毎日1分!英字新聞YouTubeチャンネルがスタートしました。今日の配信記事をその日にネイティブ音声で公開します。

音声の読み上げスピードはNormal, 120%, 150%と3段階。(150%は早口の世界)

これを繰り返し聞けば、1年後にはリスニング力が大幅に向上していることでしょう。今すぐ登録して毎日、リスニングの学習にご活用ください。では!

https://www.youtube.com/channel/UCnAS9WqXFfsUjahainO4Smg

毎日1分!英字新聞 石田

2021年版、世界一安全な都市はコペンハーゲン

Copenhagen Named World’s Safest City For 2021

Denmark’s Copenhagen has been named the world’s safest city for the first time, according to the Safe Cities Index 2021. Tokyo, which had stayed on the top of the list for the last three times, dropped down to fifth place.

■チェック

・be named ~に選ばれる
・stay on the top トップの座を維持する
・for the last _ times 過去_回にわたって
・drop down to _th place _位に落ちる

■対訳

「2021年版、世界一安全な都市はコペンハーゲン」

2021年の Safe Cities Index (セイフ・シティズ・インデックス)によると、デンマークのコペンハーゲンが初めて世界で一番安全な都市に選ばれた。過去3回にわたってランキングトップの座を維持していた東京は5位に後退した。

■訳出のポイント

「名前」 「姓名」

を意味する名詞としておなじみの基本単語 name 。

英字新聞では動詞としてもしばしば登場するので、注意しましょう。

動詞 name は本来

「~に名前をつける」 「~を命名する」 の意です。

ここから、

「~の名前をあげる」 → 「~を指名する」 → 「~を選ぶ」

という意味でも使われるわけです。

この場合、受動態で用いられる場合も多く、

be named ~ で

「~に選ばれる」

となっています。

今日の記事でも

has been named the world’s safest city で

「世界で一番安全な都市に選ばれた」

ということですね。

stay on the top of ~ は

「~のトップにい続ける」 「~のトップの座を維持する」

という言い方。

そこで、

本文第2文の文頭、

Tokyo, which had stayed on the top of the list for the last three times

の部分は

「過去3回にわたってリスト(=ランキング)のトップにい続けた東京」 →

「過去3回にわたってランキングトップの座を維持していた東京」

というわけです。

ここで使われている list は

ranking list 「ランキングリスト」 「ランキング表」

の意味、つまり

日本語の 「ランキング」 「ランク」

に当たる英語表現としてよく使われるので、しっかり確認しておきましょう。

drop down は

「下へ落ちる」

という句動詞。

drop down to _th place で

「_位に落ちる」 「_位にダウンする」 「_位に後退する」

という表現になっています。

英経済雑誌 Economist 「エコノミスト」 の調査部門である

Economist Intelligence Unit (EIU) が

2015年から隔年で調査・発表している

Safe Cities Index は、

いわば、世界の “安全な都市ランキング” です。

このランキングでは、初回の2015年から前回の2019年まで、3回連続で東京がトップに君臨していました。

また、大阪も3回連続で3位に選ばれていました。

今回の2021年版では、デジタル、健康、インフラ、環境、個人の各部門において、76の指標から世界の60都市の安全性を評価。

EIU によると、2年前に比べて、新型コロナの大流行で”都市の安全性の概念” が大きく変わったと言います。

具体的には、 remote work (テレワーク)の拡大などでデジタルセキュリティーの重要性が増し、人々の移動習慣の変化から、インフラの安全性評価も変わった、ということです。

また、今回の調査から追加された “環境の安全性” 部門の評価も総合ランキングに大きな影響を与えたと言います。

東京の首位陥落は、これらデジタルと環境の安全性における評価の低さが原因ということですね。

しかし、コロナ禍でもなお “医療・健康環境” の安全性は高く評価され、同部門で1位となっています。

2021年版の総合ランキングでは

首位のコペンハーゲン以下は

2位:トロント(カナダ)

3位:シンガポール

4位:シドニー(オーストラリア)

5位:東京(日本)

という結果でした。

■編集後記

確かにシンガポールに住んでいた頃は早朝、真っ暗な中でも女性が一人でジョギングしていたりして、めちゃ安全な国なんだなと思いました。犯罪をして捕まれば怖いムチ打ち刑が待ってるからです。日本もムチ打ちを導入すれば一揆に様々な犯罪は「割に合わない」として抑止できると思いますがさすがにそれはないか・・

今日の動画
https://youtu.be/frOuXMEN2zc

昨日の動画(中国、暗号通貨取引は全て違法と宣言)
https://youtu.be/nbgPEwJhgXs

(裏)昨日、たまにしかいかない高級スーパーで時しらず(鮭)をゲット。今晩頂きます。

英字新聞の対訳と解説が毎日LINEで届く!毎日1分!英字新聞公式LINEにご登録ください

 

友だち追加

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

 

この記事も読まれています



スポンサーリンク