三菱重工に戦時強制労働に対する賠償命令

Mitsubishi Heavy Ordered to Pay Compensation for Wartime Forced Labor

South Korea’s Supreme Court on Thursday ordered Mitsubishi Heavy Industries to pay compensation to 28 Koreans for their forced labor during World War Two.

■チェック

・Mitsubishi Heavy (Industries)    三菱重工業
・pay compensation    賠償する、賠償金を支払う
・wartime forced labor    戦時強制労働
・Supreme court    最高裁判所
・Word War Two    第二次世界大戦

■対訳

「三菱重工に戦時強制労働に対する賠償命令」

韓国の最高裁判所は木曜日、第二次世界大戦中に強制労働をさせられた韓国人28人への賠償支払いを、三菱重工業に命じた。

■訳出のポイント

「~を強要(強制)する」 「~を強いる」

という動詞 force から派生した形容詞 forced ha

「強制された」 「強制的な」。

forced labor は 「強制労働」、

wartime forced labor だと

「戦時中の強制労働」

ということですね。

compensation は

「償い」 「補償」 「賠償(金)」

を意味する名詞。

pay compensation で

「賠償をする」 「賠償金を支払う」

という表現になっています。

また、

order(人)to V は

「(人)にVするよう命ずる」

という言い方なので、

今日のタイトル

Mitsubishi Heavy (Is) Ordered to Pay Compensation for Wartime Forced Labor は、

「三菱重工が、戦時強制労働への賠償支払いを命じられる」

というわけです。

一方、本文では

South Korea’s Supreme Court ordered Mitsubishi Heavy Industries to pay compensation

という形で、

「韓国最高裁判所が三菱重工業に賠償金を支払うように命じた」

「韓国最高裁が三菱重工に賠償支払いを命じた」

となっていますね。

そして、続く

to 28 Koreans for their forced labor during World War Two

の部分を合わせると

第二次世界大戦中に強制労働をさせられた韓国人28人

「(三菱重工に)第二次世界大戦中の強制労働に対する賠償を、韓国人28人に(支払うように命じた)」 →

「第二次世界大戦中に強制労働をさせられた韓国人28人への賠償支払いを、三菱重工業に命じた」

となっています。

韓国最高裁は、10月30日に新日鉄住友に対して、元徴用工らへの賠償を命じる確定判決を出しており、今回もそれと同様の判断が下されました。

第二次世界大戦中の日本による植民地支配が原因の韓国人労働被害に対し、日本企業の賠償責任を認める形です。

これを受けて、菅官房長官は

「極めて遺憾で断じて受け入れることはできない」

「韓国に対し、国際法違反の状態を是正することを含め適切な措置を講ずることを強く求めていく」

と語っています。

■編集後記

日本と韓国の関係は本当に難しいですね。こんなに近いお隣の国、仲良くしたいのは山々ですが、こうなってくると、あちらにはその気はサラサラないような気も・・・

僕のように個人レベルで無料メルマガを配信してコンテンツを販売したり、検索エンジンで自分のサイトを上位表示して集客するネットビジネスを学びませんか?

今、ZOOMを使った無料説明会開催中です。

来週は、12月3日(月)から6日(木)まで4日間連続で毎日2回あります。
僕が直接皆さんとお話しします。

石田塾の詳細については
https://www.ijk-11.net/sen/
(紹介コード無しでも申し込めます)
あるいは
https://bit.ly/2PTAf7f
に石田塾生の紹介記事がありますので、この人いいな、という紹介コードでお申し込みください。

(裏)今日も温かい!!SLをオープンにして気持ちよく通勤・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク