オーストラリア森林火災危機

Australia Bushfire Crisis

At least 24 people and hundreds of millions of wild animals have died, and about 2,000 houses have been destroyed since September as the country has been suffering an unprecedented bushfire crisis.

■チェック

・bushfire     森林火災
・crisis    危機
・hundreds of millions of     何億もの~
・destroy   破壊する
・suffer    (困難などを)経験する
・unprecedented   前代未聞の

■対訳

「オーストラリア森林火災危機」

前代未聞の森林火災危機に見舞われているオーストラリアでは、9月以降少なくとも24人が死亡し、野生動物数億匹が犠牲となり、住宅約2000軒が焼失している。

■訳出のポイント

bush はもともと

「灌木」 「低木」 の意。

つまり、 tree よりも丈が低く根元から多くの枝に分かれている木、

あるいは

そういった 「灌木の茂み」 「やぶ」

を意味する名詞となっています。

また、アフリカやオーストラリアの

「未開地」 「奥地」

のことを指す単語としても使われます。

bushfire は

主にオーストラリアで使われる表現で

低木地帯の「森林火災」 のこと。

とりわけ、”手に負えないような森林火災”

というニュアンスをともなうことが多い語です。

ちなみに、米国などでは

forest fire あるいは wildfire

という言い方が一般的ですね。

hundred million は 「億」 なので、

hundreds of millions は

その「億」が複数あるという意味で

「数億」

という意味になります。

hundreds of millions of ~ で

「数億(も)の~」

ということです。

今日の場合は

hundreds of millions of wild animals で

「数億匹の野生動物」

となっています。

suffer は

苦痛、困難などを 「経験する」

という動詞。

unprecedented が

「先例のない」 「空前の」 「前代未聞の」

という形容詞なので、

has been suffering an unprecedented
bushfire crisis

の部分は

「前代未聞の森林火災危機を経験している」 →

「前代未聞の森林火災危機に見舞われている」

というわけです。

豪州で昨年9月から続く大規模な森林火災。

年が明けてもその勢いは衰えていません。

南東部で猛威を振るい続ける森林火災は市民の生活を脅かすと同時に、自然環境、そして野生動物に壊滅的な打撃を与えています。

シドニー大学による推計では、ニューサウスウェールズ州だけで、昨年9月以降に約5億匹の野生動物が犠牲になったといいます。

■編集後記

豪州森林火災では、コアラが人間から手渡されたペットボトルの水を必死に飲む姿や、炎上する町中でなすすべなく立ち尽くすカンガルー、黒焦げになった森など、悲惨な映像の数々が衝撃的ですね。気候変動を考えれば、米カリフォルニアや豪州ではこういった森林火災が今後も続くことが予想されます。グレタさんではありませんが、こんな状況になっているのに具体的かつ効果的な対策を実施できない世界各国。。。暗澹たる気持ちになってしまいます。

(裏)今日はもっと気温が上がるんじゃ。。外めちゃ寒いです・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク