錦織、ブリスベン国際で優勝

Nishikori Wins Brisbane International

Japan’s Kei Nishikori won the Brisbane International, beating Danili Medvedev from Russia 6-4, 3-6, 6-2. It was Nishikori’s twelfth tour title and the first in almost three years.

■チェック

・Brisbane International   【テニス】ブリスベン国際
・beat   ~を倒す
・tour title    ツアー(大会)優勝

■対訳

「錦織、ブリスベン国際で優勝」

日本の錦織圭がロシア出身のダニル・メドベージェフを6-4、3-6、6-2で下し、ブリスベン国際で優勝した。錦織にとっては約3年ぶりで、ツアー大会12度目の勝利となった。

■訳出のポイント

Brisbane International 「ブリスベン国際」 は

ATP (Association of Tennis Professionals) 「プロテニス協会」

および

WTA (Women’s Tennis Association) 「女子テニス協会」

によるツアー大会のひとつで、豪州ブリスベンで開催。

beat ~ は

「~を打ち負かす」 「~を倒す」 → 「~を下す」 「~に勝つ」

という意味で、スポーツ記事では頻出ですね。

from は 「~から」 という意味でおなじみの前置詞。

from + 国名(地名)で

「~出身の」

という意味になります。

今日の場合も

Danili Medvedev from Russia で

「ロシア出身のダニル・メドベージェフ」

となっています。

tour 「ツアー」は、

ここでは、男子プロテニスの ATP ツアーのことですね。

tour title で

「ATPツアーの大会における優勝」 → 「ツアー(大会)優勝」

という意味になります。

そこで、本文第2文では、

Nishikori’s twelfth tour title の部分は

「錦織の12度目のツアー大会優勝」

ということです。

また、続く

the first (tour title) in almost three years

の部分は

(tour title) が省略されているので、

「錦織の12度目のツアー大会優勝で、ほぼ3年の間で初めてのツアー大会優勝であった」

「錦織にとってはほぼ3年ぶりとなる、12度目のツアー大会優勝となった」

というわけです。

新年早々、錦織圭のツアー優勝という嬉しいニュースをお伝えしました。

2016年2月のメンフィス・オープン以来、約3年ぶりのVです。

この間、錦織は様々なツアー大会シングルスで決勝戦まで進んだものの、結果、9回連続で準優勝に甘んじていました。

つまり、今回は決勝9連敗をストップしたわけで、優勝の喜びもひとしおかと思われます。

また、ブリスベン国際は、グランドスラムのひとつである

Australian Open「全豪オープン」

の前哨戦とも言える大会。

14日に開幕する全豪オープンでも、錦織の活躍を期待したいですね。

■編集後記

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!

毎年初記事はどんな内容になるのか、少し気をつかう部分もあるのですが・・・今年は、錦織の久々のツアーVというおめでたいニュースでの年明けとなりホッとしました。この調子で、今年はよいニュースをたくさん伝えていこうと思いますのでよろしくです!

(裏)会社で今日は新年会!

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク