豪州:ドローンが溺れそうな少年を救助

Australia: Drone Rescues Two Drowning Boys

Two drowning teenage boys were saved by a newly-developed lifesaving drone off an Australian beach.

■チェック

・rescue (=save)  ~を救助する
・drowning    溺れそうな、溺れている
・newly-developed   最近開発された
・lifesaving drone   救命ドローン

■対訳

「豪州:ドローンが溺れそうな少年を救助」

オーストラリアの浜辺沖で溺れそうになっていた10代の少年2人が、最近開発された救命ドローンによって助けられた。

■訳出のポイント

タイトルに登場している rescue は

人などを《差し迫った危害・危険など》から《迅速に》に

「救う」 「救助する」 「救出する」

という動詞。

一方、本文で使われている save も

人などを 《危険・害・困難など》 から

「救う」 「救助する」 「救出する」

の意で、

今日の記事ではタイトルの rescue を言い換える形になっています。

両者はほぼ同じ意味で使われるわけですが、

rescue には

《緊迫した状況》 から 《迅速に》 に 「救う」

というニュアンスが伴うことに注意しておきましょう。

逆に save については、人命救助など差し迫った状況についても、もちろん使いますが、

緊迫性はない慢性的な困難な状況などから「救う」

という場合にも用いられるわけです。

drowning は 「溺死」 という名詞でもありますが、

今日の場合は

「溺れている」 「溺れて死にかけている」 「溺れそうになっている」

という形容詞です。

(two) drowning (teenage) boys で

「溺れそうになっている(10代の)少年(2人)」

ということですね。

「新しい」 の意でおなじみの形容詞 new の副詞形である newly は

「新しく」 「新たに」 「最近」。

そこで、

a newly developed は

「新しく開発された」 「最近開発された」

ということです。

つまり

a newly-developed lifesaving drone で

「最近開発された救命ドローン」

ということです。

サーフスポットとしても有名なオーストラリアのニューサウスウェールズ州レノックス・ヘッドで、ビーチから流されて溺れそうになっていた少年2人が救命ドローンのおかげで命びろいした、というニュースです。

実は、このドローンは34万豪州ドル(約3770万円)を投じて開発されたばかりで、この日は現地のライフガードが操縦訓練を行っていたそうです。

ドローンをビーチ沖に飛ばし、搭載されたカメラの画像をモニターしていた際に、沖合に流されて溺れそうな少年2人を発見。

遠隔操作で、

rescue pod 「レスキューポッド」

と呼ばれる自動膨張式の棒状浮き袋を上空から投下したところ、少年たちは、ポッドにつかまりながら、自力でビーチまで戻ることができました。

ニューサウスウェールズ州によると、

「ドローンによる人命救助は世界で初めて」

だということです。

■編集後記

救命具とそのロープをドローンで少年たちの頭上まで持っていき、リリースしてつかまらせる
わけですが、実はこれはドローンフィッシングの応用です。すでに世界ではドローンで釣り糸を海岸から普通届かない距離(300mとか400m)まで持っていって、針や重りをリリースします。あるいはドローンで海を俯瞰して(手元のスマホで映像が見れます)魚がわいているところでリリースをする。この応用になるかと思います。
ドローンの可能性がどんどん広がってくる良いニュースでした。

(裏)昨夜の大雪すごかったでした。うちの会社でも帰宅難民者続出でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク