露旅客機墜落、71人死亡

Russian Plane Crash Kills 71

A Russian airliner crashed shortly after taking off from Moscow’s Domodedovo Airpot on Sunday, killing the 65 passengers and six crew members on board.

■チェック

・airliner    旅客機
・shortly after    ~後間もなく
・take off   離陸する
・passenger    乗客
・crew member    乗組員、乗員
・on board    乗っている、搭乗して

■対訳

「露旅客機墜落、71人死亡」

日曜日、ロシア旅客機がモスクワのドモジェドボ空港を離陸後間もなく墜落し、搭乗していた乗客65人乗員6人が死亡した。

■訳出のポイント

airliner は 「旅客機」。

passenger plane と同義で使われますが、

通常、航空会社が運行する大型の定期的な 「旅客機」

を意味します。

shortly after ~ は

「~の後間もなく」 「~直後に」

という言い方。

take off は

飛行機・宇宙船などが

「離陸する」 「飛び立つ」 「出発する」

という句動詞なので

shortly after taking off from Moscow’s Domodedovo Airpot

「モスクワのドモジェドボ空港から離陸した後間もなく」 →

「モスクワのドモジェドボ空港を離陸後間もなく」

となっています。

on board は

船や飛行機に 「乗って」

という言い方。

そこで、文末の

the 65 passengers and six crew members on board

の部分は

「乗っていた65人の乗客と6人の乗員」 →

「搭乗していた乗客65人乗員6人」

ということです。

墜落したのはロシア国内便を運航するサラトフ航空(Saratov Airlines)の旅客機。

モスクワのドモジェドボ空港(Domodedovo Airport)からウラル山脈のオルスク(Orsk)に向けて離陸数分後に、モスクワ南東約35キロのラメンスキー村で墜落しました。

ロシア当局は、ここ数週間の記録的な豪雪に加え、人為的ミスや機器の故障など、すべての可能性を視野に原因捜査する方針で、テロとの見方は出ていないようです。

■編集後記

墜落した飛行機はロシア製サラトフ航空のアントノフAN148型機。サラトフ航空は1994年、アエロフロート社から独立して運行開始。これまで墜落事故はなかったようです。今回、出発直前、機長が除氷作業を断っていたという報道が気になります。

(裏)平昌、日本、今朝の時点でメダル3個。がんばれー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク