電子タバコが破裂、テキサス州男性が死亡

Texas Man Dies after E-cigarette Explodes

A 24-year-old man died after his e-cigarette exploded in his face and damaged a major artery in his neck in Fort Worth, Texas.

■チェック

・e-cigarette   電子たばこ
・explode   ~が破裂する
・damage   ~を損傷させる
・major artery in one’s neck    首の主幹動脈 → 頸動脈

■対訳

「電子タバコが破裂、テキサス州男性が死亡」

米テキサス州フォートワースで、24歳の男性が使っていた電子たばこが顔面で破裂し、頸動脈損傷で死亡した。

■訳出のポイント

e-cigarette は

electric cigarette の略で

「電子たばこ」。

また、vape という動詞は

電子たばこやマリファナなどの 「蒸気を吸う」

というスラング(俗語)としてよく使われます。

ここから、

名詞として 「電子たばこ」 の意味にもなっており、

特にペンタイプの電子たばこは

vape pen

と呼ばれています。

今回の破裂事故も、この vape pen タイプの e-cigarette だったようですね。

artery は 「動脈」。

(「静脈」は vein になります。)

ここでは

a major artery in his neck で

「(彼の)首の主要動脈」 → 「頸動脈」

ということですね。

そして、damage が 「~を損傷させる」 という動詞なので、

after his e-cigarette exploded in his face and damaged a major artery in his neck

の部分は

「彼の電子たばこが顔面で破裂し、頸動脈を損傷させた後で(死亡した)」 →

「(彼が使っていた)電子たばこが顔面で破裂し、頸動脈損傷で(死亡した)」

というわけです。

米テキサス州で起きた、電子たばこによる事故のニュース。

24歳の男性が使っていた電子たばこが顔面で破裂し、その破片が男性ののどに刺さり、頸動脈を損傷したということです。

米当局によると、2009年から20016年にかけて電子たばこによる発火や破裂の事故は、米国内で195件報告されているそうです。

また、昨年5月にはフロリダ州で、破裂した電子たばこの破片が頭部に突き刺さって死亡する事故も起きています。

ところで、海外では、”電子たばこ” と言えば、主に液体を電熱線の発熱によりエアロゾル(霧状)化して、吸引する喫煙具を指します。

日本でも 『プルーム』 や 『iQOS 』 といった製品が普及しつつありますが、これらは、たばこ葉を加熱してニコチンを含むエアロゾルを生成させる”加熱式たばこ” で、上述の “電子たばこ” とは異なるということです。

■編集後記
僕もIQOSを吸っていますので今回の事件は衝撃的でした。ライターで火をつけるタバコと違って、火事になる心配がない、などメリットだけかと思ってたら爆発して死んでしまう、なんていうリスクがあるんですね。。恐ろしくなってきました。やめれば良いだけの話ではありますが・・・(汗)

(裏)今日は暖かかったらしいですが昼間オフィスから出ないのでさっぱり体感できませんでした。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク