米朝サミット:北朝鮮は『完全非核化』目指す

Trump-Kim Summit: North Korea to Work towards ‘Complete Denuclearization’

U.S. President Donald Trump and North Korean leader Kim Jong-un had historic talks in Singapore on Tuesday, singing a joint statement that includes Kim’s pledge to “work towards the complete denuclearization of the Korean Peninsula.”

■チェック

・work towards   ~を目指して力を尽くす
・complete denuclearization   完全非核化
・sign a joint statement   共同声明に署名する
・pledge   誓約、公約
・Korean Peninsula   朝鮮半島

■対訳

「米朝サミット:北朝鮮は『完全非核化』目指す」

ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は火曜日、シンガポールで歴史的な首脳会談を行い、金氏の「朝鮮半島の完全非核化に向けて力を尽くす」という誓約を含む、共同声明に署名した。

■訳出のポイント

Trim-Kim summit は

「トランプ氏と金氏の首脳会談」 の意。

新聞のタイトルでは、なるべく字数が少ない簡潔な表現が好まれるのは英語でも日本語でも同じです。

この言い方が英語ではもっとも字数が少なくなるわけですが、逆に、日本語では 「米朝首脳会談」 の方が簡潔ですね。

そこで、今日の対訳でも、あえて

「米朝首脳会談」

と訳しています。

work towards ~ は

「~に向けて努力する」 「~を目指して力を尽くす」 「~に向けてまい進する」

という句動詞。

work toward complete denuclearization で

「完全非核化に向けて努力する」 「完全非核化を目指して力を尽くす」

となっています。

sign は 「~に署名する」。

sign a joint statement で

「共同声明に署名する」

ということです。

pledge は

「堅い約束」 「誓約」 の意。

政治の世界では 「公約」 にあたる単語としても使われます。

pledge to V で 「~するという誓約」

という言い方です。

そこで、本文後半の

Kim’s pledge to “work towards the complete denuclearization of the Korean Peninsula”

の部分は

「金氏の 『朝鮮半島の完全非核化に向けて力を尽くす』 という誓約」

となっています。

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が12日、シンガポール南部セントーサ島のホテルで歴史的な初会談を行いました。

両首脳は、朝鮮半島の完全な非核化に向けた取り組みと、北朝鮮の体制保証などを盛り込んだ共同声明に署名。

ただし、これまで米国が主張してきた

complete, verifiable, and irreversible denuclearization

(=CVID)

「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」

は明記されておらず、非核化の時期や具体策も示されていません。

何はともあれ、史上初の米朝首脳会談が無事実現したことは確かです。

会談の成功および両国関係改善の演出(ジェスチャー)だけに終わらず、この先は、具体的な成果・進展がはっきり見える形で示されるか否かに注目したいですね。

■編集後記
メディアでは具体的な施策がなんら発表されないのでなんの前進もないのではという首脳会談へ批判的な声もあがってますが米朝両国首脳が会うというそれだけでも歴史に残る事件で、すごい前進かと個人的には思います。これからは、カードの出し合いになるかと(核施設の撤去、在韓米軍の撤退等々)。

(裏)久しぶりの晴れ。金、土とまたやや崩れますが日曜には持ち直しそうです。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク