シャチが人間の話し言葉のまねを習得

Killer Whale Learns to Imitate Human Speech

A team of international researchers have successfully trained a killer whale to mimic human speech for the first time.

■チェック

・killer whale   シャチ
・imitate (=mimic)   ~をまねる
・human speech   人間の話し言葉
・successfully + V   うまくVする、Vすることに成功する

■対訳

「シャチが人間の話し言葉のまねを習得」

国際研究チームが、人間の話し言葉をまねするようにシャチを訓練することに、世界で初めて成功した。

■訳出のポイント

今日は killer whale 「シャチ」 の話題です。

英語では、この killer whale のほかに、

orca

とも言います。

ちなみに、orca は

ラテン語でクジラ(=whale)

を意味するそうです。

imitate は

「まねる」 「模倣する」

という動詞。

imitate human speech で

「人間の話し言葉をまねる」

ということです。

また、本文で使われている mimic の語源は

「物まね師」 という意味のギリシア語 mimikos。

ここから、やはり

「~をまねる」

という動詞になっています。

successfully は英字新聞でも頻出の副詞で、

「成功裏に」 「首尾よく」 「うまく」 の意。

successfully + V の形で

「成功裏にVする」「うまくVする」 → 「Vすることに成功する」

という言い方ですね。

そこで、

have successfully trained a killer whale to mimic human speech

の部分は

「シャチが人間の話し言葉をまねするように訓練することに成功した」

「人間の話し言葉をまねするようにシャチを訓練することに成功した」

海洋大型ほ乳類のシャチは、高い知能を持つことが知られていますが、人間の言葉をまねできることが世界で初めて報告された、というニュースです。

今回、人間の言葉を覚えたのは、南仏の水族館で飼育されている16歳のメスのシャチ。

訓練士をまねて声を出すように教えたところ、英語の

“hello” “bye-bye” “one, two,three” “Amy”

など、複数の言葉を発音できるようになったそうです。

研究チームは、シャチが人間の言葉とそっくりな音を出すことができたとしても、言葉の意味を理解しているわけではないといいます。

■編集後記

スマホを買い換えようか悩んでいます。今、iphone 6 なのですが 8にするかxにするか。
Xの有機ELディスプレイが野外視認性が悪いらしいのでこれを使ってドローンも操縦しようとする私としてはやはり液晶の8か・・あるいは世界的には圧倒的なシェアを誇る、Android Samsungにいくか・・・ただiphoneにかなり慣れてしまっていることもあり、、、悩みます・_・

(裏)雪ですが特に大きな混乱はなくてよかったです・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク