英下院、テリーザ・メイ首相のEU離脱案を否決

British Commons Crush Theresa May’s Brexit Deal

British House of Commons overwhelmingly rejected Prime Minister Theresa May’s Brexit deal on Tuesday.

■チェック

・(House of) Commons   【英】下院
・crush (reject)   否決する
・Brexit deal   (英国の)EU離脱(合意)案
・overwhelmingly   圧倒的多数で

■対訳

「英下院、テリーザ・メイ首相のEU離脱案を否決」

英下院は火曜日、テリーザ・メイ首相のEU離脱案を圧倒的多数で否決した。

■訳出のポイント

タイトル中の Commons は

(the) House of Commons の略。

英国の 「下院」 を意味します。

ちなみに、英連邦は二院制議会で

もう一方の 「上院」 は

Legislative Council

といいます。

crush はもともと

物などを 「押しつぶす」 「ぺしゃんこにする」 「粉砕する」

という動詞。

ここから、

「~をつぶす」 → 「~を打ち負かす」

という意味でもしばしば登場する単語となっています。

今日のタイトルでは、

英下院がEU離脱案 を ”粉砕する” →

「英下院がEU離脱案 を(圧倒的に、大差で)否決する」

という意味で使われてるわけです。

また、このあたりの意味合いは、本文では

「打ちのめすように」 「圧倒するように」

という副詞 overwhelmingly

で表現されています。

overwhelmingly rejected で

「圧倒的に(多数で)拒否した」 →

「圧倒的多数で拒否した」 「大差で拒否した」

ということですね。

Brexit deal の deal は

「取引」 「取り決め」 「契約」 「協定」

などの意味で広く使われる名詞。

ここでは、

Brexit 「英国のEU離脱」 に関する 「合意案」

の意味になっていて、

Brexit deal で

「(英国の)EU離脱合意案」 「EU離脱案」

ということです。

今年3月29日が期限となっている英国の欧州連合(EU)離脱。

これをめぐる英国とEUとの間の合意協定の採決が、15日に英下院で行われました。

結果は、賛成202票、反対432票という歴史的な大差(230票)での否決。

これを受けて、メイ英首相は ”合意なき離脱” を回避するためにEUとの再交渉を迫られますが、先行きはさらに不透明になってきました。

■編集後記
Brexit は本当に messy divorce ”泥沼離婚” になりそうな様相ですね。。。これからの英国、色々大変そうです。

【会社の給料以外の収入源を】
昨年末、一度募集を締め切った石田塾ですが、明後日まで若干名募集しています。今日最後の動画を公開しました。見てない人はぜひ見てください。

「毎日1分!英字新聞」のようなメディアを個人で作り、自宅で稼ぐノウハウを公開しています!
http://www.namni.net/t/kd2e.html

募集は1/19(土曜日)で終了。会社の給料以外の収入源をぜひ構築してください。

★毎日1分!英字新聞を音声で聴こう!!ヤバイくらい大好評!!———–
毎日1分!英字新聞プレミアム   http://eiji-paper.com/

(裏)東京はやや寒さがやわらいでいる感じします。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク