車数百台が高速で立ち往生、日本で大雪

Hundreds of Vehicles Stranded on Expressway amid Heavy Snowfall in Japan

At least a few hundred vehicles were stranded overnight on the Kanetsu Expressway that connects Tokyo and the northwestern prefectures as heavy snow hit a wide area of the Japan Sea coast.

■チェック

・vehicle  車両
・(be) stranded  立ち往生する
・expressway  高速道路
・heavy snow(fall)  大雪
・overnight  一晩中
・Kanetsu Expressway  【日本】関越自動車道
・Japan Sea coast  日本海沿岸

■対訳

「車数百台が高速で立ち往生、日本で大雪」

日本海沿岸の広い地域が大雪に見舞われ、東京と北西部の県を結ぶ関越自動車道では少なくとも数百台の車両が一晩中立ち往生した。

■訳出のポイント

vehicle の語源は

「4輪馬車」 「運搬する道具」

という意味のラテン語 vehiculum 。

通例、陸上の 「乗物」 「輸送機関」 「車両」

を意味する名詞となっています。

strand の語源は

「浜」 「岸」 を意味する古英語 strand 。

be stranded で

船などが 「座礁する」

魚などが 「岸に打ち上げられる」

という意味になっています。

ここから、

人などが 「取り残される」 「立ち往生する」

という表現としても頻出です。

したがって

were stranded overnight on the Kanetsu Expressway

の部分は

「関越自動車道で一晩中立ち往生した」

ということです。

connect は

「~をつなぐ」 「~を結ぶ」

という意味でおなじみの動詞。

the Kanetsu Expressway that connects Tokyo and the northwestern prefectures

の部分の that は、

直前の the Kanetsu Expressway を受ける関係代名詞ですね。

つまり、

「東京と北西部の県を結ぶ関越自動車道」

というわけです。

動詞 hit はもともと

「打つ」 「たたく」 「殴る」 「ぶつかる」

といった意味で知られていますね。

英字新聞では

災害などが特定の地域を 「襲う」 「見舞う」

という意味でも頻出となっています。

そこで、本文末尾の

heavy snow hit a wide area of the Japan Sea coast は

「大雪が日本海沿岸の広い地域を見舞った」 →

「日本海沿岸の広い地域が大雪に見舞われた」

ということです。

16日から17日にかけて、今季最強の寒気が上空に流れ込んだ影響で、日本海側を中心に大雪となりました。

新潟、群馬県境の関越自動車道では16日夜から交通障害が起き、17日朝の時点で最長16.5キロにわたって少なくとも数百台の車が立ち往生したということです。

また、新潟・長野県境付近の上信越自動車道でも約200台が一時立ち往生したといいます。

気象庁によると雪のピークは越えたようですが、まだまだ警戒は必要。

いったん寒波が弱まっても、週末にはまた強い寒気と雪が戻る恐れがあるようです。

■編集後記

実家が新潟の長岡なので関越道はよく使います(あまり最近帰省できませんが)。こんなことはこれまで始めてですね。また日本の幹線のひとつが立ち往生になるとは・・・渋滞の末尾の人、あるいは封鎖中のJCTに近い車からバックというかUターンして下道に出られないものか。。と考えましたがそもそもが両側、雪の壁で無理なのか・・・

(裏)今日はZOOMで忘年会です・・・^^;

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク