スイス: 世界一急勾配のケーブル鉄道がオープン

World’s Steepest Funicular Railway Opens in Switzerland

The world’s steepest funicular railway has opened in central Switzerland, climbing 743 meters in just 4 minutes.

■チェック

・steep 急勾配の
・funicular railway ケーブル鉄道
・Switzerland スイス
・climb 登る

■対訳

「スイス: 世界一急勾配のケーブル鉄道がオープン」

スイス中部で、世界一急勾配のケーブル鉄道が運行を開始した。標高差743メートルをわずか4分で登るという。

■訳出のポイント

steep は

「険しい」、坂などが 「急な」 「急勾配の」

という形容詞です。

funicular は

「ロープ(ケーブル)緊張力によって動く」 という形容詞で

funicular railway で 「ケーブル鉄道」

の意味になっています。

そこで、

(the) world’s steepest funicular railway は

「世界で最も急勾配のケーブル鉄道」 →

「世界一急勾配のケーブル鉄道」

ということです。

Switzerland は 「スイス」。

英語の Swiss は 「スイスの」 「スイス人の」

という形容詞になるので注意しましょう。

open はもともと 「開く」 という動詞ですね。

日本語でも 「オープンする」 と言うように、

店などが 「開店する」 「開業する」

などの意でも頻出です。

今日の場合は、主語がケーブル鉄道なので

「開業する」 → 「運行を開始する」

としているわけです。

climb は 「登る」 という動詞なので、

本文後半の

climbing 743 meters in just 4 minutes は

「わずか4分で743メートルを登る」。

対訳では、わかりやすいように

「標高差743メートルをわずか4分で登る」

と訳しています。

オープンしたのは、スイス中部のアルプス山脈にある谷間の町Schwyz と Stoos を結ぶケーブル鉄道。

傾斜は最大110%(100m の距離を進む間に110m 上昇・下降)で、世界一。

標高差743m を4分で登ります。

車体は、勾配が変わっても乗客の位置を安定させるために、回転するドラム(あるいは樽)のような形状になっているということです。

■編集後記

その動画がこちらです。


ドラム式というのは面白いですね。すごく雄大な景色が眺められのでしょう!
これまでは、こちらの最大傾斜 106%のドイツにあるfunicular が世界最大傾斜だったそうですけど、目がまわりそうです。

(裏)さて2017年ももうすぐ終わります。やや慌ただしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク