ヘンリー王子夫妻、公務引退し称号返上

Harry And Meghan Drop Royal Duties and HRH Titles

Britain’s Prince Harry and Meghan will no longer use the titles His and Her Royal Highness after announcing they would step back from their roles as senior royals, Buckingham Palace announced Saturday.

■チェック

・drop royal duties   (王族)公務を引退する
・HRH (=His and Her Highness) titles
ロイヤルハイネス(殿下、妃殿下)の称号
・step back from   ~から退く
・senior royal   【英】シニアロイヤル、高位王族
・Buckingham Palace   バッキンガム宮殿 → 英王室

■対訳

「ヘンリー王子夫妻、公務引退し称号返上」

英国のヘンリー王子とメーガン妃が高位王族の役割から退くと発表したのを受け、英王室は土曜日、夫妻は今後はロイヤルハイネス(殿下、妃殿下)の称号を使用しない、と発表した。

■訳出のポイント

Harry 「ハリー」 は

英国の Prince Henry 「ヘンリー王子」 の愛称。

英語圏では

Prince Henry という呼び方はほとんど使われず

Prince Harry が通称となっています。

duty は

「義務」 「務め」 「責務」

を意味する名詞。

そこで、

royal duties は

「王族の義務」 「王室の務め」 → 「王族としての公務」

ということですね。

British Royal Family 「イギリス王室」 におけるtitles 「称号」について、ここで触れておきましょう。

男性の国王 King に対しては

His Majesty 「国王陛下」、

女王および国王の妻に対しては

Her Majesty 「女王陛下」、

国王の息子(王子)、あるいは王子の息子に対しては

His Royal Highness 「殿下」、

国王の娘(王女)、王子の娘に対しては

Her Royal Highness 「妃殿下」

という称号を用いるのが基本となっています。

そして、今日のタイトルの HRH は

His Royal Highness および Her Royal Highness

の略ですね。

チャールズ皇太子(=王子)の息子であるヘンリー王子に
対する称号は

His Royal Highness で、

そのヘンリー王子の妻となったメーガン妃に対する称号は

Her Royal Highness

だったわけですが、今回の ”引退” 騒動で、

夫妻はこれらの称号を失った、というのが今日のニュースの
内容ですね。

no longer は

「もはや~ない」

という言い方なので、

will no longer use titles of …

の部分は

「もはや・・・の称号を使わない」 →

「今後は・・・の称号を使用しない」

というわけです。

公式インスタグラムを通じて、英王室からの実質 “引退” を宣言していたヘンリー王子夫妻。

それを受けて、王室では家族会議が開かれていると報道されていましたが、英王室は18日、夫妻の意向を認める形の声明を発表しました。

夫妻は今春から高位王族としての(=エリザベス女王の代理としての)公務を行わず、王族としての称号を使用しないこととなった、というものです。

そして、従来公務にともなって受け取る公金(王室助成金)は辞退し、ロンドン近郊ウィンザーの自宅改修のために使われた公金240万ポンド(約3億4400万円)も返金する、ということです。

■編集後記

中国の新型肺炎・・・国内ではこれまで何とかグランドゼロの武漢市内囲い込みに成功していましたが、とうとう北京などへの飛び火が確認されました。英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームが先日、感染者が中国当局の発表の30倍近い1700人に達しているとの見方を示したという報道もありました。またこれから中国の旧正月(春節)が始まります。多くの中国人が世界中へ旅行に行きます。事態が悪化しなければいいのですが。。

(裏)今日は東京14度まであがったそうです。ただ明日は寒そう・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク