韓国:北は 『日本と対話する用意がある』

South Korea Says: Kim Jong-un ‘Ready to Talk with Japan’

North Korean leader Kim Jong-un is willing to hold talks with Japan’s Prime Minister Shinzo Abe any time, South Korea’s Blue House, two days after a historic inter-Korean summit.

■チェック

・be willing to    ~する用意がある
・hold talks with   ~と会談する
・Blue House    【韓国】 青瓦台 =大統領官邸 → 韓国大統領府
・inter-Korean summit    南北(朝鮮)首脳会談

■対訳

「韓国:北は 『日本と対話する用意がある』」

北朝鮮指導者の金正恩氏は、いつでも日本の安倍晋三首相と対談する用意がある、という。歴史的な南北首脳会談の2日後に、韓国大統領府が伝えた。

■訳出のポイント

ready は

「用意ができた」 「準備ができた」

の意味でおなじみのという形容詞ですね。

be ready to V で

「~する用意(準備・心づもり)がある」 「いつでも~できる」

という言い方になります。

今日のタイトルでは be 動詞が省略されていますが、

(is) ready to talk with Japan で

「日本と話し合いをする用意がある」 → 「日本と対話する用意がある」

ということです。

また、本文では

be willing to V

「快く~する」 「~するのをいとわない」 →

「~する意思(用意)がある」 「~するのに前向きである」

という表現で言い換えられています。

is willing to hold talks with Japan’s Prime Minister Shinzo Abe any time

「いつでも日本の安倍晋三首相と会談する用意がある」

となっています。

Blue House は、

韓国のソウル特別市鐘路区、北岳山のふもとにある大統領官邸

「青瓦台(せいがだい)」 を指し、

「韓国大統領官邸」

の意味になります。

White House 「ホワイトハウス」 「米大統領官邸」 が、

しばしば 「米政権」 「米政府」 を意味するように、

「韓国大統領府」 あるいは 「韓国政府」

を指して用いられる場合もあります。

inter- は 「~の間」 という接頭辞なので、

inter-Korean summit は

「(ふたつの)コリア の間の首脳会談」 → 「南北首脳会談」

ということですね。

27日に板門店で実現した南北首脳会談。

その会談で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は

「いつでも日本と対話する用意がある」 と

文在寅韓国大統領に伝えたといいます。

文大統領は、29日午後に安倍首相と電話で協議し、こういった日朝関係をめぐる金氏とのやり取りを伝えた、ということです。

米朝首脳会談に続いて、日朝首脳会談が開かれる可能性も指摘されていますが、果たして実現するのでしょうか・・・

■編集後記

あれだけ日本や米国に核ミサイルを落とす、と世界を震え上がらせていた人間(金正恩)がどのような意図で今回の歩み寄りに踏み切ったのか・・・米国と正面衝突だけは避けたかったのか・・経済封鎖で北朝鮮が内部から崩壊しそうなのか・・・興味あるところではあります。

(裏)GWですが会社はカレンダー通り・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク