中国、鉄道事故を受け当局幹部を更迭

China Fires Top Officials after Railway Crash

China sacked three senior railway officials Sunday, a day after a collision between two high-speed trains killed at least 35 people in Zhejiang province.

■チェック!

・fire (=sack)  解雇する→更迭する
・top (senior) official  幹部、高官
・collision (=crash)  衝突
・high-speed train  高速鉄道列車
・Zhejiang province  浙江省

■対訳

「中国、鉄道事故を受け当局幹部を更迭」

中国は日曜日、前日に浙江省で発生した2台の高速鉄道列車衝突事故で、少なくとも35人が死亡したのを受けて、鉄道当局の幹部3人を更迭処分とした。

■訳出のポイント

「火」 「炎」 という意味の名詞としてよく知られる fire 。

動詞としても 「火をつける」 「(感情などを)燃え立たせる」 など、色々な意味で使われます。

今日のタイトルでは 「(人を)解雇する」 「くびにする」 の意。

同様に本文で登場している sack も、会話では 「くびにする」 という意味でよく使われる動詞となっています。

どちらの場合も、今日の記事でくびになったのは政府高官なので、対訳では 「解雇する」 → 「更迭する」 と訳しています。

official というと 「公の」 「公式な」 「正式な」 という形容詞としてよく知られていますが、英字新聞では名詞としての official も重要頻出語です。

意味としては 「公の人」 → 「公務員」 「役人」。

とくに省名などと一緒に用いると 「政府高官」 「当局者」といった意味になります。

ここでは top officials あるいは senior railway officials のように、「上級の」 「高位の」 という形容詞がついていて、日本語の 「幹部」というニュアンスになっています。

high-speed train は文字通り 「高速(鉄道)列車」。

世界の高速鉄道の代表は、なんと言っても日本の 「新幹線」 ですね。

英語でも the Sinkansen で通じます。

また、日本語の 「弾丸列車」 に当たる bullet train という言い方もよく使われるので、あわせて確認しておきましょう。

23日に起きた中国高速鉄道衝突事故では、これまでに死者35人、負傷者210人以上と発表されています。

ただし、中国のネット上では鉄道建設の際に安全性よりもスピードを重視した問題や、汚職がらみの手抜き工事疑惑などから、「これは人災だ!」と糾弾する声が。

そして、「人災を落雷のせいにするな」 「現場の惨状に比して発表された犠牲者数が少なすぎる」 など鉄道省を批判するネット世論が沸騰し、当局者の責任を問う声も大きくなっていました。

こうした世論を受けてか、中国政府は24日、上海鉄道局の局長、副局長、共産党委員会書記の3人を更迭処分としたというニュースです。

■編集後記

高架線から落下した4両に乗車していた人の数はなんと400人。。
事故調査もめちゃくちゃ杜撰な気がします。
これだけの大惨事を起こしておきながら事故発生の2日後に運転再開というスピード。。
日本ではちょっと考えられないと思います。
中国の人命軽視は今に始まったことではないですが。。
(裏)石川遼が長髪をばっさり切ったそうです。。。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク