ベルギー:8歳の少年が大学へ

Belgian Boy Aged Eight to Enter University

An eight-year-old Belgian boy has graduated from a secondary school alongside of 18-year-old classmates. Laurent Simons, who has an IQ of 145, will start at university after two months of summer holidays.

■チェック

・Belgian    ベルギーの、ベルギー人の
・aged _    _歳の
・enter university   大学に入る
・graduate from   ~を卒業する
・secondary school   【ベルギー】中等学校
・alongside    ~と並んで、~と一緒に
・IQ (=intelligence quotient)   知能指数
・summer holidays   夏休み

■対訳

「ベルギー:8歳の少年が大学へ」

ベルギーの8歳の少年が、18歳の同級生たちと並んで中等学校を卒業した。知能指数が145のローラン・シモンズくんは、2ヶ月の夏休みの後、大学に入学するという。

■訳出のポイント

「年」 「年齢」 という名詞としておなじみの age 。

「年をとる」 「ふける」 「老化する」

といった意味の動詞でもあります。

そして、この動詞 age の過去分詞が形容詞化した aged は

「年をとった」 「年数を経た」 「熟成した」

という意ですが、

数詞の前において

【 aged _ 】 という形で、

「_歳の」 「年齢が_の」

という言い方になります。

特に、

【 (名詞) + aged _ 】 だと

「_歳の(名詞)」

です。

そこで、タイトルの

Belgian boy aged eight は

「8歳のベルギー(人の)少年」

ということです。

また、これは本文では

an eight-year-old Belgian boy

と言い換えられていますが、全く同じ意味になっています。

教育システム(学校制度)は国によって様々ですね。

ベルギーを含む欧州の多くの国では、

primary school 「初等学校」(6~12歳)と

secondary school 「中等教育」(13~18歳)

から成るシステムを採用しています。

そして、これら義務教育課程を通じて、個人の能力に合わせた留年および飛び級は、ごく当たり前になっています。

今日は、ベルギーで8歳の少年が、通常は18歳で卒業する中等学校を卒業したという話題。

この少年、Laurent Simons くんは、

IQ (= intelligence quotient) 「知能指数」 が145ある

genus 「天才」 だそうです。

飛び級を重ねて、中等学校は18ヶ月で卒業したといいます。

ギネス世界記録によると、

6歳で high school を卒業し、

10歳で University of South Alabama 「サウス・アルバマ大学」
を卒業した

米国の Michael kearney 氏 (現在34歳)が、

Guinness World Record for world’s youngest college graduate

「世界最年少で大学を卒業した記録」

を保持しています。

もしかしたら、Laurent Simons くんが、近い将来この記録を更新するのかもしれませんね。

■編集後記
今日はというか明日の早朝3時からベルギー戦です。なので21時には寝ます!基本早寝早起きで今日も4時には起きてますので3時に起きるというのは、普通の人が1時間早く起きるくらい僕にとっては簡単なことなのです。アトランタ五輪で日本がブラジルに勝ったときの監督も西野監督だったので、なにか起きる、そんな気がします。

石田が書いた早起きの本→ https://amzn.to/2KG89Jy

(裏)それにしても暑い。群馬県の標高1200m草津温泉でも27度です・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク