中国でスーパーのバーゲンに殺到:3人死亡

Three Killed in Supermarket Sale Stampede in China

Three people were killed and 31 injured on Saturday in a stampede at a branch of the French supermarket chain Carrefour in Chongqing, southwest China, when shoppers scrambled to get to the store’s 10th anniversary sale.

■チェック!

・stampede  殺到
・branch  支店
・Chongqing  重慶
・scramble  急いで 〜 する
・anniversary  〜 周年

■対訳

「中国でスーパーのバーゲンに殺到:3人死亡」

中国南西部の重慶にあるフランス系スーパー・チェーン『カルフール』の支店で土曜日、開店10周年記念セールで客が先を争って殺到し、3人が死亡31人が負傷した。

■訳出のポイント

stampede の語源は、「集団暴走」 を意味するメキシコスペイン語 estampida で、馬などの家畜が驚いて一斉に集団暴走する様を表す語になっています。

ここから、人が「右往左往して逃げまどうこと」、あるいは逆に多くの人が「ドッと押し寄せること」→「殺到すること」の意味にも使われるようになりました。

英字新聞では、今日のように人が殺到して起きる「将棋倒し事故」の報道で登場することが多い単語です。

branch はもともと 「(木の)枝」 の意味。

ここから、枝状に派生したもの、例えば川の支流などを指して用いられます。

そして、会社や店などの branch だと 「支社」 「支店」 の意味になります。

scramble は 「急いで 〜 する」 という動詞。

scramble to 〜 と動詞を伴って 「急いで 〜 する」 →「先を争って 〜 する」 という言い方になります。

そこで、 scrambled to get to the store’s 10th anniversary sale の部分は、「先を争って店の(開店)10周年記念セールに着こうとする」→「10周年記念セールに殺到する」 という意味、すなわち stampede を
言い換えたものとして解釈できます。

フランスの大手スーパー・チェーンの 『カルフール』 は中国では37都市に進出し、現在100店舗営業しているそうです。

今回の事故は、開店10周年記念のバーゲンで食用の大豆油 soybean oilの安売りに客が殺到して起きたということです。

■編集後記

湾岸高速を千葉方面に走っていると、幕張で右手にCarrefourの大きな看板が見えます。行った事はありません。日本には2000年に進出してきたけど、業績悪化のため、イオンに売却。イオンが現在運営にあたっているそうです。

(裏)朝軽く運動。すっげーいい天気!うーん、なぜオフィスにいるのだ?

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク