ケンブリッジ・アナリティカ、CEO を停職処分に

Cambride Analytica Suspends CEO

Cambridge Analytica (CA), a British data analytics company hired by the Donald Trump campaign in the 2016 US election, suspended its CEO, Alexander Nix. CA has been accused of misusing 50 million Facebook users’ private information.

■チェック

・suspend      ~を停職させる、~を停職処分にする
・data analytics company    データ分析会社
・(be) hired by    ~に採用される
・be accused of    ~だと告発される、非難される
・misuse    ~を不正利用する
・private information   個人情報

■対訳

「ケンブリッジ・アナリティカ、CEO を停職処分に」

2016年の米大統領選で、ドナルド・トランプ陣営に採用されていた英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカが、アレキサンダー・ニックス最高経営責任者を停職処分とした。同社は、フェイスブック利用者5000万人の個人情報を不正利用したとして、非難されていた。

■訳出のポイント

suspend は

権利・法の効力・機能・事業・活動などを

「一時停止する」 「一時中断(中止)する」

という動詞。

ここから、

会社・団体などが人を 「停職させる」 「休職させる」 →
「停職(休職)処分にする」

という意味でも頻出です。

今日の場合は

suspend CEO なので

「CEO(=最高経営責任者)を停職処分にする」

ということです。

hire は 「~を雇う」 という動詞。

主に ”短期間” “特定の目的で” 「雇う」 場合に用いられます。

そこで、

(be) hired by ~ は

「~に雇われる」 「~に採用される」

という言い方になっています。

本文第1文中のカンマにはさまれた

a British data analytics company hired by the DonaldTrump campaign in the 2016 US election

の部分は

「2016年の米大統領選の中で、ドナルド・トランプ陣営に雇われた英国のデータ分析会社」 →

「2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営に採用されていた英データ分析会社」

というわけです。

misuse は

【 mis(誤って)+ use (使う)】

という成り立ち。

物や物事を 「誤用する」 「悪用する」 「乱用する」

という動詞です。

日本語ではしばしば 「不正利用する」 とも訳されます。

misuse private information で

「個人情報を不正利用する」

となりますね。

2016年の米大統領選でトランプ陣営に協力し、最近の報道でフェイスブック(FB)利用者の個人情報を不正入手し利用していたことが伝えられた英国のデーター分析・政治コンサルティング会社、ケンブリッジ・アナリティカ(CA)についてのニュースです。

その後、英放送局 『チャンネル4』 が、CA のアレキサンダー・ニックス CEO が、スリランカ人の依頼人を装った記者らを相手に選挙コンサルティングについて交わした会話のビデオを公開。

同氏はこの覆面取材ビデオの中で、対立候補の家に 「女の子たち」 を送り込んで上で、その人物の不利になる情報を入手することもできる、などと売り込んでいました。

これを受けて、同社はニックス氏を即時停職とし、覆面取材の内容について調査する方針を発表したものです。

■編集後記

Facebookに対する風当たりが強くなっています。僕はメッセンジャーしか利用していません。ツイッターはよく利用しています。情報を検索するのもFacebookよりもツイッターのほうがはるかに使えますし・・・

(裏)昨日、群馬の四万温泉に行った方が雪がすごくて大変でした、と聞きました

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク