10代での結婚増える

More teens getting married

The number of married teenagers surged nearly 50% during the ’90s,
reversing a decades-long decline. Marriage remains fairly uncommon in
this age group but researchers were surprised by the increase reported by
the Census Bureau.

◇◆◇◆◇◆

■チェック!
・surge 急増する 上昇する
・decades-long 数十年にわたる
・Census Bureau (米国)国勢調査局

■対訳
「10代での結婚増える」

10代で結婚した人々の数は、90年代に50%近く急増し、数十年にわたる下落を覆した。
その年齢層での結婚は今でもかなり珍しいが、研究者らは国勢調査局が報告したこの増加に驚いた。

■ひとこと 
今回はこれに続く記事のポイントを載せます。訳してみましょう!

There’s been a slight trend toward conservatism among teens, less premarital sex, more fear of disease.

This generation of teens is the first to live their whole lives with AIDS as a major public health concern.

Regardless, the trend runs counter to what’s happening among all Americans,
who generally are waiting longer to get married. For men, the median age of first marriage was 26.8 in 2000, up from 26.1 in 1990 and 22.8 in 1950.
Among women, the median age was 25.1 in 2000, up from 23.9 in 1990 and 20.3 in 1950.

There were 891,000 married 15- to 19-year-olds in 2000, up from 598,000 in 1990, when married teens comprised 3.4% of all 15- to 19-year-olds.
The increase came after a steady decline since 1950, when 9.5% of teens were
married.

まず、AIDSの問題が大きいようですね。
1990年代はAIDSが全世界的に拡大しました。
これが、性について保守的な考えを持たせたようです。

しかし初婚の年齢は、高くなる傾向にあります。
それにもかかわらず、10代で結婚した数が多いという事実に驚かされるわけです。

これについて、ある研究者は以下のようにその原因を説明しています。

Some researchers attribute the surge during the 1990s to an influx of immigrants.
Many came from areas where marriage is more common among teens – Latin America, Asia and sub-Saharan Africa.

ではまた明日。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク