世界最高齢犬が21歳で死去、147歳に相当

World’s Oldest Dog Dies at 21–147 in Dog Years

A wire-haired dachshund that had been recognized as the world’s oldest dog in the Guinness Book of Records died of natural causes on the outskirts of New York City at the age of 21–or 147 in dog years.

■チェック!

・wire-haired dachshund  ワイヤーへアード・ダックスフンド
・(the) Guinness Book of Records  ギネスブック
・die of natural causes  自然死する→老衰で死ぬ
・outskirts  郊外

■対訳

「世界最高齢犬が21歳で死去、147歳に相当」

ギネスブックで世界最高齢犬に認定されたワイヤーへアード・ダックスフンドがニューヨーク市郊外で老衰死した。人間の147歳に相当する21歳だった。

■訳出のポイント

in dog years は直訳すると 「犬の年では」 ということで、147 in dog years は「(21歳が)犬の年では人間の147歳に相当する」 という意味になります。

動詞 recognize は 「認識する」 「承認・認定する」。

そこで、had been recognized as the world’s oldest dog in the Guinness Book of Records の部分は「ギネスブックの中で世界最高齢犬に認定されていた」 ということ。

名詞 cause は 「原因」 「要因」 で、 natural cause は 「自然の原因」。

また die of ~ が 「~(が原因)で死ぬ」 という言い方なので、die of natural causes で 「自然の原因で亡くなる」 という意味になります。

通常は、事故性や犯罪性がない 「自然死である」 というとき、あるいは病気・怪我などではなく 「(自然な)老衰で亡くなる」 という場合に使われる表現です。

outskirts は 「中心から離れた地域」 という意味の名詞で、「町はずれ」 「郊外」ということで、suburb とほぼ同義の単語です。

on the outskirts of ~ で 「~のはずれ」 「~の郊外」 という表現になっています。

■編集後記

それにしても犬の寿命というのは短いんですね。。
平均で10年、長くて15年くらいだそうです。
猫もそのくらいだそうですが、最近では20年を超える長寿猫も珍しくないとのことで総じて犬よりも長生きのようですね。。

インドネシアの地震ですが、実は8月の中旬をピークにM3~5クラスの地震が何度も起きていました。
8月16日にはM5クラスが11回です。
これは生きた心地がしませんね。。
まさに巨大地震が起きる前兆が準備されていたわけです。

またこの同じ時期に日本でも地震活動が活発でした。
8月11日の静岡沖地震の前後に頻繁に地震がありました。
現在、関東はいつ地震が来てもおかしくない状況にあります。

(裏)東尾59歳、石田純一55歳。
娘を4歳歳下の男に。
心境わかるなぁ。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク