仏料理の有名シェフ: ポール・ボキューズ氏死去、91歳

Renowned French Chef Paul Bocuse Dies at 91

Paul Bocuse, a renowned French chef and a leading figure of the pathbreaking movement in the culinary world known as “nouvelle cuisine”, died on Saturday. He was 91.

■チェック

・renowned    有名な
・French chef    フランス料理シェフ
・leading figure     主要人物、中心人物、主役
・pathbreaking movement    革新的な運動
・culinary world    料理界
・nouvelle cuisine    【仏語】ヌーベルキュイジーヌ(新しい料理)

■対訳

「仏料理の有名シェフ: ポール・ボキューズ氏死去、91歳」

有名なフランス料理シェフで、「ヌーベルキュイジーヌ」 として知られる、料理界の革新的な運動の中心人物だったポール・ボキューズ氏が土曜日に死去した。91歳だった。

■訳出のポイント

renowned は 「有名な」 「高名な」 という形容詞。

意味的には famous と同じですが、

より洒落(しゃれ)た、あるいは洗練された語になっています。

料理人を意味する 「シェフ 」という言葉は、すっかり日本語にも浸透していますね。

chef はもともとフランス語で

熟練した 「料理人」 「コック」 の意。

ここでは、

French chef で 「フランス料理シェフ」

ということです。

figure は

輪郭でわかる 「人の姿」 「物の姿」 「人影」、

あるいは

「体つき」 「体形」 「プロポーション」

などを意味する名詞。

ただし、前に形容詞を伴う形で

~の 「人物」

という用法でもしばしば登場するので、しっかり確認しておきましょう。

今日の場合は、

「一流の」 「主要な」 「優れた」 「指導的な」

という意の形容詞 leading を伴っています。

つまり、

a leading figure で

「主要人物」 「指導的人物」 → 「中心人物」

ということです。

pathbreaking は、

「道を切り開く」 という句動詞 break a path が形容詞化したもの。

つまり、

「道を切り開くような」 → 「草分け的な」 「先駆的な」 「革新的な」

ということです。

仏料理界の大御所、ポール・ボキューズ氏が死去したニュースです。

リヨン近郊の料理人一家に生まれ、武者修行の末1959年に生家の料理店を継いでいます。

1965年にレストランを星の数で格付けする 「ミシュランガイド」 で最高の三つ星を獲得し、75年に料理人では初めて仏国家勲章のレジオン・ドヌール勲章を受けました。

重いソースが主流だったフランス古典料理界に、素材そのものを生かす革新的な手法で 「ヌーベルキュイジーヌ(新しい料理)」 の新風を吹き込んだ人物。

その裏には、日本の懐石料理などの料理法や盛りつけに強い感銘を受けたという背景がありました。

日本でも店舗を展開しており、日本の仏料理界にもボキューズ氏の弟子が多数活躍していますね。

■編集後記

インフルエンザが猛威をふるっています。私の会社でも3人がインフルエンザに。A型は熱が上がるのですぐに分かるそうですがB型はそれほど熱が上がらず、実はB型に感染しているにもかかわらず自覚症状がない人も多いとのこと。

(裏)ちょっと咳が止まらず念のため病院へ・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク