台風24号、日本を直撃

Typhoon Trami Hammers Japan

Four people were killed and more than 200 were injured after powerful typhoon Trami ripped through Japan over the weekend. The destructive storm caused widespread traffic disruption and left more than 750,000 homes without power across the country.

■チェック

・Typhoon Trami   台風チャーミー → 台風24号
・hammer    ~を激しく攻撃する → (台風が)~を直撃する
・rip through ~ を切り裂く → (台風が)~で猛威を振るう
・destructive storm 暴風雨
・cause widespread traffic disruption      大規模な交通の混乱を引き起こす
・leave _ homes without power _戸で停電する

■対訳

「台風24号、日本を直撃」

週末にかけて強力な台風24号が日本を直撃し、4人が死亡、200人以上が負傷した。暴風雨で交通は大きく混乱し、全国で75万戸が停電した。

■訳出のポイント

hammer はもともと

「ハンマー」 「金づち」

ですね。

ここから、

「金づちで打つ」 → 敵、相手などを 「激しく攻撃する」 「たたきのめす」

という動詞としても使われます。

英字新聞では、

地震や台風などの天災が 「(特定の場所)を激しく襲う」 「直撃する」

という表現としてしばしば登場します。

また、rip は

「~を引き裂く」 「~を切り裂く」

とう動詞。

rip through ~ だと

「~を通り抜けて切り裂く」 → 「(場所などを)打ちのめしながら通過する」

という意味ですね。

しばしば、

台風などが 「~を直撃する」 「~を直撃して被害をもたらす」

というニュアンスで使われる表現となっています。

destructive storm は直訳すると

「破壊的な嵐」 「破壊をもたらすな嵐」 で、

日本語の 「暴風雨」 に当たる言い方のひとつです。

そこで、

caused widespread traffic disruption の部分は

「(暴風雨が)広範囲にわたる交通の混乱を引き起こした」 →

「(暴風雨で)交通が大きく混乱した」

ということです。

power は

「力」 → 「電力」 → 「電気」。

without power だと

「電気がなしで」 → 「停電で」

という言い方になります。

ここでは、

leave _ homes without power

「_戸を停電の状態にする」 → 「_戸が停電する」

というわけです。

週末に台風24号が ”非常に強い” 勢力で日本を直撃。

紀伊半島に上陸後は速度を上げ、一気に近畿地方から東北を通過しました。

沖縄から東北にかけて広い範囲で記録的な暴風となり、大規模な停電を起こし、各地の交通に大きな混乱をもたらしました。

幸い、事前に懸念されたような

「伊勢湾台風に匹敵するような被害」

「先月の台風21号の再来」

にはなりませんでしたが、全国で多くの被害が報告されています。

さらに、フィリピンの東海上では、すでに台風25号が非常に強い勢力に発達しながら北西に進んでいるといることで、今後の進路注視が必要ですね。

■編集後記
台風24号で被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。 ただ、伊勢湾台風の再来というのでどれだけのものが来るかと思ったら、意外とあっさり通りすぎた、というのが正直な感想です。

(裏)今日も秋晴れ!週末台風25号来るのでしょうか・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク