インフルエンザ、日本で猛威をふるう

Influenza Goes on Rampage in Japan

The number of flu patients has risen to a record high in Japan as two types of the virus have broken out simultaneously nationwide.

■チェック

・influenza (=flu)   インフルエンザ
・go on (the) rampage   猛威をふるう
・patient    患者
・rise to a record high   過去最多になる
・break out   (病気が)発生する、流行する
・simultaneously   同時に

■対訳

「インフルエンザ、日本で猛威をふるう」

日本で2つの型のインフルエンザが同時に流行し、全国の患者数は過去最多となった。

■訳出のポイント

influenza は 「インフルエンザ」。

英語では、その短縮形の flu が一般的に用いられています。

日本語で 「インフル」 と言うのと同じ感覚ですね。

I am sick with flu.

「インフルにかかっている」

という具合に使います。

rampage は

「暴れ回ること」 「狂暴な行為」

を意味する名詞。

英字新聞では

shooting rampage 「銃乱射(事件)」

という表現で登場することが多い単語です。

go on the rampage で

「暴れ回っている」 「荒れ狂う」 「猛威をふるう」

という表現になっています。

そこで、今日のタイトル

Influenza Goes on (the) Rampage in Japan は

「インフルエンザが日本で猛威をふるう」

ということです。

record high は

数量・金額などの 「記録的な高さ」 → 「最高記録」 「最多記録」

を意味します。

rise to a record high で

「最多記録まで上昇する」 → 「過去最多となる」

という言い方になります。

したがって、

The number of flu patients has risen to a record high

の部分は

「インフルエンザの患者数が過去最多となった」

というわけです。

break out は

戦争、家事、暴動、あるいは病気などが

急に 「発生する」 「勃発する」

という句動詞。

病気、特に感染病については

日本語の 「流行する」

に近いニュアンスで使われる表現となっています。

今日の場合は、

two types of the virus have broken out simultaneously で

「そのウイルス(=インフルエンザ)の2つの型が同時に流行した」

→ 「2つの型のインフルエンザが同時に流行した」

となっています。

全国でインフルが猛威をふるっています。

厚労省によると、1月後半から2月前半の全国患者数は統計を取り始めた1999年以降で最多に。

大流行の原因ははっきりしませんが、例年だと2月から増えるB型の流行が1カ月ほど早まっており、A型の流行時期と重なったことなどが考えられるようです。

インフルは日本国内だけでなく、世界的にも大流行。

米国では昨年10月以降、インフル感染によって子どもが少なくとも37人死亡したとの報告がされています。

また、年初来インフル感染で120人超が死亡したとされる香港では、感染拡大を食い止めるために、8日に全ての幼稚園と小学校の閉鎖し、一足先に旧正月休みにすることを決定しています。

■編集後記

それにしても今回のインフルエンザはひどいですね。我が家でも妻と私2人がかかりました。
子供2人は大丈夫でしたが・・あと会社でも疑わしい人を含めると半数以上がかかっています。それにまだまだ取引先の担当者とかインフルエンザでお休みという人が出てきたり、いつ終息するのか?という感じですよね・・・咳が出たり微熱が続いたらすぐに病院へ!

(裏)3連休、風がないのは明日土曜日だけ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク