全豪オープン、大坂なおみが決勝進出

Australian Open: Naomi Osaka Makes Final

Japan’s Naomi Osaka reached the second straight Grand Slam final with a hard-fought victory over Carolina Pliskova from the Czech Republic at the Australian Open.

■チェック

・make (the) final    決勝に進出する
・reach _th straight final    _回連続で決勝進出を果たす
・hard-fought victory    激戦の
・(the) Czech Republic     チェコ共和国

■対訳

「全豪オープン、大坂なおみが決勝進出」

全豪オープン、日本の大坂なおみがチェコのカロリナ・プリスコに激戦の末に勝利し、2大会連続となるグランドスラム決勝戦への進出を決めた。

■訳出のポイント

タイトルでは冠詞の the が省略されていますが、

make the final で

「決勝(戦)に進出する」

という言い方ですね。

また、

reach the final も

「決勝に達する」 → 「決勝に進出する」 「決勝に残る」 と

ほぼ同義になっています。

今日の本文では、こちらの応用で

reach _th straight final

「_回連続で決勝進出を果たす」 「_回連続の決勝進出を決める」

という表現が使われています。

さらに、

final の前に Grand Slam final が加わり、

reached the second straight Grand Slam final で、

「2回連続のグランドスラム決勝進出を決めた」 →

「2大会連続となるグランドスラム決勝戦への進出を決めた」

というわけです。

hard-fought は

直訳すると 「激しく戦った」。

「激戦の」 「苦闘の」

という形容詞となっています。

そこで、

hard-fought victory は

「激しく戦った(結果としての)勝利」 → 「激戦の末の勝利」。

with a hard-fought victory over Carolina Pliskova

の部分は

「カロリナ・プリスコに対する激戦の末の勝利とともに」 →

「カロリナ・プリスコに激戦の末に勝利し」

ということですね。

全豪オープン女子シングルの準決勝で、大坂なおみがカロリナ・プリスコをくだしました。

日本人としては男女を通じて初の同大会初の進出です。

大坂は26日の決勝で、同じくチェコのペトラ・クビトバと対戦。

ここまで来たら、グランドスラム2連覇がみたいですね!

■編集後記
大坂、やりました!こうなると、どうしても錦織との明暗が見えてしまうような・・・本当に頂点を極めるアスリートは、彼女のように若いうちに(ベテランになる前に)一気に駆け登るパターンが多いかもしれません。彼女は錦織に比べても、圧倒的にフィジカルに恵まれていますしね。フルセットの末ではなくストレートVで勝ち上がれるようにならなければ・・ですね。

(裏)今日は曇ってます。朝首都高で白バイに追尾されて焦りました。セーフでしたが。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク