毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

2021年全英オープン:コリン・モリカワが逆転V

The Open 2021: Collin Morikawa Scores Upset Victory

Collin Morikawa, who came into the final day a shot behind Louis Oosthuizen, scored four birdies to clinch the Claret Jug on his Open Championship debut, pulling off his second major victory.

■チェック

・The Open (=Open Championship) 【ゴルフ】全英オープン
・score (an) upset victory 逆転優勝を決める
・a shot behind 1打差で
・score _ birdies _バーディを取る
・the Claret Jug 【ゴルフ】クラレット・ジャグ
(全英オープン勝者に贈られるトロフィー)
・on one’s debut デビュー戦で、初出場で
・pull off one’s _th major victory メジャー_勝目をあげる

■対訳

「2021年全英オープン:コリン・モリカワが逆転V」

ゴルフ全英オープンは、ルイ・ウェストヘーゼンと1打差で最終日を迎えたコリン・モリカワが4バーディを決めて、大会初出場でクラレット・ジャグを手にした。モリカワにとってはメジャー2勝目となった。

■訳出のポイント

upset はもともと

物を 「ひっくり返す」

船などを 「転覆させる」

という動詞。

今日のタイトルで登場しているのは、この動詞 upset の過去分詞から派生した形容詞の upset で

「ひっくり返った」 「転覆した」 の意。

upset victory (あるいは upset win) で

「ひっくり返った勝利」 → 「逆転勝利」 「逆転優勝」

というわけです。

score an upset victory で

「逆転勝利(優勝)を決める」

という言い方になっています。

come into ~ は

「~に加わる」 「~の状態になる」

という表現。

そこで、[,] にはさまれた

who came into the final day a shot behind Louis Oosthuizen

の部分は

「ルイ・ウェストヘーゼンと1打差で最終日という状態になった(コリン・モリカワ)」→

「ルイ・ウェストヘーゼンと1打差で最終日を迎えた(コリン・モリカワ)」

ということですね。

the Claret Jug 「クラレット・ジャグ」は

ゴルフ全英オープンの勝者に贈られる、独特なカップの形をした銀色のトロフィーのことです。

Claret は仏ボルドー地方で作られる辛口赤ワインの銘柄で、

jug は日本語の 「ジョッキ」 に当たる語。

つまり、1873年から勝者に贈られているトロフィーの原型はワインを飲むジョッキということですね。

この伝統から、

clinch the Claret Jug

「クラレット・ジャグを獲得する」

と言えば、すなわち

「全英オープンを制覇する」

という意味で使われるようになっているわけです。

同様に、今年4月に松山英樹選手が袖を通した

the Green Jacket 「グリーンジャケット」 は、

1937年からマスターズ覇者に贈られており、

やはり、マスターズ優勝の代名詞として使われていますね。

on one’s debut は

「デビューで」。

ゴルフなどスポーツの世界では

「デビュー戦で」「初出場(初参加)で」

というニュアンスで使われる表現です。

ここでは

on his Open Championship debut で

「全英オープン初出場で」

となっています。

句動詞 pull off は

「~を脱ぐ」 「~をはずす」

などの意味で日常的に使われる表現ですが、

ここでは

難しいことを「うまくやり遂げる」

勝利などを「勝ち取る」

という意味になっています。

したがって、本文末尾の

pulling off his second major victory は

「メジャー2勝目を勝ち取った」 「メジャー2勝目をあげた」

ということです。

ロイヤルセントジョージズGCで開催された男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全英オープン選手権。

1打差2位から出たコリン・モリカワがボギーなしの4バーディ「66」をマークし、通算15アンダーで逆転優勝を飾りました。

ロサンゼルス生まれの日系中国系米国人で24歳のモリカワはにとっては昨年の全米プロ選手権に続くメジャー2勝目で、どちらも初出場でのタイトル奪取。

大会初出場で2つのメジャータイトル獲得は史上初の快挙ということです。

■編集後記

日系中国系米国人のコリン・モリカワは見た目はモロ好青年の日本男子。24歳でメジャー2冠(しかもどちらも初出場V)はすごいですね。。。中継の録画を見ましたが、パットが神がかってました。これはボギー確実だろうというシチュエーションからパーを積み重ねるメンタルの強さ・・・しかし、初の全英、初のリアルリンクスコースで勝つというのはちょっと全英は経験がないと勝てないというゴルフ界の常識を覆しました。。

今日の動画
https://youtu.be/sOPZgSa8dWc

昨日の動画(ドイツ・ベルギー洪水)
https://youtu.be/SEtF35A1408

(裏)群馬の草津に来ています。昨日の最高気温31度・・・今世紀初かと思ったら昨年1度記録したとのこと・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク