毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

キューバ、2歳以上へのコロナワクチン接種開始

Cuba Begins Covid-19 Vaccinations for Children over 2 Years Old

Cuba began to give Covid-19 immunizations to children over two years old on Monday, becoming the first country in the world to vaccinate toddlers.

■チェック

・vaccination ワクチン接種
・give (an) immunization to ~にワクチン接種をする
・toddler(s) 幼児

■対訳

「キューバ、2歳以上へのコロナワクチン接種開始」

キューバは月曜日、2歳以上の子どもを対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。幼児へのワクチン接種は世界で初めてである。

■訳出のポイント

vaccination は

「ワクチン接種」 「予防接種」。

タイトルの

begins Covid-19 vaccinations で

「新型コロナウイルスのワクチン接種を開始する」

ということですね。

over は

「~の上に」 「~を覆って」

といった【位置】を表す前置詞として頻出ですが

今日の場合は、

数量・程度の【超過】、

すなわち

「~より上で」 「~より多く」

という用法で登場しています。

children over 2 years old で

「2歳より上の子ども」 「2歳以上の子ども」

というわけです。

immunization はもともと

「免疫を与えること」。

ここから、しばしば

「予防接種」 「ワクチン接種」 = vaccination

の意味でも使われます。

give an immunization to ~ で

「~に予防接種を与える」 → 「~に予防接種をする」

という言い方になっています。

そこで、

give Covid-19 immunizations to children over two years old

の部分は

「2歳以上の子どもに新型コロナウイルスワクチンを接種する」

ということですね。

toddler の原意は

「よちよち歩きの幼児」 「歩き始めの子」。

だいたい「2~4歳くらいの幼児」

を指す名詞です。

ここでは、簡潔に 「幼児」 と訳しています。

本文後半の becoming… 以下を直訳すると、

「幼児にワクチン接種をする世界で最初の国になった」。

対訳では、

「幼児へのワクチン接種は世界で初めてである」

と意訳しているわけです。

キューバが6日、世界で初めて2歳以上の子どもを対象に新型コロナウイルスワクチン接種を開始しました。

用いるのは、キューバ製ワクチンの

Abdala 「アブダラ」

および

Soberana 「ソベラナ」 で、

WHO「世界保健機関」による承認は受けていないということです。

■編集後記

キューバは共産主義国の中でも異質ですね。経済的にはとても豊かとはいえませんが、医療先進国で、とくに高度医療においては世界トップレベルとも。今回もいつの間にか国産ワクチンを開発していたんですね。

今日の動画
https://youtu.be/-SWLwTMHFqo

昨日の動画(ANA とJAL 、日本の遠隔地向けドローン・サービス)
https://youtu.be/3rTnrssD0HA

(裏)富士山が平年よりも25日早く初冠雪したそうです。なんか地球の気象がどんどん変わっていきますね・・・

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク