世界で最も稼ぐユーチューバーは7歳少年、2200万ドル

Highest-Paid YouTube Star: A Seven-year-old Boy Making $22M

The highest-earning YouTuber in the world is a seven-year-old boy who reviews toys. According to Forbes magazine, Ryan of Ryan ToysReview earned $22m between June 2017 and June 2018.

■チェック

・highest-paid YouTube Star (=highest-earning YouTuber)
最も稼ぐユーチューバー
・make (=earn) $_ _ドル稼ぐ
・review ~を批評する、リビューする

■対訳

「世界で最も稼ぐユーチューバーは7歳少年、2200万ドル」

世界で最も稼ぐユーチューバーは、おもちゃのレビューをする7歳の少年だという。フォーブス誌によると、「ライアン・トイズレビュー」のライアンくんは、2017年6月から2018年6月までの間に2200万ドル(約25億円)を稼いだ。

■訳出のポイント

「高い」 「高額な」 という形容詞 high の最上級 highest と

「支払われた」 という形容詞 paid を組み合わせた

highest-paid は

「最も高い金額を支払われた」 → 「最も稼いだ」

の意味になります。

一般的には

「最高給取りの」 「最高年俸の」

などの日本語に当たる言い方としても使われます。

今日の場合は、

highest paid YouTube Star で

「最も稼ぐユーチューブのスター(人気者)」 →

「最も稼ぐユーチューバー」

ということですね。

また、

earn が 「~を稼ぐ」 という動詞なので、

本文で使われている

highest-earning YouTuber も

「最も稼ぐユーチューバー」

というわけです。

「レビュー」 「レビューする」 はすでに日本語として浸透していますね。

英語の review は

もともと 「再調査」 「再検討」 「論評」 「批評」 の意。

作品や講演などの 「批評」、本などの 「書評」、

そして、新製品などの 「批評」 「レビュー」

という意味になっていますね。

動詞としても

「批評する」 「リビューする」

の意味で頻出です。

ここでは、

review toys で

「おもちゃをレビューする」 「おもちゃのレビューをする」

ということです。

米経済誌フォーブスによる 「世界で最も稼ぐユーチューバー」 でランキング1位となったのは、おもちゃレビュー動画を配信する

Ryan ToysReview の Ryan くん。

ランキング集計当時は7歳で、現在8歳になったそうです。

2017年6月から2018年6月までの推定収入は約25億円というから驚きですね。

2015年3月にライアンくんの両親が立ち上げた同チャンネル。

投稿された動画はこれまで約260億回再生され、フォロワー数は1730万人だということです。

■編集後記

ユーチューバーはGoogleが展開するシステムで稼いでいます。僕もGoogleを利用させてもらって収益をいろいろあげています。その石田のネットビジネスの真髄を無料でお伝えするZOOMセミナーが明日で終了します。残席まだありますので聞きたい人は来てくださいね。
https://www.ijk-11.net/sen/

(裏)今日はまじ12月?のような暖かさ。異常気象進行中ですね。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク