エンゼルスの新人、大谷翔平が2試合連発の本塁打

Angels Rookie Shohei Ohtani Hits Homers in Second Straight Game

Angels’ 23-year-rookie from Japan, Shohei Ohtani, hit home runs in second straight game, just two days after his first pitching victory in the major league.

■チェック

・rookie    新人
・homer (=home run)    【野球】ホームラン、本塁打
・in second straight game    2試合連続で

■対訳

「エンゼルスの新人、大谷翔平が2試合連発の本塁打」

エンゼルスの新人で、日本出身23歳の大谷翔平が、投手としてメジャーリーグ初白星を挙げてからわずか2日後、2試合連続でホームランを放った。

■訳出のポイント

rookie は rookie とも記しますが、

米国で軍の 「新兵」 を意味する recruit の変形です。

ここから、

「新入り」 「新米」 「新人」 という意味になっています。

特に、日本でも 「ルーキー」 というように、

野球では 「新人選手」 を指して使われる言い方ですね。

homer は home run 「ホームラン」 のこと。

hit a homer あるいは hit a home run で

「ホームランを打つ」

ということです。

in second straight game は

「2試合連続で」。

second の部分は、別の序数を用いると、

in third straight game 「3試合連続で」

in fifth straight game 「5試合連続で」

ということになりますね。

pitching は 「投げること」 「ピッチング」 「投球」。

そこで、

pitching victory は

「投球(した試合での)勝利」 → 「投手としての勝利」

ということです。

本文後半の

just two days after his first pitching victory in the major league

の部分は、直訳すると

「メジャーリーグにおける投手としての初勝利のわずか2日後に」。

つまり、

「投手としてメジャーリーグ初白星を挙げてから、わずか2日後に」

というわけです。

大谷投手のメジャー初登板・初白星については、つい先日お伝えしたばかりですね。

今度は、その2日後に打者として初本塁打、そして翌日にも本塁打を連発したというニュースです。

しかも、ホームラン第2号は、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を受賞しているインディアンスの右腕クルバーから奪ったもの。

早くも、堂々たる “二刀流” を披露した大谷選手に、米国のメディアもこぞって、驚きと賞賛の声を挙げています。

■編集後記

大谷 翔平、岩手県奥州市出身の23歳。Wikipediaによれば、日ハム時代、「プライベートでは外出を殆どせず、『二刀流をやろうとしている事を考えたら、我慢しなくてはいけない事が一杯ある』という方針から外出する際は監督の栗山英樹に許可を得なければならないが、本人は「制限されてもされなくても変わらないと思う。何したいとか特に無いですし、いいのかなと思います」と話している。「無趣味」とも公言しており、強いて挙げている趣味は読書とDVD鑑賞」とのこと。血液型B型。著書に「不可能を可能にする 大谷翔平120の思考」があります。

(裏)久しぶりに会社出勤。車通勤で20分ちょい・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク