キャサリン妃、男児出産

Duchess of Cambridge Gives Birth to Boy

Britain’s Duchess of Cambridge has given birth to a baby boy, who is the third child of Prince William and fifth in line to the British throne, the royal family announced Monday.

■チェック

・Duchess of Cambridge   【英国】ケンブリッジ公爵夫人=キャサリン妃
・give birth to   ~を出産する
・_th in line to the British throne   英国王位継承順位_位である

■対訳

「キャサリン妃、男児出産」

英国のキャサリン妃が、ウィリアム王子の第3子で王位継承順位5位となる男児を出産した。月曜日に英王室が発表した。

■訳出のポイント

英国の Prince William 「ウィリアム王子」 の正式名称は、

Duke of Cambridge 「ケンブリッジ公爵」。

そして、その妻であるキャサリン妃は、

Duchess of Cambridge

「ケンブリッジ公爵夫人」

となっています。

日本では 「キャサリン妃」 という呼び方が通例となっているため、今日の対訳でも、それにならっています。

give birth to ~ は

「~を出産する」

という言い方。

give birth to a boy

あるいは

give birth to a baby boy で

「男の赤ちゃんを出産する」 「男児を出産する」

ということです。

throne の語源は 「座席」 「いす」 を意味するギリシア語 thronos。

もともとは

特別な儀式の際に王、女王、教皇、司教などが座る

「王座」 「教皇聖座」 「司教座」

を指す名詞です。

ここから、

「王権」 「王位」 「君主の地位」

を意味する単語としても頻出になっています。

(be) _th in line to the British throne で

「英国王位継承順位_位である」

という言い方です。

royal は 「国王(女王)の」 「王家の」 という形容詞。

royal family は直訳すると 「女王の家族」 で、

日本語の 「王室」 にあたる表現となっています。

ちなみに、日本の 「皇室」 も

(Japanese) royal family

になりますね。

英国のウィリアム王子の妻キャサリン妃が、23日、ロンドン中心部のセント・メアリー病院で第3子となる男児を出産。

母子とも健康ということです。

ヘンリー王子の結婚式も来月に迫り、英王室はお祝い続きですね。

■編集後記

欧米では日帰り出産はあたり前ですが、キャサリン妃も例外ではないんですね。。。午前11時過ぎに出産し、同日夕方には病院の前で赤ちゃんをお披露目して退院。日本の皇室ではまず考えられません(^^;

(裏)セクハラ問題、朝から大人が「おっぱい」とか「キス」とか、あれ子供に悪い影響を与えるよな・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク