錦織圭、ウィンブルドンで準々決勝進出

Kei Nishikori Reaches Wimbledon Quarters

Kei Nishikori beat Ernests Gulbis of Latvia on Monday, becoming the first Japanese man to reach the quarterfinals at Wimbledon since Shuzo matsuoka in 1995.

■チェック

・reach the quarters (=quarterfinals)   準々決勝に進出する
・beat    ~を打ち負かす、~を破る

■対訳

「錦織圭、ウィンブルドンで準々決勝進出」

錦織圭が月曜日、ラトビアのエルネスツ・ガルビスを破り、日本勢男子としては1995年の松岡修造以来初めてとなる、ウィンブルドン準々決勝進出を決めた。

■訳出のポイント

「最後の」 という形容詞としてよく知られる final 。

名詞だと 「最後のもの」 を意味することから、

英字新聞のスポーツ記事では

「決勝戦」

を指す単語として頻出ですね。

semifinal 「準決勝(戦)」

quarterfinal 「準々決勝」

もあわせて確認しておきましょう。

reach は 「~に達する」 「~に至る」 という動詞なので、

reach the final で

「決勝戦に達する」 → 「決勝に進出する」

という言い方になります。

同様に、

reach the semifinals 「準決勝に進出する」

reach the quarterfinals 「準々決勝に進出する」

となるわけですが、

これらの場合は、

semifinals、 quarterfinals と

複数形になることに注意してください。

これは、通常、決勝戦は1試合だけですが、準決勝は2試合、
準決勝は4試合あるからですね。

また、今日のタイトルのように

文脈から明らかな場合には

reach (the) quarters

のように

quarter(s) だけで、

quarterfinal(s) 「準々決勝」

を表すこともあります。

本文の後半、カンマ以下は直訳すると

「1995年の松岡修造以来、ウィンブルドンで準々決勝に進出する最初の日本人男子になった」。

対訳では

「日本勢男子としては1995年の松岡修造以来初めてとなる、ウィンブルドン準々決勝進出を決めた」

と意訳しています。

自己最高は世界ランク4位、全米オープンでも準優勝を果たした錦織圭ですが、ウィンブルドンこと全英オープンには苦手意識があり、実際これまでの最高はベスト16でした。

今回は、自身初となるウィンブルドンでの8強入り。

日本男子の準々決勝進出は1995年の松岡修造以来、23年ぶりの快挙となりました。

さて、次なる対戦相手は、これまた錦織が苦手とするノバク・ジョコビッチ(セルビア)・・・

この勢いで打ち負かしてもらいたいですね。

■編集後記
ジョコビッチと錦織の試合は、今日の21時から!これは目が離せません。もしフェデラーと決勝で当たれば、そのウエアスポンサーはユニクロVSユニクロとなります。サッカーはもはや本命視されてたベルギーがフランスに破れました。クロアチアVSイングランドは深夜3時から。うーん、スポーツが面白いですねー。

(裏)最近お昼はすきやのテイクアウトが多いです

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク