大阪府で警察官刺され、拳銃奪われる

Osaka Police Officer Stabbed, Gun Stolen

An officer at a police box in Suita City, northern Osaka, was stabbed and his loaded gun was stolen Sunday morning.

■ チェック

・police officer   警察官
・stab    (刃物などで)~を刺す
・police box   交番
・loaded gun   実弾入りの拳銃

■ 対訳

「大阪府で警察官刺され、拳銃奪われる」

日曜日の朝、大阪府北部の吹田市の交番で警察官が刺され、実弾入りの拳銃が奪われた。

■ 訳出のポイント

officer は

「役員」 「役人」

を意味する名詞で、

軍隊の 「将校」 「士官」 「武官」

という意味でも頻出です。

また、

police officer、あるいは officer だけでも、

「警(察)官」 「巡査」

を指すので注意しましょう。

おなじみの単語 policeman よりも

丁寧な、ややかしこまった語感になります。

stab は

とがったもので 「刺す」

という動詞。

英字新聞では

ナイフなど刃物で 「~を刺す」 「~を刺傷させる」

という文脈でよく登場する単語です。

今日の記事も、

警察官が包丁で 「刺された」

という内容となっています。

steal は

「盗む」 「盗み取る」

という意味でよく知られる動詞ですね。

ここでは

gun (was) stolen で

「銃が盗まれた」 → 「銃が奪われた」

ということです。

police station あるいは police house は

「警察署」。

日本では全国どこにでもある 「交番」 「派出所」 は

もともと日本独自の制度で、

英語でも koban と記される場合もありますが、

通常は

police box

という英訳が使われます。

load はもともと

「積荷」 「荷」

という名詞。

ここから、

荷物などを 「載せる」 「積み込む」

という動詞としても頻出です。

また、

カメラにフィルムを 「入れる」

銃弾を銃に 「装填する」 「込める」

という場合にも用いられる動詞ですね。

そこで、

loaded gun は

「弾丸が込められた銃」 → 「実弾入りの銃」

というわけです。

大阪府吹田市の交番で、男性警察官が包丁で刺され、拳銃を奪われるという恐ろしい事件が発生。

刺された巡査は意識不明の重体となっています。

容疑者と見られる男は、実弾が5発装填された拳銃を持って現時点でも逃走中・・・

一刻でも早く、拳銃が使われることなく、犯人が確保されることを祈ります。

■編集後記

今朝、テレビのニュース速報で犯人を箕面市の山林で見つけ逮捕したことが報道されてました。ただでさえG20を控えてピリピリした雰囲気の中でしたので大阪県警も総力をあげて捜査したのでしょう。見つかって良かったです。大阪市立の幼稚園、小・中学校は午前7時までに犯人が逮捕されなかったらすべて休校になるとのことでした。6時45分にニュース速報が入ってきましたのでギリギリでした。

(裏)映画「祈りの幕が下りる時」、東野の原作より良かったな・・何度も泣いた・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク