東京の動物園でパンダの赤ちゃんデビュー

Giant Panda Baby Makes Debut at Tokyo Zoo

A baby panda made her public debut at Ueno Zoo in Tokyo on Tuesday. Lucky visitors who obtained tickets in a lottery lined up to catch a glimpse of six-month-old Xiang Xiang.

■チェック

・giant panda baby    ジャイアントパンダの赤ちゃん
・make one’s (public) debut    デビューする (一般公開される)
・obtain tickets in a lottery    抽選で観覧券を手に入れる
・line up    並ぶ、行列を作る
・catch a glimpse of    ~をひと目見る

■対訳

「東京の動物園でパンダの赤ちゃんデビュー」

火曜日に東京の上野動物園で、パンダの赤ちゃんの一般公開が始まった。運良く抽選で観覧券を手にした来園者たちが、生後6ヶ月のシャンシャンをひと目見ようと列を作った。

■訳出のポイント

日本語では 「パンダ」 と言えば 「ジャイアントパンダ」 のことですね。

英語でも、giant panda ですが、文脈で明らかな場合は 単に panda と記されます。

タイトルの giant panda baby、

本文の a baby panda は

ともに 「(ジャイアント)パンダの赤ちゃん」

ということです。

debut は 「デビュー」 「初舞台」 という名詞。

make a debut あるいは make one’s debut で

「デビューする」 「初出演(出場)する」 「初舞台を踏む」

という言い方になります。

今日の本文では

パンダの赤ちゃんんが make a public debut

「公にデビューする」 → 「一般公開される」 「一般公開が始まる」

ということです。

lottery は 「くじ引き」 「抽選」。

obtain tickets in a lottery で

「抽選でチケットを手に入れる」

ということです。

そして、この場合のチケットとは、パンダの赤ちゃんを見るための 「観覧券」 を指すわけですね。

glimpse の語源は

「かすかに光る」 という意味の中世英語 glimsen 。

ここから、「ちらりと見えること」 「ひと目」 「一瞥(いちべつ)」

といった意味の名詞です。

catch a glimpse of ~ で

「~をちらっと見る」 「~をひと目見る」 「~を垣間見る」

という表現になっています。

本文第2文はそのまま訳すと

「抽選で観覧券を手にした運がいい来園者たちが、生後6ヶ月のシャンシャンをひと目見るために列を作った」。

つまり、

「運良く抽選で観覧券を手にした来園者たちが、生後6ヶ月のシャンシャンをひと目見ようと列を作った」

となります。

上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」 の一般公開が始まったニュースです。

年内分の観覧抽選には24万組を超える申し込みが殺到したという人気ぶり。

一般公開初日には約1400人が来訪したそうです。

■編集後記

まさにシャンシャンブームです。当選確率が44分の1とか?ある女性は友達40人に頼んで申し込んだけどやはり当選したのは1人だけだったとか。確かにテレビで見るとかわいいですよね!
でもこのシャンシャン、早ければ2年後、遅くとも4年後には中国に返さないといけません。

(裏)昨夜はココイチのチーズカレー鍋を家で作りました。めちゃうまかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク