日本、天皇陛下が即位を宣明

Japan’s Emperor Proclaimes Enthronement

Japan’s Emperor Naruhito officially proclaimed his enthronement on Tuesday, in an ancient ceremony attended by about 200 dignitaries from all over the world.

■チェック

・Emperor     【日本】天皇
・proclaim one’s enthronement     即位を宣明する
・ancient ceremony    古来の儀式
・attend     ~に参列する
・dignitary    要人

■対訳

「日本、天皇陛下が即位を宣明」

火曜日、天皇陛下が日本古来の儀式を行い、即位を正式に宣明した。儀式には世界各国から要人約200人が参列した。

■訳出のポイント

emperor はもともと

「皇帝」

を意味する名詞で、

日本の 「天皇」 も英語では

Emperor になります。

日本語では

「大正天皇」 「昭和天皇」

のように言いますが、

英語では

the Emperor Taisho

the Emperor Showa

となります。

ただし、元号をつけて呼ぶのは過去の天皇のみで、

現天皇は

Emperor Naruhiato

と呼ばれますね。

今日の本文でも

Japan’s Emperor Naruhito となっていますが、

対訳では、日本での通例にならい

「天皇陛下」

としています。

proclaim は

「~を(公式に)宣言する」 「~を布告(公布)する」

という動詞。

enthronement が

「即位」

なので、

proclaim one’s enthronement で

「即位を宣言する」 「即位を宣明する」

ということです。

attend は

「~に出席する」 「~に参列する」

という動詞です。

そこで、本文後半の

in an ancient ceremony attended by about 200 dignitaries from all over the world

の部分は

「世界各地からの約200人の要人によって参列された日本古来の儀式において」

「世界各国から要人約200人が参列した日本古来の儀式において」

となっています。

つまり、本文全体では

「火曜日に天皇陛下が、世界各国から要人約200人が参列した日本古来の儀式において、即位を正式に宣明した」

というわけです。

対訳では、わかりやすいように、後半部分を独立させ

「火曜日、天皇陛下が日本古来の儀式を行い、即位を正式に宣明した。儀式には世界各国から要人約200人が参列した」

としています。

22日、天皇陛下は、

「即位礼当日賢所大前の儀」

および、国内外の約2000人が参列する

「即位礼正殿の儀」

に臨まれ、即位を正式に内外に宣言されました。

即位礼正殿の儀には190以上の国、地域、国際機関の要人約200人が参列し、この日を含め4日間計4回に渡り祝宴 「共演の儀」 が行われる予定です。

またパレード 「祝賀御列の儀」 については、東日本各地で甚大な被害を出した台風19号の被災地への配慮から延期。

11月10日に行われることになっていますね。

■編集後記

昨日、13時から行われた正殿の儀ですが、それまで強い雨と風でしたが、儀式が始まった途端、雨風が止まり、都心に虹もかかりなにかちょっと不思議な感覚になりました。都内の交通規制はまだ続き、今朝も首都高、江戸橋JCTから浜崎橋まではかなり混んでたのでKK線で迂回。

(裏)今日は本当に晴天。昨日は床暖房までつけたのに・・・1日でなんでこんなに違うのか。

無料メルマガに是非ご登録ください。 毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
【無料メルマガに是非ご登録ください。】
毎日メールで毎日1分!英字新聞が届きます(スマホ対応)。
メルマガ購読・解除
 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク