プレジデンツカップ、タイガー・ウッズ率いる米国が逆転勝利

Presidents Cup: US Scores Comeback Victory

The US team led by Tiger Woods dominated Sunday’s singles, beating the International team 16-14 at Royal Melbourne to win an eighth consecutive Presidents Cup.

■チェック

・score comeback victory   逆転勝利をおさめる
・led by   ~が率いる
・dominate   優位に立つ
・Royal Melbourne (Golf Club)   【豪州】ロイヤルメルボルン(ゴルフクラブ)
・win _th consecutive   ~で_連勝する

■対訳

「プレジデンツカップ、タイガー・ウッズ率いる米国が逆転勝利」

ロイヤルメルボルンGC で行われたプレジデンツカップは、日曜日のシングルスで優位に立った米国選抜が、16-14で世界選抜をくだし、8大会連続の勝利を飾った。

■訳出のポイント

comeback victory は

「逆転勝ち」 「逆転勝利」。

score (a) comeback victory で

「逆転勝ちする」 「逆転勝利をおさめる」

という言い方になっいます。

(be) lead by は

「~に導かれる」 → 「~が率いる」

という表現です。

the US team led by Tiger Woods で

「タイガー・ウッズが率いる米国(選抜)チーム」

ということですね。

今日の話題は隔年行われるゴルフのプレジデンツカップで、

US team (米国チーム)と

International team (国際チーム)

の対抗戦となっています。

このチームの名称についてですが、

日本では

「米国選抜」 対 「世界選抜」

という言い方が定着しているので、今日の対訳でも

US team → 「米国選抜」

International team 「世界選抜」

としています。

consecutive は

「連続した」 「立て続けの」

という形容詞。

win _th consecutive ~ で

「_番目の連続した~で勝利する」 →

「~で_連勝する」

という表現になっています。

ここでは

win an eighth consecutive Presidents Cup で

「プレジデンツカップで8連勝する」 →

「プレジデンツカップで8大会連続勝利を飾る」

というわけです。

プレジデンツカップ最終日の15日は、シングルズ12マッチが行われ、2ポイントを追う米国選抜が6勝2敗4分けで8ポイントを加算。

トータル16-14とし、逆転で8大会連続勝利をおさめました。

米国選抜は、主将を兼ねたタイガー・ウッズが先陣を切り、ここまで無敗を誇ったメキシコのアンセルに完勝。

大会最多記録を更新する通算27勝目を飾る大活躍をみせました。

■編集後記

プレジデンツカップ、ゴルフネットワークで録画して見てましたけど、第3Rまで世界選抜が優勢で、これは奇跡が起きるかと思われましたけど、やはり最終日、マッチプレーで見事にひっくり返されました。世界ランキング20位以内に入ってる選手の数が違います。世界選抜は松山とスコットだけ。やはり除外されているヨーロッパ国籍枠を作っていかないと、今後も世界選抜が米国を倒すのは難しい気がします。

(裏)朝から氷雨。午後からはあがるようです。今日は浅草で忘年会。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク