日本郵便、ドローンによる試験配送開始

Japan Post Launches Test Deliveries Using Drones

Japan Post on Wednesday started test deliveries using drones between post offices in Fukushima Prefecture, the first trial of its kind in the country.

■チェック

・Japan Post    日本郵便
・launch    ~を開始する
・test deliveries    試験配送
・post office     郵便局間
・first trial of its kind    その種では最初の試験

■対訳

「日本郵便、ドローンによる試験配送開始」

日本郵便は水曜日、福島県の郵便局間でドローンを用いた試験配送を開始した。この種の試験としては、国内初だという。

■訳出のポイント

launch は

1) ロケット、ミサイルなどを 「打ち上げる」

という意味でも

2) 事業、活動などを 「始める」 「開始する」

という意味でも最頻出の要動詞のひとつ。

しっかり再確認しておいてください。

今日のタイトルでは

launch test deliveries using drones で

「ドローンを使った試験配送を開始する」

ということですね。

the first of its kind は

「その種類で最初のもの」 → 「これまでに類の見ないもの」

という言い方です。

今日は、この表現の応用で

the first ~ of its kind

「その種類の~としては最初のもの」 「これまでになかった~」

という形で登場しています。

つまり、

the first trial of its kind で

「その種の試験としては最初のもの」。

さらに、in the country と続いているので

「その国(=日本)における、その種の試験とは最初のもの」 →

「この種の試験としては(日本)国内で最初(のもの)である」

ということです。

日本郵便は小型無人機 drone 「ドローン」 を用いた荷物の試験配送を福島県内で開始しました。

操縦者が機体を視認できない範囲を運行させる 「目視外飛行」 による配送は国内で初めてだということです。

初飛行は、南相馬市の小高郵便局屋上から浪江町の浪江郵便局の屋上までの約9キロ間。

郵便局で使うチラシや書類など約2キロの荷物を配送しました。

試験は来年3月末まで続き、実際の郵便物配送に向けての課題を探るといいます。

運輸業界では人手不足も深刻です。

ドローンによる輸送・配送は近い将来、特に山間部や離島での活用が期待されますね。

■編集後記

ドローンの産業利用はますます活発になってます。ただ物流は現実化するかといえばまだ微妙ですね。いうのもドローンは風に弱いからです(当然、雨にも弱いです)。また鳥がドローンに攻撃をしかける場合もあります。山の中で墜落したら、GPSで探せないことはないですが峡谷とか場所によっては無理ですよね。今一番注目されているのは測量での活用です。工業用地など巨大な敷地を測量して、3Dの図面を作るのに人がやったら1ヶ月かかるのがドローンなら撮影時間5分で終わります。

なんと、2018年上半期のテスト運用期間で、勝率80%!回収率820%という信じられない成績をたたき出している仮想通貨のシグナル配信があります。1日3回から5回の配信で、そのとおりに数字を打ち込んで終わり。1分かかりません。中学生でもできます。現在、無料お試しやってますが間もなく受付終了します。
http://www.namni.net/t/kujira2e.html

(裏)今日はイベントがあるのだが雨か・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク