セレナ・ウイリアムズ、出産を経て復帰

Serena Williams to Make Comeback After Giving Birth

Serena Williams is set to return to the tennis court after giving birth in September. The former world number one and 23-grand slam winner will play against world number seven Jelena Ostapenko in an exhibition match in Abu Dhabi on December 30th.

■チェック

・make (a) comeback   復帰する
・give birth   出産する
・be set to   ~することに決まっている
・play against   ~と対戦する

■対訳

「セレナ・ウイリアムズ、出産を経て復帰」

9月に出産したセレナ・ウイリアムズがテニスコートに帰ってくる。元世界ランク1位でグランドスラムを23回制しているウイリアムズは、12月30日にアブダビで行われるエキシビジョンマッチで、世界ランク7位のエレナ・オスタペンコと対戦する。

■訳出のポイント

日本語でも 「カムバック」 というように、

comeback は

「復帰」 「再起」 「回復」。

タイトルでは、冠詞 a が省略されていますが、

make a comeback で 「復帰する」

という表現になっています。

give birth は 「出産する」。

after giving birth で

「出産した後で」

ということです。

be set to V は

「Vすることになっている」 「Vすることに決まっている」。

そこで、本文第1文は

「セレナ・ウイリアムズが9月に出産した後で、テニスコートに戻ることになっている」 →

「9月に出産したセレナ・ウイリアムズがテニスコートに帰ってくる」

というわけです。

winner は 「優勝者」。

そこで、

23-grand slam winner は直訳すると

「23のグランドスラムの優勝者」。

つまり、

「グランドスラムを23回優勝した人」

の意味になります。

対訳では、

「グランドスラムを23回制した(ウイリアムズ)」

と訳しています。

exhibition は 「展示」 「公開」。

exhibition match は、競技大会において公式試合の期間の前後や合間に行われる、非公式の試合。

「公開試合」 とも訳されます。

親睦・交流、日程調整、あるいは興行など、様々な目的で行われています。

今回のウイリアムズの復帰戦は、年末にアブダビで行われる

Mubadala World Tennis Championship
「ムバダラ世界テニス選手権」

のエキシビジョンマッチということです。

グランドスラム23回優勝という圧倒的な実績を持つウイリアムズに立ち向かうのは、2017年の全仏オープンでノーシードから優勝を果たしたエレナ・オスタペンコ。

非公式とはいえ、テニスファンにとっては見逃せない一戦になりそうです。

出産を経て競技に復帰するトップ女性アスリートは、年々増えてきているとはいえ、まだまだ多くありません。

ウイリアムズの復帰は、これから世界の頂点を目指そうという女性アスリートにとっても、勇気づけられるニュースですね。

■編集後記

ウイリアムズ、現在36歳。米国のニュース系ソーシャルブックマークサイト、redditの共同創業者、アレクシス・オハニアンと2016年に婚約しています。ウイリアムズより3歳歳下の、33歳で白人です。
話は変わりますが最近カレー鍋にはまっています。とりわけココイチがつくったカレー鍋は美味しいです。
チーズカレー鍋も出てますが、ちょっとまったりした感じ。普通のカレー鍋のほうがスパイシーで美味しいです。
締めは冷凍のさぬきうどんです!

(裏)12月、あっという間に過ぎていきますね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク