パキスタンで4邦人が違法腎臓移植か

Four Japanese Nationals Underwent Suspected Illegal Kidney Transplants in Pakistan

At least four Japanese citizens have undergone illegal kidney transplants in Pakistan this year, sources close to the recipients revealed.

■チェック

・Japanese national (=citizen) 日本人
・undergo illegal kidney transplants 違法な腎臓移植を受ける
・suspected 疑わしい
・sources close to ~に近い情報筋、~の関係者
・recipient 臓器受容者 → 移植を受けた患者、移植患者
・reveal 明らかにする

■対訳

「パキスタンで4邦人が違法腎臓移植か」

少なくとも4人の日本人が今年パキスタンで、違法な腎臓移植を受けたという。患者らの関係者が明らかにした。

■訳出のポイント

national は

「国家の」「国の」

という形容詞としておなじみですね。

ただし、今日のタイトルでは

「国民」「市民」「…国籍の人」

という意味の名詞として登場しています。

four Japanese nationals で

「4人の日本人」

ということですね。

本文では

Japanese citizen で言い換えられていますが、

こちらも

「日本の市民」→「日本人」

となっています。

undergo はもともと

苦しいこと、不愉快なことを「経験する」「こうむる」

という動詞。

ここから、

医学的な検査、治療などを「受ける」

という意味でも頻出です。

今日の場合は

undergo illegal kidney transplants で

「違法な腎臓移植を受ける」

というわけです。

タイトルでは

underwent suspected illegal kidney transplants

なので

「違法と疑われる腎臓移植を受けた」→

「違法な腎臓移植を受けた疑いがある」

ということですね。

source は

物事の「源」「根源」「原因」

という名詞。

英字新聞では、

情報などの「出どころ」「拠りどころ」→「(情報)筋」

という意味でも頻出です。

この場合は、

sources

と複数形で使うのが通例なので、この点も注意しておきましょう。

そこで、

sources close to the recipients は

「移植患者に近い情報筋」「移植患者の関係者」

となっています。

違法な臓器売買が問題になっているパキスタン。

今年、そのパキスタンで腎臓移植を受けた日本人が少なくとも4人いた、というニュースです。

そのうちの1人は手術後の合併症が悪化し、重篤な状態で帰国していた、といいます。

いずれのケースも東京の業者が仲介しており、患者への説明などから違法に取引(=売買)された腎臓が使われた可能性があるようです。

日本の臓器移植法では、海外であっても臓器提供の対価としてお金を払うことや、無許可のあっせんは禁じられています。

同様にパキスタンでも臓器売買は違法であり、邦人患者は国内外で摘発されるリスクとともに、医療的な安全面でもリスクも犯している、と専門家は警告しています。

■編集後記

日本と韓国の関係がものすごく悪化しています。韓国はGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄するなど後戻りできないようなところまで来ています。本来戦後の従軍慰安婦を始めとする賠償問題から始まり、日本による半導体供給停止などの経済制裁と、政治、経済的に衝突しています。となると次は軍事衝突!?

(裏)今朝は雨。小雨の中ジョギングしてきました・・週末は草津の別荘へ・・

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク