エンゼルスの大谷、初登板で白星

Angels’ Ohtani Wins Major League Debut

Angels’ Shohei Ohtani pitched six innings against the Athletics in his major league debut on Sunday, capturing his first win after giving up three hits and three runs.

■チェック

・pitch _ innings 【野球】_回を投げる
・capture one’s first win 初白星を挙げる
・give up _ hits (runs) _安打(_失点)を許す

■対訳

「エンゼルスの大谷、初登板で白星」

日曜日の対アスレチックス戦で、エンゼルスの大谷翔平投手がメジャー初登板し、6回3安打3失点で、メジャー初白星を挙げた。

■訳出のポイント

major league debut は

「メジャーリーグでのデビュー」。

win major league debut で

「メジャーリーグのデビュー戦で勝利する」

ということです。

inning は野球の 「回」 「イニング」。

pitch _ innings で

「_回を投げる」 「_イニング投球する」

という言い方になります。

capture one’s first win は

直訳すると 「初めての勝利を獲得する」。

つまり、「初勝利を挙げる」 「初白星を挙げる」

という表現ですね。

日本語でも 「ギブアップする」 というように、

give up は

「あきらめる」 「断念する」 「降伏する」

という意味で頻出の句動詞。

今日の場合は、野球用語で

投手がヒット(安打)、点など 「を許す」

という意味になっています。

giving up three hits and three runs で

「3安打と3得点を許す」

ということです。

ちなみに、

run は野球、クリケットにおける 「得点」

を意味する名詞になっています。

したがって、

give up three runs だと

「3点を許す」 「3失点を許す」

というわけですね。

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が、対アスレチックス戦で先発登板。

メジャー投手デビューで6回を投げ、3安打3失点で初白星を挙げました。

チームは7-4で勝利しています。

大谷はすでに先月29日の開幕戦で8番・指名打者として先発出場。

球団によると、開幕戦で野手として先発し、その後10試合以内に投手として先発登板する選手は、1919年のベーブ・ルース以来99年ぶりということです。

■編集後記

スポーツ選手が英語圏で活躍するにはやはり英語力は必要です。レストランでの食事や買い物で英語ができないとストレスが自然と溜まっていくものです。その点。大谷選手は積極的に現地の選手に話しかけ、コミュニケーションをして英会話力を自ら高めているようです。日ハム時代もロッカーが隣のメンドーサに積極的に話しかけていたようです。他でもないそのメンドーサが大谷の英語力に太鼓判を押しているとのこと。

(裏)空気清浄機、シャープのバッテリーが外れるコードレス掃除機(と付属バッテリー)を購入!

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク