米、ビザ申請者にソーシャルメディア情報を要求

US Requires Social Media Info from Visa Applicants

Visa applicants to the United States are required to submit their social media information, email addresses, and phone numbers they have used in the past five years under newly adopted rules.

■チェック

・require    ~を要求する
・social media info (=information) ソーシャルメディア情報
・visa applicant   ビザ申請者
・submit    ~を提出する
・under newly adopted rules    新たに導入された規則の下で、基づいて

■対訳

「米、ビザ申請者にソーシャルメディア情報を要求」

新たに導入された規則に基づき、米国のビザ申請者は、過去5年間に使用したソーシャルメディア情報、メールアドレス、電話番号の提出を義務づけられる。

■訳出のポイント

require は

「~を必要とする」 「~を要求する」

という動詞。

そこで、タイトルを直訳すると

「米国はビザ申請者からソーシャルメディア情報を要求する」。

つまり、

「米国は、ビザ申請者にソーシャルメディア情報(の提出)を要求する」

ということですね。

また be required のように受動態で用いられる場合は、

法律、規則などで 「~を要求される」 → 「~を義務づけられる」

という意味合いになることも多いので、注意しましょう。

今日の本文でも

are required to submit … で

「 … を提出することを義務づけられる」 →

「 … の提出を義務づけられる」

となっています。

そして、… にあたる

their social media information, email addresses, and phone numbers they have used in the past five years

の部分は

「彼ら(=ビザ申請者)が過去5年間に使用したソーシャルメディア情報、メールアドレス、電話番号」

なので、合わせると

「(ビザ申請者は)過去5年間に使用したソーシャルメディア情報、メールアドレス、電話番号の提出を義務づけられる」

というわけです。

adopt は

「~を採用する」 「~を導入する」 「~を受け入れる」

という動詞。

under newly adopted rules で

「新たに導入された規則の下で」 「新たに導入された規則に基づいて」

ということですね。

英字新聞でもお伝えしましたが、米国のビザ申請に関する新規則が提案されたのは2018年3月のこと。

それが、このほど実施される運びになったわけです。

今後、ビザ申請者は、過去5年間使用したソーシャルメディア情報(アカウント名、IDなど)、メールアドレス、電話番号歴を提出することが求められます。

これらの情報は、これまではテロ組織が支配する地域への渡航歴がある人など、追加調査が必要と考えられる申請者だけ(約65000人/年)に求められていたものです。

それが今後は、移民および非移民ビザ取得を申請するすべての人々(約1500万人/年)にこれらの情報提出が義務づけられるということです。

■編集後記

年間1500万人にも上る米ビザ申請者にSNS情報などを提出させて、すべてをチェックするには膨大な時間・労力・費用がかかると思うのですが、米国庶民はそんな税金の使い方をどう思うのか・・・

フリマの森・・・実践者は初月から利益10万円超え続出・・・
お金を払って捨てる予定の冷蔵庫が2万円で売れた!など・・・
http://www.namni.net/t/frme.html

(裏)今日は1日、お台場にいます・・仕事で・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク