英イングランドで新たなロックダウン、変異種拡大受け

UK Imposes New Lockdown for England as Covid-19 Variant Spreads

UK Prime Minister Boris Johnson reimposed a harsh lockdown all across England on Monday as a more transmissible variant of the coronavirus wrecks havoc.

■チェック

・(re)impose a lockdown  ロックダウン措置を(再)導入する
・virant  変異種
・spread 拡大する
・harsh  厳しい
・more transmissible  感染力が(より)強い
・wreck havoc  猛威をふるう

■対訳

「英イングランドで新たなロックダウン、変異種拡大受け」

英国のボリス・ジョンソン首相は月曜日、より感染力の強い新型コロナウイルス変異種が猛威をふるう中、イングランド全域に厳しいロックダウンを再導入した。

■訳出のポイント

impose の語源は

「~の上に置く」 「~を苦しめる」 というラテン語 imponere。

ここから、

人・物に義務、仕事、罰金、税金などを 「課(科)す」 「負わせる」

意見、権威、条件、重圧、負担などを 「押しつける」

という動詞になっています。

英字新聞では、

impose a tariff 「関税を課す」

impose sanctions 「制裁を加える」

といった言い方で登場することが多い重要単語となっています。

今日の場合は

impose a lockown で

「ロックダウン(都市閉鎖)を課す」 →

「ロックダウン措置を(強制的に)導入する」

という意味になっています。

また、本文では

reimpose a lockdown で

「ロックダウンを再び導入する」 「ロックダウンを再導入する」

ということですね。

harsh の語源は

「ざらざらした」 という意味のドイツ語 harsch。

ここから、

気候や条件などが 「厳しい」

人や態度が 「無情な」 「残酷な」 「辛辣な」

という形容詞となっています。

ここでは

a harsh lockdown で

「厳しいロックダウン」 「厳格なロックダウン」

ということですね。

all across ~ は

「~の全域で」 「~のいたるところで」。

all across England で

「イングランド全域で」

というわけです。

ロンドンを含むイングランドの一部は既にロックダウンが導入されていますが、今回はそれが ”イングランド全域” に広げられた形です。

具体的には5日から学校が全面的に閉鎖されるほか、日常必需品購入や運動など以外の外出自粛が要請されるということです。

また、英国内のスコットランドでも、4日昨春以来最も厳しいロックダウン措置が開始されました。

■編集後記

お正月にいった旅館でマッサージを呼ぼうと思ったら、新型コロナ流行以来、人との接触が必要となるマッサージは全面的にお休みしているそうです。旅館や飲食店はある程度政府による補償がありますけど、このようなマッサージ師やあるいは納入業者は補償はないのかなと思います。つまり僕らの目には普段映らない職業の人たちには致命的とも言える影響を与えているのだなと思いました。また飲食店が時短や休業に追い込まれると農産物、海産物への需要が落ち込みますので、農業や漁業に就労されてる方々にも深刻な影響を与えます・・

(裏)北風がはいってきて寒いです・・明日以降もっと寒くなると!!

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク