地底から奇跡の生還

Miraculous Return from Underground

Rescue workers, families, and friends broke into jubilant cheers as the first of the 33 miners who have been trapped about 2,050 feet under the ground for 69 days in northern Chile was rescued on Wednesday.

■チェック!

・miraculous return 奇跡の生還
・break into jubilant cheers  歓喜の声をあげる

■対訳

「地底から奇跡の生還」

水曜日、チリ北部で69日間に渡って地下約2050フィート(約700メートル)に閉じ込められていた鉱山作業員33人のうち最初の数人が救出され、救助隊員、家族、友人らが歓喜の声をあげた。

■訳出のポイント

miraculous は名詞 miracle 「奇跡」 からできた形容詞で、「奇跡の」「奇跡的な」。

return は 「戻ること」 「帰ること」 という意の名詞で、文脈によって「帰宅」 「帰還」 「帰国」 などと訳されますが、ここではreturn to life 「生還」 の意味になっています。

break into ~ は 「急に~の状態になる」 「突然~しだす」という句動詞です。

たとえば、break into tears だと 「急に涙の状態になる」 →「突然(ワッと)泣き出す」 という意味になります。

ここでは、jubilant が 「大喜びの」 「歓喜に満ちた」 という形容詞で、cheer は 「喝采」 「歓声」 という名詞なので、break into jubilant cheers 「大喜びで歓声の状態になる」 → 「歓喜の声をあげる」 ということです。

文の後半のas 以下は・・・as the first of the 33 miners (who have been trapped about 2,050 feet under the ground for 69 days in northern Chile) was rescued on Wednesday のように、代名詞 who に続く部分をカッコに入れると文の構造がわかりやすくなります。

つまり who 以下は the 33 miners 「33人の鉱山作業員」 を説明しているわけです。

その説明の内容である( )内を訳すと、「チリ北部で69日間に渡って地下約2050フィート(約700メートル)に閉じ込められていた」となるので、全体では 「チリ北部で69日間に渡って地下約2050フィート(約700メートル)に閉じ込められていた33人の鉱山作業員」ということです。

また、その前についている first of 33 miners の first は first few (people) 「最初の数人」 の意味なので注意しましょう。

8月5日の落盤事故から、なんと69日に大救助作戦が実行されました。
まさに miraculous return 「奇跡の生還」 です。

順調にいけば48時間ほどで33人の救出が終了する予定といいます。

世界中の人々が全員の無事救出を祈って注目していることでしょう。

■編集後記

気温35度、湿度90%以上という空間に閉じ込められ、なぜ69日間も耐えられたのか?
それは作業分担がはっきりしていたこと、つまり作業、睡眠、休養という3つの分担がなされ各人が他の人に役立っているという意識、信頼があったからだという話を聞きました。
そのためには当然高いリーダーシップが求められるわけで、そのリーダー役のルイス・ウルスワさんが最後に引き上げられます。

(裏)さて、今日から日本オープンゴルフ。
石川、初のメジャー制覇なるか!?

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク