トランプ米大統領が初来日、アジア歴訪開始

Trump Makes First Visit to Japan, Kicking off Asian Tour

U.S. President Donald Trump arrived in Japan on Sunday, the first stop on a 12-day Asian tour.

■チェック

・make (one’s) first visit to ~を初めて訪問する
・kick off 開始する
・Asian tour アジア歴訪

■対訳

「トランプ米大統領が初来日、アジア歴訪開始」

日曜日にドナルド・トランプ大統領が、12日間に渡るアジア歴訪の最初の訪問国である日本に到着した。

■訳出のポイント

visit は 「訪問する」 「訪ねる」 という基本動詞。

同時に、「訪問」 という名詞としてもよく用いられますね。

そして、英字新聞では

この名詞 visit を使った

make a visit to ~ 「~を訪問する」

という言い方が頻出です。

意味的には、シンプルに動詞 visit を用いた visit to ~
と同じなのですが、visit の前に様々な形容詞を加えることで、広く応用が効く便利な表現だからです。

例えば、

make a brief visit to ~ は

「~に短い訪問をする」 → 「~に少し立ち寄る」、

make a formal visit to ~ だと 「~を正式訪問する」

という具合です。

今日のタイトルでは

make (one’s) first visit to Japan で

「日本を初めて訪問する」 → 「初来日する」

となっています。

kick off はもともと、

アメフトやサッカーでボールを蹴って 「試合を開始する」

という句動詞。

ここから、試合だけでなく、イベント、仕事、会議などを

「開始する」 「幕を開ける」 という意味で広く使われる表現となっています。

日本語でも 「ツアー」 と言いますが、英語の tour の語源は「ろくろ」「回転」「一周」を意味する古仏語の tourn。

ここから、何箇所かをめぐるような

「旅行」 「周遊」 あるいは 「巡業」、「視察」、「遠征」

を意味する名詞となっています。

そこで、今日の Asian tour は米大統領による

「アジア歴訪」

というわけです。

a 12-day Asian tour で

「12日間のアジア歴訪」

ということです。

今回、トランプ米大統領は、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの
アジア5か国を歴訪。

最初の訪問国である日本には、5日から2泊3日滞在予定。

初日5日には2020年の東京オリンピックでゴルフの会場となる埼玉県川越市の 「霞ヶ関カンツリー倶楽部」 で、安倍総理大臣、そして、世界ランキング4位のプロゴルファーの松山英樹選手も交えて一緒にゴルフをしました。

6日には両首脳は一連の会談で、緊迫する北朝鮮情勢などについて話し合う予定となっています。

■編集後記

昨夜首都高3号線を渋谷から霞が関に向けて走っていたら、反対車線(銀座方面)を通行停めしていました。
当然、完全渋滞です。次の瞬間、大統領専用車がまさに高速大名行列のように目の前の環状線内回りを銀座方面に向かって何台も疾走していきました。
もし大統領の来日中になにかテロなどがあって大統領が負傷したら警察庁長官と警視総監は間違いなく責任を取らされます。そんなことが起きないように警察庁警備局、警視庁警備部は日夜総力戦で警備にあたっています。

(裏)11月は停滞型の高気圧のために晴天続きでいいですねー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク