米NY州、嗜好用大麻の合法化目指す

New York State Looks to Legalize Recreational Marijuana

New York Governor Andrew Cuomo announced that he would push to legalize recreational marijuana next year.

■チェック

・look to ~しようとする、~を目指す
・legalize   ~を合法化する
・recreational marijuana    嗜好用大麻
・governor   【米国】州知事
・push   推し進める

■対訳

「米NY州、嗜好用大麻の合法化目指す」

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が、来年中に嗜好用大麻の合法化を推し進めることを発表した。

■訳出のポイント

look to は直訳すると

「~の方を向く」 「~に目を向ける」。

ここから、

「~を目指す」 「~しようとする」

という句動詞となっています。

looks to legalize recreational marijuana で

「嗜好用大麻を合法化しようとする」 →

「嗜好用大麻の合法化を目指す」

ということですね。

governor の語源は

「統治者」 「かじ取り」 という意味のラテン語 gubernator。

ここから

米国では、州の 「知事」 を指す名詞となっています。

時に Governor と大文字表記されますね。

また、日本の都道府県の 「知事」 に当たる英語にもなっています。

push は

「~を押す」 「突く」

という基本動詞。

物事を 「強いる」 「強要する」

事業、行動などを(強引に) 「推し進める」 「押し通す」

といったニュアンスでも使われます。

そこで、

push to legalize recreational marijuana

の部分は

「嗜好用大麻を合法化することを推し進める」 →

「嗜好用大麻の合法化を推進する」

というわけですね。

米国では連邦レベルで大麻は禁止されていますが、カリフォルニアなど10州と首都ワシントンでは嗜好用大麻が合法化されています。

NY州によると、同州の合法化で発生する大麻市場は推定年間17億から35億ドル(約1900億~3900億円)だそうです。

ここから、見込まれる約2億5000万~6億8000万ドル(約280億~760億円)の税収を、公共交通の整備などにあてる方針だといいます。

■編集後記

NYでもいよいよ嗜好用大麻合法化かと思うと感慨深いです・・・

私が旅行で行った時、イーストビレッジなど歩いていると ” Wanna weed?” とフツーに聞かたりしたものです。

当局も、違法ではあるものの実害は(ドラッグに比べると)小さい大麻くらいには目をつぶっているのかもしれません。どの州にとっても、違法のままにして、売人らに甘い汁を吸わせるよりは、税収に結びつけた方が得策ということでしょうか?今後、他の州にも合法化はますます拡大しそうですね。

(裏)比較的温かい日が続いています。。でももう年の瀬です・・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク