スペースXが米飛行士を宇宙へ、民間初

SpaceX Becomes First Private Company to Put US Astronauts into Space

A rocket ship built by Elon Musk’s SpaceX company successfully launched on Saturday, carrying two NASA astronauts.

■チェック

・astronaut 宇宙飛行士
・rocket (ship)  ロケット船、宇宙船
・successfully launch  打ち上げに成功する

■対訳

「スペースXが米飛行士を宇宙へ、民間初」

土曜日、イーロン・マスク氏のスペースX社製の宇宙船が、米航空宇宙局の宇宙飛行士2人を乗せて、打ち上げに成功した。

■訳出のポイント

タイトルの

put US astronauts into space は

直訳すると

「米国の宇宙飛行士(ら)を宇宙に置く」。

つまり

「米宇宙飛行士を宇宙に連れていく(運ぶ)」

という意味になっています。

タイトル全体では

「スペースXが米宇宙飛行士を宇宙に運ぶ最初の民間企業になる」 →

「スペースXが、民間としては初めて、米宇宙飛行士を宇宙に運ぶ」

となるわけです。

本文頭の

A rocket ship built by Elon Musk’s SpaceX company は

「イーロン・マスク氏のスペースX社によって建造された宇宙船」 →

「イーロン・マスク氏のスペースX社製の宇宙船」

ですね。

successfully は

「成功裏に」 「首尾よく」 「うまく」

という副詞。

successfully + V で

「成功裏に V する」 「うまく V する」

という意味になりますが、

日本語としては

「 V することに成功する」

と訳すのが一般的なので、この形でおぼえておくようにしましょう。

ここでは

successfully launched で

「成功裏に打ち上げた」 → 「打ち上げに成功した」

ということです。

carry は

「~を運ぶ」 なので、

文末の carrying two NASA astronauts は

「米航空宇宙局の宇宙飛行士2人を運んで」 →

「米航空宇宙局の宇宙飛行士2人を乗せて」

となっています。

富豪イーロン・マスク氏が所有する宇宙開発企業スペースX は30日午後、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで、NASA の宇宙飛行士2人を乗せた宇宙船 Crew Dragon の打ち上げに成功しました。

米国人が国内から宇宙に飛び立つのは、NASA がスペースシャトルの有人飛行計画を9年前に中止して以来、そして、民間企業による有人宇宙飛行は史上初のことです。

NASA は今後、自前の宇宙船は持たず、スペースX の “タクシーサービス” を利用するモデルを想定しているようです。

また、今回の成功により、スペースX 以外の民間企業の参入も期待され、航空機製造大手のボーイング社もすでに、NASA への宇宙船供給契約を結んでいるそうです。

■編集後記

民間企業が NASA 宇宙飛行士を宇宙へ運ぶ時代とは・・・ 少し前には想像できませんでした。個人的には米起業家そしてベンチャーの底力を感じています。ただ万が一、宇宙船、宇宙ステーションの中でコロナを発症したらどうなるんでしょう・・

動画で収益を挙げるYoutuberは子どもたちの憧れの職業ナンバーワンです。しかし、アカウントを収益化するまでの壁(チャンネル登録者数1000人など)を超えられません。Youtubeよりももっと簡単に収益化できるスマホ動画ビジネスが話題です。アカウント作ってすぐに報酬発生事例が続々報告されています。今すぐLINEで一緒に学びましょう!
https://www.msam3.net/t/iba5l.html

(裏)今日はなんだから1日どんよりと暗いです・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク