『ゴーンごっこ』 しないで! ヤマハが呼びかけ

Don’t ‘Play Ghosn’, Yamaha Warns

Japan’s Yamaha Music has cautioned that musical equipment cases are for musical instruments, not for people, in reaction to a spate of “playing Ghosn” posts on social media.

■チェック

・play   ~ごっこ(遊び)をする
・warn (=caution)    警告する、注意を呼びかける
・musical equipment case   楽器ケース
・musical instrument   楽器
・in reaction to ~を受けて
・a spate of ~   相次ぐ~、多くの~

■対訳

「『ゴーンごっこ』 しないで! ヤマハが呼びかけ」

ソーシャル・メディアで 『ゴーンごっこ』 の投稿が相次いでいるのを受け、日本のヤマハミュージックが、楽器ケースは楽器のためのもので、人が入るものではないとして、注意を呼びかけた。

■訳出のポイント

play は

「遊ぶ」

スポーツ、競技を 「する」

あるいは

楽器を 「演奏する」

などの意味でおなじみの基本動詞です。

これらの意味の他にも、

「~のふりをする」 「~のまねをして遊ぶ」 「~ごっこをする」

という使い方もあるので、注意しましょう。

そこで、タイトルの

play Ghosn は

「ゴーンのまねをして遊ぶ」 「ゴーンごっこをする」

という意味になっています。

Don’t play Ghosn で

「ゴーンごっこをしないで」

というわけです。

また、本文では

“playing Ghosn” と

現在分詞=名詞 として使われていて、

「ゴーンのまねをして遊ぶこと」 → 「ゴーンごっこ」

となっていますね。

a spate of ~ は

短時間、短期間の間に起こる 「一連の~」 「相次ぐ~」 「多数の~」

という言い方。

したがって

a spate of “playing Ghosn” posts on social media

の部分は

「相次ぐソーシャル・メディアへの 『ゴーンごっこ』 投稿」

ということです。

日産の前会長カルロス・ゴーン被告が、大型の楽器ケースの中に入って日本から密出国したとされることから、大きな楽器ケースに入ることを 『ゴーンごっこ』 と称して多くの画像が投稿される状況になっています。

今回ヤマハは、公式ツイッターアカウントを通じて、理由には触れないとしながらも、不幸な事故を起こさないために、楽器ケースに入ったり、入らせないように注意してほしい、と投稿しました。

報道によると、ゴーン被告は底面にドリルで呼吸のための穴を開けた、大型の楽器ケース(コントラバスのケース)に身を隠し、プライベートジェット機で関西空港から密出国した、とされています。

■編集後記

ゴーンごっこをツイッター検索してみると、猫をみかん箱にいれたり、洗濯カゴにいれたり、みたいなたわいもない画像が結構出てきますね。それにしてもヤマハによる注意喚起でさらにゴーンごっこに拍車がかかりそうな。。人というのは「やめろ」と言われるとやりたくなる生き物ですからね。。

(裏)東京の朝7時は5度。早く10度くらいにならないかな・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

友だち追加

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク