「爆風」 → 「爆発」

の意でもしばしば登場する語となっています。

explosion と同意の名詞として、しっかり確認しておきましょう。

今日のタイトルでは blast が主語で動詞が kill なので、

直訳すると

「マンチェスターにおけるアリアナ・グランデさんのコンサート(=公演)での爆発が22人を殺す」。

つまり、

「アリアナ・グランデさんのマンチェスター公演で起きた爆発で22人が死亡する」

ということです。

このように、無生物名詞の主語に動詞の kill が続いた場合は

「A kill B 」 で

「A が B を殺す(死亡させる)」 → 「A で B が死亡する」

と訳すのが通例ですね。

「怪しいと思う」 「疑う」 という動詞 suspect の過去分詞が形容詞化した suspected 。

すなわち、「疑わしい」 「怪しい」 の意になります。

そこで、本文の第2文は

「その攻撃(=爆発)は、疑わしい自爆テロである」 →「自爆テロが疑われる」 → 「自爆テロだとみられる」

というわけです。

英国中部の都市、マンチェスターの屋内競技場で22日夜に大きな爆発がありました。

同国警察の発表によると、少なくとも22人が死亡、59人が負傷。

警察は自爆テロ事件とみて捜査中だといいます。

爆発が起きたのは、米国の人気歌手アリアナ・グランデさんのコンサートが終了した直後で、死傷者の多くは若者のようです。

■編集後記

欧州のテロが続きます。今回の犠牲者には16歳以下の子供が12人も含まれていたそうです。
今回の事故を受けて主催者側は欧州ツアーを延期すると発表しているそうです。
日本でもライブが予定されていましたがどうなるのでしょう。。

(裏)今日は少しは涼しい感じしますね。


北朝鮮、またミサイル発射

N. Korea Fires Another Missile

North Korea launched its second ballistic missile in a week on Sunday in what Japan’s Prime Minister Shinzo Abe called a “challenge to the world.”

■チェック

・fire (=launch) (a) missile ミサイルを発射する
・middle-range ballistic missile 中距離弾道ミサイル
・challenge to the world 世界に対する挑戦

■対訳 

「北朝鮮、またミサイル発射」

日曜日に北朝鮮が、この1週間で2度目となる弾道ミサイル発射を行い、日本の安倍晋三首相はこれを『世界に対する挑戦』と呼んだ。

■訳出のポイント

タイトルの N. Korean は North Korea の略で 「北朝鮮」。

fire および launch はどちらも、ミサイル、ロケットなどを 「発射する」という意味で頻出の動詞ですね。

fire a missile あるいは launch a missile で「ミサイルを発射する」となります。

今日のタイトルではfire another missile なので

「もうひとつのミサイルを発射する」 「別のミサイルを発射する」 →「またミサイルを発射する」

ということですね。

そして、本文の方では

launched its second ballistic missile in a week で

「(この)1週間で2つ目の弾道ミサイルを発射した」 →「この1週間で2度目の弾道ミサイル発射を行なった」

となっています。

challenge は 「挑戦」。

challenge to the world で

「世界に対する挑戦」

ということです。

そこで、本文後半の

in what Japan’s Prime Minister Shinzo Abe called a “challenge to the world”

は直訳すると

「日本の安倍晋三首相が 『世界に対する挑戦』 と呼んだものの中で」。

本文全体では

「日本の安倍晋三首相が 『世界に対する挑戦』 と呼んだものの中で、北朝鮮は日曜日に、この1週間で2度目となる弾道ミサイル発射を行った」。

つまり、

「日曜日に北朝鮮が、この1週間で2度目となる弾道ミサイル発射を行い、それを日本の安倍晋三首相は 『世界に対する挑戦』 と呼んだ」

となります。

今月14日に続き、この1週間で2度目となる北朝鮮による弾道ミサイル発射。

安倍首相は

「国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるものであり、世界に対する挑戦だ」

とコメント。

その上で、

今週予定されている G7 Summit 「主要7か国首脳会議」 でも、北朝鮮問題を主要な課題としてしっかり議論し、G7として明確なメッセージを発出したい、

としています。

■編集後記

NHKのニュースアプリをスマホにいれているとニュース速報バナーがスマホ画面に現れます。昨夜は英国マンチェスターの自爆テロの速報が流れました。あとは北朝鮮関連の速報がやはり頻繁に流れます。世界はかなり物騒になってきています。

(裏)なんか梅雨を通りこしてこのまま夏に突入という感じさえします。


トランプ米大統領、サウジアラビアに到着

Trump Arrives in Saudi Arabia

US President Donald Trump set foot in Riyadh, Saudi Arabia, on Saturday, kicking off his first foreign trip since taking office.

■チェック

・set foot  降り立つ
・kick off  開始する
・foreign trip  外遊
・take office  就任する

■対訳 

「トランプ米大統領、サウジアラビアに到着」

ドナルド・トランプ米大統領は土曜日、就任以来初となる外遊の最初の訪問地、サウジアラビアのリヤドに降り立った。

■訳出のポイント

set foot は直訳すると 「足を置く」。

「降り立つ」 「足を踏み入れる」

という意の句動詞となっています。

set foot in ~ で

「~に降り立つ」 「~の地を踏む」

ということです。

ここでは、

set foot in Riyadh, Saudi Arabia,

なので

「サウジアラビアのリアドに降り立った」

というわけです。

ちなみに、Riyadh 「リヤド」 は、我々日本人はあまり聞かない都市名かもしれませんが、サウジアラビアの首都です。

句動詞の kick off は、しっかり再確認しておきたい英字新聞頻出の重要表現。

もともとは、サッカーやアメフトの 「キックオフする」 = 「試合開始する」の意ですが、ここから、「始める」 「開始する」 という意味で広く使われるようになっています。

foreign trip は 「外国旅行」 ですね。

ただし、日本語でいうと政治家の 「外遊」 に当たる表現としてもしばしば使われます。

office は 「事務所」 「職場」 などの意味でよく知られる基本的な名詞。

同時に 「地位」 「公職」 を指して使われるので、確認しておきましょう。

とくに、

「大統領や首相などの公職」 → 「政権」

の意味でしばしば登場するので注意してください。

そこで take office は

「政権をとる」 「政権を握る」 → (大統領などに)「就任する」

という表現になっています。

さて、これらを踏まえると、本文後半の

kicking off his first foreign trip since taking office

の部分は

「就任して以来初めての外遊を開始した」 で、

本文全体としては

「ドナルド・トランプ米大統領は土曜日にサウジアラビアのリヤドに降り立ち、就任以来初めての外遊を開始した」

ですね。

対訳では、
「ドナルド・トランプ米大統領は土曜日、就任以来初となる外遊の最初の訪問地、サウジアラビアのリヤドに降り立った」

としています。

トランプ米大統領が就任後初の外遊でサウジアラビアを訪問。

同時に米政府は20日、イランの脅威に対抗するためサウジへの巨額の武器売却を発表しています。

内容としては、米国がサウジに1100億ドル(約12兆円)の防衛用武器を売却したり軍事サービスを提供したりするというもの。

トランプ大統領はこの8日間に渡る初外遊で、サウジアラビアのほか、エルサレムとバチカン市国を訪問。

欧州の指導者らとの会談も行う予定です。

■編集後記

トランプ大統領が営業に来たら一瞬で丸め込まれそうですね(笑)

でもトップ企業の経営者というのは本当に英語が得意な人が多いです。

事実、英語力があると一気にビジネスは加速します。
ありえないことが現実になります。

例えば、藤田田さん。マクドナルドやトイザらスを日本に持ち込んだ人。
藤田さんは高い英語力と誰とでも仲良くなれるその人柄で、他の大企業を出しぬいて、マクドナルドのフランチャイズ権を獲得しました。

銀座に第一号店を出しましたが、ハンバーガーショップの月間売上世界一を記録して出店費用の3000万円を1ヶ月で取り返しました。

元ソニー会長の盛田昭夫氏。トランジスタラジオやウォークマンを世界に売り込んだ人物。
決して流暢な英語ではなかったそうですが、熱意と説得力があったといいます。
「プレゼンの名手」と称えられたスティーブ・ジョブズも、盛田昭夫とそのスピーチスタイルに、大きな影響を受けたと言われています。

そしてソフトバンク、孫正義。中学レベルの英語でも、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズといった世界のトップと互角に会話し、Yesと言わせてしまう。
しかし、その英語力は中学生レベルのものらしいです。

とまあ、あげればキリが無くなりますが、英語ほどビジネスにおいてレバレッジが効くものはありません。

この重要性に気づいたユニクロや楽天は早くから社内英語公用語化制度をとりいれました。

ユニクロの世界進出のスピードは恐ろしいくらいです。

まだまだ皆さん、遅くはありません。
中学英語でいいのです。

中学英語でも世界の一流ビジネスマンを説得できるわけです。

英語が出来るとビジネスが一気に加速します!!

(裏)真夏ですね・・・・


シンガポールに 『スーパーカーの自販機』

“Super Car Vending Machine” Attracts Tourists in Singapore

A futuristic 15-story glassed-in car showroom became the latest tourist attraction in Singapore. So called “Super car vending machine” displays luxury vehicles, such as Bentleys, Ferraris, and Lamborghinis.

■チェック

・vending machine  自動販売機
・attract tourists  観光客を引き寄せる → 観光客に人気である
・futuristic  未来的な
・_-story  _階建ての
・glassed-in  ガラス張りの
・tourist attraction  観光名所
・so called  ~と呼ばれる
・luxury vehicle  高級自動車

■対訳 

「シンガポールの 『スーパーカーの自販機』、観光客に人気」

15階建でガラス張りの未来的な自動車ショールームが、シンガポールで最新の観光名所となっている。『スーパーカーの自販機』 と呼ばれるこのショールームでは、ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニなどの高級車が陳列されている。

■訳出のポイント

vend はもともと、街頭などで(花や果物などを)「売る」「~を売り歩く」 「~の行商する」 という動詞。

ここから、vending machine は

「売る機械」 → 「自動販売機」

の意味になります。

動詞 attract は 「~を引きつける」 「魅惑する」 の意。

attract tourists で

「観光客を引きつける」 → 「観光客に人気がある」

という言い方になっています。

story は 「物語」 という意味でおなじみの名詞ですが、建物の 「階」 に当たる語でもあります。

ヨーロッパの中世建築では各階の区別を示すために、装飾として窓にそれぞれ異なった歴史物語を描いたことがその語源だそうです。

_ story で 「_階建ての」 という言い方になります。

したがって、本文頭の

A futuristic 15-story glassed-in car showroom は「15階建でガラス張りの未来的な自動車ショールーム」ということです。

tourist attraction は直訳すると 「観光客を引きつけるもの」。

つまり 「観光名所」 ですね。

そして、the latest は 「最新の」 なので

became the latest tourist attraction で

「最新の観光名所になった」 「最新の観光名所になっている」

というわけです。

『スーパーカーの自販機』 を運営するアウトバーン・モーターズのオーナー。

実は、息子を連れて訪れた玩具店 『トイザらス』 のミニカーを積み上げたディスプレーにヒントを得て、高さ45メートルのガラスケースに高級車を並べて展示するアイデアを思いついたそうです。

展示する車は約60台で、ランボルギーニ・アヴェンタドールのような最新モデルから、「フェラーリ512」 といったコレクター向けまで幅広いモデルを揃えています。

顧客は試乗や購入を希望する際、専用のアプリを使ってボタンを操作すると、目当ての車が地上に下りてくる仕組みだといいます。

このあたりは、まさに自販機のような仕様ですね。

昨年12月にオープンして以来、自販機タワー前には観光客が詰めかけるようなっているそうです。

■編集後記

シンガポールは、狭い国であるとともに生活程度の高い国です。
そんなシンガポールには適したシステムと言えるでしょう。
色とりどりの高級車がガラスケースに入っている光景は遠目から見るとまさにミニカーそのものです(笑)
ここから動画で見られます。

(裏)今日は会社の定例飲み会!


眞子さまがご婚約へ

Japan’s Princess Mako Set to be Engaged

Japan’s Princess Mako, a grand daughter of the Emperor, is set to become engaged to a law firm worker who was a classmate at her university.

■チェック

・be set to  ~することが決まっている
・be (become) engaged  婚約する
・law firm  法律事務所
・classmate  同級生

■対訳 

「眞子さまがご婚約へ」

天皇陛下の孫である眞子さまが、大学時代の同級生で法律事務所勤務の男性とご婚約されることとなった。

■訳出のポイント

be set to V は

「V することになっている」 「V することが決まっている」

という言い方。

engaged は 「婚約中の」 という形容詞なので、

タイトルでは 

(be) set to be engaged  で

「婚約中になることが決まっている」 → 「婚約することになった」

ということです。

また、become engaged to (人)  は

「(人)と婚約する」 の意。

そこで、本文の

is set to become engaged to ~ の部分も、やはり

「~と婚約することが決まっている」 → 「婚約することになった」

というわけですね。

law は 「法律」 で、

firm が 「会社」 「事務所」 なので、

law firm は 「法律事務所」

になります。

a law firm worker だと

「法律事務所職員」

ということです。

また、classmate は 「級友」 「同級生」。

そこで

a law firm worker who was a classmate at her university

の部分は

「大学で同級生だった法律事務所職員」

ということです。

対訳では

「大学時代の同級生で法律事務所勤務の男性」

と意訳しています。

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが婚約されるという、おめでたいニュースをお伝えしました。

お相手は、5年ほど前から交際を続けてきた大学時代の同級生の男性。

結婚の時期は、来年が想定されているということです。

■編集後記

1991年10月23日生まれの眞子さまももう25歳。まあ、一般的にいえばまだ早いほうなのでしょうか?女性の平均結婚年齢を調べてみると、厚生労働省によれば2015年で全国平均が29.4歳だそうです。
ちなみに一番低いのが福島と山口で28.6歳、高いのが東京で30.1歳だそうです。
となると眞子さまの場合、平均よりも5歳程度早い結婚となります。

(裏)今週土日仕事ですのでゴルフも温泉もお預けです・・


スポンサーリンク
1 2